アドオンは、Internet Explorer がビデオ、ゲームなどの Web コンテンツと対話するために使用するアプリです。ツール バーと拡張機能も、アドオンの一種です。一般的なアドオンには、Adobe Flash、QuickTime、Silverlight があります。Internet Explorer は、アドオン フリー エクスペリエンスを視野に入れて設計されており、HTML5 やさまざまな Adobe Flash ビデオを再生するために、別途アドオンをインストールする必要はありません。アドオンをインストールして使用できるのは、デスクトップ用 Internet Explorer だけです。アドオンが必要なページをデスクトップで表示するには、画面下部から上方向へスワイプ (または右クリック) してアプリ コマンドを呼び出し、[ページ ツール] [ページ ツール] ボタン[デスクトップで表示する] の順にタップまたはクリックします。

  • Windows RT では、Internet Explorer でもデスクトップ用の Internet Explorer でもアドオンはサポートされません。

デスクトップでのアドオンのインストールと使用

ページを表示するために必要なアドオンがない場合、Internet Explorer にアドオンがないことを知らせるメッセージが表示され、インストールするよう求められます。他のアプリまたは PC の製造元によってプレインストールされているアドオンもあります。

すべて表示

インストールされているアドオンを表示するには

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] [ツール] ボタン をタップまたはクリックし、[アドオンの管理] をタップまたはクリックします。
  3. [表示] の下の [すべてのアドオン] をタップまたはクリックします。

アドオンを有効にするには

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] [ツール] ボタン をタップまたはクリックし、[アドオンの管理] をタップまたはクリックします。
  3. [表示] の下の [すべてのアドオン] をタップまたはクリックします。

  4. アドオンをタップまたはクリックし、[有効にする][閉じる] の順にタップまたはクリックします。

アドオンの無効化と削除

アドオンが原因で、ブラウザーの動作が遅くなったりクラッシュしたりする場合があります。また、セキュリティや互換性の問題が発生することがあります。特定のアドオンを無効にすると、ブラウザーの動作が速くなることがあります。Internet Explorer の問題の原因がアドオンにあると考えられる場合は、アドオンを無効にしてください。使用しなくなったアドオンを PC から削除することもできます。パフォーマンス、互換性、セキュリティの問題の原因になっていると考えられるアドオンは、削除することをお勧めします。

すべて表示

アドオンを無効にするには

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] [ツール] ボタン をタップまたはクリックし、[アドオンの管理] をタップまたはクリックします。
  3. [表示] の下の [すべてのアドオン] をタップまたはクリックして、無効にするアドオンを選択します。

  4. [無効にする] をタップまたはクリックし、[閉じる] をタップまたはクリックします。

PC からアドオンを削除するには

  • すべてのアドオンを削除できるわけではありません。Internet Explorer や PC が正しく動作するために必要なアドオンもあります。

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] [ツール] ボタン をタップまたはクリックし、[アドオンの管理] をタップまたはクリックします。
  3. [表示] の下の [すべてのアドオン] をタップまたはクリックして、削除するアドオンを選択します。

  4. 削除できるアドオンの場合、[削除] オプションが表示されます。[削除] をタップまたはクリックし、[閉じる] をタップまたはクリックします。

アドオンのインストールに伴うリスク

アドオンは、優れた Web コンテンツへのアクセスを提供して閲覧時の使用感を向上させる一方で、セキュリティ、プライバシー、パフォーマンスの問題の原因となるものもあります。インストールするアドオンの発行元の信頼性を確認してください。

拡張保護モードとアドオン

拡張保護モードでは、マルウェアなどの攻撃から PC や個人データを保護できます。有効になっていると、ツール バー、拡張機能、ブラウザー ヘルパー オブジェクトなどのアドオンは、拡張保護モードと互換性がある場合にのみ実行できます。アドオンに互換性がない場合はユーザーに通知されます。互換性のないアドオンを実行する必要がある場合は、デスクトップ ブラウザーで拡張保護モードを無効に設定できます。

すべて表示

拡張保護モードを有効にするには

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] [ツール] ボタン をタップまたはクリックし、[インターネット オプション] をタップまたはクリックします。
  3. [詳細設定] タブの [セキュリティ] で、[拡張保護モードを有効にする] チェック ボックスをオンにし、[OK] をタップまたはクリックします。この設定を有効にするには、PC を再起動する必要があります。

拡張保護モードを無効にするには

  • 拡張保護モードでは、マルウェアなどの攻撃から PC を保護できます。拡張保護モードは、PC のリスク レベルが高まることを自覚している場合にだけ無効にしてください。

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] [ツール] ボタン をタップまたはクリックし、[インターネット オプション] をタップまたはクリックします。
  3. [詳細設定] タブの [セキュリティ] で、[拡張保護モードを有効にする] チェック ボックスをオフにし、[OK] をタップまたはクリックします。この設定を有効にするには、PC を再起動する必要があります。







もっと詳しく