セキュリティ センターの警告を無効にする

コンピュータのセキュリティ強化のために対処可能なことがある場合に Windows セキュリティ センターから送信される警告を無効にすることができます。

  1. [セキュリティ センター] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コントロール パネル]、[セキュリティ]、[セキュリティ センター] の順にクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  2. 左のウィンドウで、[セキュリティ センターの警告方法の変更] をクリックします。

  3. 適切な警告のオプションをクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

注   

  • セキュリティ センターの警告を無効にしても、ファイアウォールの状態、悪意のあるソフトウェア対策、およびその他の設定はセキュリティ センターに引き続き表示されます。

  • コンピュータがドメイン上にある場合、セキュリティ設定は通常、ネットワーク管理者によって管理されています。この場合は、セキュリティ センターにセキュリティの状態は表示されず、警告は送信されません。