Windows ムービー メーカーで作成したムービーを書き込み可能 DVD へ発行する際の問題のトラブルシューティング

ここでは、Windows ムービー メーカーで作成したムービーを書き込み可能 DVD へ発行する際の一般的な問題についての対処方法を示します。

すべて表示

作成したムービーを DVD に発行しようとすると、Windows DVD メーカーによって、DVD 書き込み用ドライブを検出できないというメッセージが表示されます。この問題を解決するにはどうすればよいですか。

次の操作を 1 つまたは複数行ってください。

  • DVD 書き込み用ドライブがコンピュータに正しく接続され、電源がオンになっており、その DVD 書き込み用ドライブに必要なソフトウェア ドライバがすべてインストールされていることを確認します。次の操作を行うことにより、デバイス マネージャでハードウェアの設定を確認できます。

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [ハードウェアとサウンド] をクリックします。

    3. [デバイス マネージャ] をクリックします。

  • 外付け型の DVD 書き込み用ドライブを使用する場合は、その DVD 書き込み用ドライブを再起動します。

  • DVD 書き込み用ドライブに挿入されている DVD が、新しい空の DVD-R または DVD-RW ディスクであることを確認します。

ムービーを DVD に発行する特権を持っていません。この特権はどうすれば得られますか。

グループ ポリシーで、DVD への書き込みを禁止する設定をシステム管理者が有効にしている場合は、作成したムービーを DVD に発行できません。一部の会社または組織のシステム管理者は、セキュリティを向上させるためにこの処置を行っています。グループ ポリシーを表示および変更するには、ログオン時に使用したアカウントに適切な管理者特権が与えられている必要があります。

この設定を変更するには、システム管理者に連絡し、書き込み可能 DVD へのコピーに必要な特権を設定するよう依頼してください。その後、ムービーを書き込み可能 DVD にもう一度発行してみてください。