Windows 8 アップグレード アシスタント

Windows 8 アップグレード アシスタントを実行すると、PC が Windows 8 に対応しているかどうかを確認できます。また、互換性レポートが作成され、オプションの手順に従って、Windows 8 を購入、ダウンロード、およびインストールできます。

アップグレード アシスタントのダウンロード

注意

  • プリンターやモニターなどの周辺機器の互換性を確認する場合は、アップグレード アシスタントを実行する前に、デバイスが PC に接続されていることを確認してください。Windows 8 を購入したり、インストールしたりしなくても、アップグレード アシスタントを実行できます。

確認される項目

アップグレード アシスタントでは、次の処理が実行されます。

  • PC のハードウェアが、CPU の速度と設定、RAM サイズ、ハード ディスク容量など、基本的なシステム要件を満たしているかどうかを確認する。

  • 現在インストールされているアプリや現在 PC に接続されているデバイスが Windows 8 で動作するかどうかを確認する。Windows 8 との互換性に関する既知の問題があるアプリやデバイスの場合は、それらを動作させるためにできることについての情報が提供されます。

  • Windows 8 の一部の機能 (特に、Windows ストア、スナップ、セキュア ブート、タッチなどのいくつかの機能) と PC の互換性を確認する。

アップグレード アシスタントでは、PC をスキャンした後に、PC がアップグレードに対応しているかどうかが示されます。アップグレード後にアプリやデバイスを動作させるために必要となる作業を一覧にまとめた互換性レポートが作成されます。

互換性レポートは、後で参照できるように印刷することも、デスクトップに保存することもできます。アップグレード中に、"何も保持しない" オプションを選択しない限り、アップグレード完了後、デスクトップ上にレポートが作成されます。

PC がアップグレードに対応している場合は、アップグレード アシスタントから直接 Windows 8 を購入、ダウンロード、およびインストールできるオプションが表示されます。

PC で現在 Windows 7 を実行している場合は、ファイル、アプリ、および設定を Windows 8 Pro に簡単に転送できます。それには、アップグレード プロセス中に、アプリ、設定、およびファイルを保持するオプションを選択します。PC で現在 Windows XP、Windows Vista、または Windows 8 Release Preview を実行している場合は、アップグレード後にアプリを再インストールする必要があります。PC で現在 Windows Developer Preview または Windows 8 Consumer Preview を実行している場合は、アップグレード時にファイル、アプリ、および設定を保持することができません。

また、タッチなど、Windows 8 の一部の機能は、それらの機能をサポートしている PC でのみ動作します。

アップグレードの詳細については、「Windows 8 へのアップグレード: よく寄せられる質問」および「Windows 8 のシステム要件」を参照してください。

アプリやデバイスに関する互換性の詳細情報

アプリやデバイスに関する互換性の詳細情報については、Windows 互換性センターで検索するか、アプリの開発元またはデバイスの製造元に問い合わせてください。