すべて表示

プログラム互換性アシスタントはどのような機能ですか。

プログラム互換性アシスタントは、古いプログラムの互換性に関する既知の問題を検出します。このバージョンの Windows で古いプログラムを実行した場合、問題がある場合は通知メッセージが表示されます。さらに、そのプログラムを次に実行したときに修正プログラムが提供されます。互換性の問題が重大な場合は、プログラム互換性アシスタントによって警告が表示されるか、またはそのプログラムを実行できなくなります。その場合は、問題の解決方法をオンラインで確認してください。

プログラム互換性アシスタントによってどのような変更が行われますか。

問題によって異なりますが、すべての変更は、Windows によるプログラムの実行方法に関連するものです。プログラム自体は一切変更されません。たとえば、プログラム互換性アシスタントは、ユーザー アカウント制御との競合を解決します。ユーザー アカウント制御は、コンピュータの安全性を高めるため、このバージョンの Windows に新しく追加されたセキュリティ機能です。また、以前のバージョンの Windows をシミュレートするモードでプログラムを実行することもできます。プログラム互換性アシスタントによる変更は自動的に行われます。ユーザーが変更する必要はありません。

プログラム互換性アシスタントを無効または有効にするには、どうすればよいですか。

プログラム互換性ウィザードの設定を変更するには、グループ ポリシーを使用します。グループ ポリシーの使用方法については、IT 担当者向けの Microsoft Web サイトを参照してください。

プログラム互換性アシスタントを手動で実行できますか。

いいえ。互換性に問題のある古いプログラムが検出されると、プログラム互換性アシスタントが自動的に実行されます。ただし、プログラムやセットアップ ファイルが正常に動作しない場合や、正しくインストールできない場合は、Windows の別の関連機能であるプログラム互換性ウィザードを使用できます。詳細については、「このバージョンの Windows で古いプログラムを実行する方法」を参照してください。

プログラム互換性アシスタントとプログラム互換性ウィザードの違いは何ですか。

プログラム互換性アシスタントは、互換性に問題のある古いプログラムが検出されたとき自動的に実行される Windows の機能です。プログラム互換性ウィザードは、互換性の問題が発生したとき、そのプログラムに対して手動で実行できるツールです。詳細については、「プログラム互換性ウィザードの起動」を参照してください。