[プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定] に関するトラブルシューティング

ここでは、[プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定] に関する一般的な問題とその対処方法について説明します。

すべて表示

ユーザーごとに異なる既定のプログラムを指定しようとしましたが、指定どおりに機能しません。

[プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定] で選択した既定のプログラムは、同じコンピュータを使用するすべてのユーザーに適用されます。ユーザーごとに異なる既定のプログラムを指定する方法については、「既定のプログラムの変更」を参照してください。

Microsoft 以外のプログラムが [プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定] に表示されません。

[プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定] にプログラムを表示するには、Windows レジストリにそのプログラムを登録する必要があります。通常は、プログラムのインストール時に自動的に登録されます。

一覧に表示されない場合、そのプログラムは登録されていないので、[プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定] を使用して既定のプログラムに設定することができません。この問題の詳細については、各プログラムの製造元に問い合わせてください。

Microsoft 以外のプログラムを [スタート] メニューから削除しましたが、まだ表示されます。

[プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定] で製品がどのように動作するかは、ソフトウェアの製造元によって異なります。Microsoft 以外の一部のプログラムは、[このプログラムへのアクセスを有効にする] チェック ボックスをオフにしても、[スタート] メニューなどにアイコンが表示される場合があります。