CD または DVD に書き込む

コンピュータに CD レコーダーまたは DVD レコーダーが含まれている場合、ファイルを書き込み可能ディスクにコピーできます。このプロセスを、ディスクに書き込むといいます。既定では、Windows はディスクにライブ ファイル システム形式で書き込みますが、マスタ形式で書き込むことも選択できます。

  • Windows でデータ ディスクに書き込むことができます。データ ディスクは、ファイルの保管やアーカイブ、異なるコンピュータ間でのファイル共有に役立ちます。ミュージック プレーヤーまたはビデオ プレーヤーで再生するディスクを作成する場合は、音楽またはビデオ用のプログラムを使用してディスクに書き込む必要があります。

すべて表示

ライブ ファイル システム形式を使用してディスクに書き込むには

  1. 書き込み可能な CD または DVD を、コンピュータの CD レコーダーまたは DVD レコーダーに挿入します。

  2. 表示されるダイアログ ボックスで、[ファイルをデータ ディスクに書き込む] をクリックします。

  3. [ディスクの書き込み] ダイアログ ボックスに、このディスクの名前を入力し、[次へ] をクリックします。

    ディスクが既定のライブ ファイル システム形式でフォーマットされるまで、数分かかることがあります。フォーマットが完了すると、空のディスクのフォルダが開きます。

  4. 書き込むファイルを含むフォルダを開き、そのファイルを空のディスクのフォルダにドラッグします。

    ファイルをドラッグしてディスク フォルダにコピーする方法を示す図
    ファイルは、ディスクのアイコンまたは開いているディスクのフォルダにドラッグすることで、そのディスクのフォルダにコピーできます。

    ファイルをディスクのフォルダにドラッグすると、そのディスクに自動的にコピーされます。

マスタ形式を使用してディスクに書き込むには

マスタ形式は、古いバージョンの Windows を使用するコンピュータ、またはデジタルの音楽ファイルやビデオ ファイルを読み取れる CD プレーヤーや DVD プレーヤーなどのメディア デバイスで再生する、互換性の高いディスクが必要な場合に選択します。ディスク形式の選択の詳細については、「CD/DVD 形式の選択」を参照してください。

  1. 書き込み可能な CD または DVD を、コンピュータの CD レコーダーまたは DVD レコーダーに挿入します。

  2. 表示されるダイアログ ボックスで、[ファイルをデータ ディスクに書き込む] をクリックします。

  3. [ディスクの書き込み] ダイアログ ボックスに、このディスクの名前を入力し、[フォーマットのオプションを表示する] をクリックします。

  4. [マスタ]、[次へ] の順にクリックします。

    空のディスクのフォルダが開きます。

  5. 書き込むファイルを含むフォルダを開き、そのファイルを空のディスクのフォルダにドラッグします。

  6. ツール バーの [ディスクに書き込む] をクリックします。

    選択したファイルがディスクにコピーされます。ディスクの書き込みが完了すると、ディスク書き込み用ドライブのトレイが開き、ディスクを取り出すことができます。これで、ディスクを別のコンピュータまたはメディア デバイスで使用できます。この種類のディスクは、閉じる必要がありません。

ヒント

  • マスタ ディスクを書き込むには、ディスクの容量と等しい空き領域がハード ディスクに必要です。一般的な CD では、これは約 650 MB です。

  • 書き込むファイルを選択したが、そのファイルをディスクにコピーしないことにした場合、一時ファイルを削除して、ハード ディスクの空き領域を元に戻すことができます。ファイルを削除するには、ディスクのフォルダを開き、ファイルを選択してから、ツール バーの [一時ファイルの削除] をクリックします。