レジストリ エディタは、上級ユーザー向けのツールです。このツールは、システムのレジストリの設定を表示および変更するために使用されます。レジストリには、コンピュータの動作方法に関する情報が格納されています。 Windows は、新しいプログラムのインストール、ユーザー プロファイルの作成、新しいハードウェアの追加など、コンピュータに変更が加えられると、この情報を参照して更新します。 レジストリ エディタを使用すると、レジストリ フォルダ、ファイル、および各レジストリ ファイルの設定を表示できます。

通常は、レジストリに変更を加える必要はありません。 レジストリには、コンピュータにとって非常に重要な複雑なシステム情報が格納されているため、コンピュータのレジストリに誤った変更を加えると、コンピュータが動作しなくなる場合があります。 ただし、レジストリ ファイルが破損している場合は、変更を加える必要があります。変更を加える前にレジストリをバックアップし、理解しているレジストリの値、または変更するように指示されたレジストリの値のみを変更することをお勧めします。