Windows XP 用 Windows Media Player 11 の Readme

2007 年 10 月

このドキュメントは、Windows XP 用 Windows Media Player 11 のドキュメントを補足する最新情報やその他の情報を提供します。

最小システム要件

Windows XP 用 Windows Media Player 11 を使うには、以下のハードウェアとソフトウェアが必要です。

コンポーネント 必須 推奨
コンポーネント

オペレーティング システム

必須

次のいずれか:

  • Microsoft Windows XP Home Edition Service Pack 2 (SP2)、Windows XP Professional SP2、または Windows XP Tablet PC Edition SP2 (Windows Media Player と関連テクノロジがない N および KN エディションを含む)

  • KB900325 (Windows XP Media Center Edition 2005 の更新プログラム ロールアップ 2) と KB925766 (2006 年 10 月の更新プログラム ロールアップ) がインストールされた Windows XP Media Center Edition 2005

  • Windows Media Player と関連テクノロジがない Windows Vista の任意の N または KN エディション

推奨

必須構成と同じです。

さらに、Windows Update にアクセスして、コンピューターで利用可能な優先度の高い任意の更新プログラムをインストールします。

コンポーネント

CPU

必須

233 MHz のプロセッサ (Intel Pentium II、Advanced Micro Devices (AMD) プロセッサなど)

推奨

1.5 GHz 以上のプロセッサ (特に、ビデオ ファイルをポータブル デバイスに同期させる場合)

コンポーネント

メモリ

必須

64 MB

推奨

512 MB 以上

コンポーネント

ハード ディスクの空き容量

必須

200 MB

推奨

60 GB

コンポーネント

光学ドライブ

必須

CD または DVD ドライブ

推奨

オーディオ CD を再生するための CD ドライブ

CD 書き込みのための CD-RW ドライブ

DVD を再生するための DVD ドライブ

コンポーネント

モデム

必須

28.8 Kbps

推奨

アクティブなブロードバンド接続

コンポーネント

サウンド カード

必須

16 ビットのサウンド カード

推奨

24 ビットのサウンド カード

マルチチャンネル オーディオ コンテンツを再生するための、互換性のある 5.1 マルチチャンネル オーディオ サウンド カード (たとえば、Creative Sound Blaster Live!、M-Audio Revolution 5.1)

コンポーネント

モニター

必須

Super VGA (800 x 600) の解像度

推奨

必須構成と同じかそれ以上の解像度

コンポーネント

ビデオ カード

必須

64 MB の RAM (ビデオ RAM または VRAM) を備えたビデオ カードと DirectX 9.0b

推奨

256 MB 以上の RAM カードを備えたビデオ カードと DirectX 9.0b またはそれ以降

DirectX について詳しくは、Microsoft DirectX Web サイトをご覧ください。

コンポーネント

サウンド出力デバイス

必須

スピーカーまたはヘッドホン

推奨

5.1 マルチチャンネル スピーカー

デバイスの互換性について詳しくは、サウンド カードのドキュメントをご覧ください。

コンポーネント

ソフトウェア

必須

Microsoft ActiveSync (Windows Mobile 搭載のポケット PC またはスマートフォンを使う場合にだけ必要)

デバイスに必要な ActiveSync のバージョンについて詳しくは、ポータブル デバイスのドキュメントをご覧ください。

推奨

必須構成と同じです

コンポーネント

インターネット ブラウザー

必須

Microsoft Internet Explorer 6 または Netscape 7.1

推奨

Microsoft Internet Explorer 6 Service Pack 2 または Netscape 7.1

Windows Media Player 11 の特定の機能を使うには、以下のハードウェアおよびソフトウェアが必要です。

機能 要件
機能

ポータブル デバイスへのファイルの同期

要件

ファイル同期をサポートし、USB (Universal Serial Bus) 1.1、USB 2.0、または IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers) 1394 (Apple FireWire、Sony i.LINK など) インターフェイスを備えているデバイス。最適なパフォーマンスのためには、USB 2.0 インターフェイスをお勧めします。

互換性のあるデバイスの一覧については、互換性センターをご覧ください。

注意   デバイスがビデオ再生をサポートしている場合に、ビデオ ファイルのコピーをデバイスに同期させるには、最適なパフォーマンスを得るために 1.5 GHz 以上のプロセッサをお勧めします。デバイスのファイルのビデオ再生品質を向上させるために、追加のコンピューティング能力が必要になる場合があります。

機能

DVD の再生

要件

互換性のある DVD デコーダー ソフトウェア。詳しくは、Windows Media Player のプラグインの Web ページをご覧ください。

機能

Windows Media Audio 9 Professional のコンテンツの S/PDIF デジタル出力

要件

DirectX 9.0b 以降。詳しくは、Microsoft DirectX の Web サイトをご覧ください。

以下のいずれかのサウンド カードまたはマザーボード チップセットの最新のオーディオ ドライバー:

コンピューターとコンシューマー オーディオ デバイス間の S/PDIF (Sony/Phillips Digital Interface Format) コネクター

Windows Media Audio 9 Professional コーデックと互換性のあるコンシューマー オーディオ デバイス。

Player のインストールと削除

Windows Media Player 11 をインストールする前に

Windows Media Player 11 をインストールする前に、以下の操作を行います。

  • Windows Update にアクセスして、コンピューターで利用可能な優先度の高い任意の更新プログラムをインストールします。

  • Creative ZEN デバイスを使う場合は、「Windows Media Player 11 をインストールした後の Creative ZEN ポータブル デバイスのファームウェアの更新に関する問題」をご覧ください。

  • メディア情報や評価をメディア ファイルに保存します。メディア情報や星評価をメディア ファイルに保存するには、以下の手順を実行します。

    1. Windows Media Player 10 で [ツール] メニューをクリックし、[オプション] をクリックします。

    2. [ライブラリ] タブをクリックし、[自分が評価した星の数を、全体で使用する評価として保持する] チェック ボックスをオンにします。

      このチェック ボックスをオンにした場合、曲のユーザー評価は、ライブラリのデータベース ファイルではなく、メディア ファイルに保存されます。このプロセスはバックグラウンドで実行されるため、評価がすべてのメディア ファイルに保存されるまでに時間がかかる場合があります。

      この手順の次のステップでは、評価 (およびその他のメディア情報に対する変更) がすぐにファイルに保存されるようにします。

    3. [ツール] メニューをクリックし、[メディア情報を今すぐ処理] をクリックします。

  • 既存のデータのバックアップを作成します。Windows XP でバックアップ ユーティリティを使うには、[スタート] をクリックし、[すべてのプログラム][アクセサリ][システム ツール] の順にポイントして、[バックアップ] をクリックします。

Windows XP Media Center Edition での Player のインストール

Windows XP 用の Windows Media Player 11 では、KB900325 (Windows XP Media Center Edition 2005 の更新プログラム ロールアップ 2) と KB925766 (2006 年 10 月の更新プログラム ロールアップ) がインストールされた Windows XP Media Center Edition 2005 がサポートされています。ただし、以前のリリースの Windows XP Media Center Edition はサポートされていません。

Windows XP Media Center Edition 2005 があっても、更新プログラム ロールアップ 2 をインストールしていない場合は、Microsoft サポート技術情報の記事 900325 (Windows XP Media Center Edition 2005 用更新プログラムのロールアップ 2) をご覧ください。Windows Media Player 11 をインストールする前に、ダウンロードしてインストールする必要があります。2006 年 10 月の更新プログラム ロールアップは、Windows Media Player 11 と共にインストールされます (Player が初めてインストールされるときにコンピューターがインターネットに接続されている場合)。詳しくは、Microsoft サポート技術情報の記事 925766 (Windows XP Media Center Edition 2005 用の 2006 年 10 月の更新プログラム ロールアップ) をご覧ください。

Windows XP 用の Windows Media Player 11 は、Windows XP Media Center Edition 2002 または Windows XP Media Center Edition 2004 を実行しているコンピューターにはインストールできません。

以前のバージョンの Player へのロールバック

Windows Media Player は Windows オペレーティング システムの機能であり、完全に削除することはできません。ただし、Windows XP で、以前にコンピューターにあった Player のバージョンにロールバックできます。

次の手順を実行するには、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。

  1. コンピューターに接続されているすべてのポータブル ミュージックまたはビデオ デバイスを切断します。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  3. コントロール パネルの [カテゴリ] 表示で、[プログラムの追加と削除] をクリックし、[プログラムの削除] をクリックします。

  4. [Windows Media Player 11] をクリックし、[削除] をクリックします。

    現在インストールされているプログラムの一覧に Windows Media Player 11 が表示されない場合は、次の操作を試してください。

    1. 一覧の上部で、[更新プログラムの表示] チェック ボックスをオンにします。

    2. [Windows XP - ソフトウェアの更新] セクションで [Windows Media Player 11] をクリックし、[変更と削除] をクリックします。

  5. 表示される 2 つの確認ダイアログ ボックスのそれぞれで、[OK] をクリックします。

  6. ロールバック プロセスが完了したら (数分かかる場合があります)、[再起動] をクリックします。

  7. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  8. コントロール パネルの [カテゴリ] 表示で、[プログラムの追加と削除] をクリックし、[プログラムの削除] をクリックします。

  9. [Windows Media フォーマット 11 ランタイム] をクリックし、[削除] をクリックします。

    現在インストールされているプログラムの一覧に Windows Media フォーマット 11 ランタイムが表示されない場合は、次の操作を行ってみます。

    1. 一覧の上部で、[更新プログラムの表示] チェック ボックスをオンにします。

    2. [Windows XP - ソフトウェアの更新] セクションで [Windows Media フォーマット 11 ランタイム] をクリックし、[変更と削除] をクリックします。

      米国英語以外のバージョンの Windows Media Player 11 をインストールした場合、手順 9、10、11 のダイアログ ボックスでの指示は英語で表示されます。

  10. 表示される最初の確認ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

  11. 表示される 2 番目の確認ダイアログ ボックスでは、[ロールバックを続行する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

  12. ロールバック プロセスが完了したら (完了までに数分かかる場合があります)、[再起動] をクリックします。

  13. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  14. コントロール パネルの [カテゴリ] 表示で、[プログラムの追加と削除] をクリックし、[プログラムの削除] をクリックします。

  15. [Microsoft User-Mode Driver Framework Feature Pack 1.0.0] をクリックし、[削除] をクリックします。

  16. ソフトウェア更新の削除ウィザードに表示される指示に従います。

    [Wudf01000] 確認ダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックして操作を続けます。ソフトウェアの削除プロセスが完了したら (完了までに数分かかる場合があります)、[完了] をクリックします。

注意

  • Windows Media Player 11 と Windows Media フォーマット 11 ランタイムを削除し、エラー C00D271D ("DRM コンポーネント内で問題が発生しました。マイクロソフトの製品サポートに連絡してください。") が発生する場合は、Windows Media フォーマット 9.5 ランタイムをインストールすると問題が解決することがあります。ランタイムをインストールする方法については、Microsoftサポート技術情報の記事 891122 (Windows Media デジタル著作権管理 (DRM) 対応プレーヤーの更新プログラムについて) をご覧ください。

    隠しフォルダー $NtUninstallwmp11$ をコンピューターから削除した場合は、以前のバージョンの Player にロールバックできません。Microsoft 製品ではない一部のプログラム (CCleanerなど) は、コンピューターから不要なファイルを削除しようとするときに、このフォルダーを削除します。

既知の問題

オンライン ストアの可用性

Windows Media Player 10 で利用できたストアの多くは、このバージョンの Player でも利用できます。Windows Media Player 10 またはそれ以前を使ってオンライン ストアからコンテンツをダウンロードまたは購入したことがある場合は、Windows XP 用の Windows Media Player 11 でも、そのコンテンツを引き続き利用できます。ただし、ストアが Player のオンライン ストア ページの一覧に表示されない場合は、Windows Media Player 11 を使ってそのストアにアクセスして新しいコンテンツをダウンロードまたは購入することはできません。

ライセンスのバックアップと復元

以前はファイルの再生、書き込み、同期の権限を持っていたのに、それらの権限がないことを示すエラー メッセージが表示される場合は、メディア使用権限を復元すると、問題を解決できることがあります。そのためには、いくつかの方法があります。

  • オンライン ストアからファイルを取得した場合は、ストアに問い合わせて、メディア使用権限 (ライセンス) の復元を提供しているかどうかを確認してください (ストアによっては、この手続きをコンピューターのライセンス認証、コンピューターの承認、ライセンス同期などと呼んでいる場合があります)。

    権限の復元の手順は、ストアによって異なります。たとえば、ライブラリ内のファイルを右クリックしたり、ファイルの横の [エラー] ボタンや [情報] ボタンをクリックしてから、コマンドをクリックします。また、コンピューターからファイルを削除し、ファイルをもう一度ダウンロードすることが必要な場合もあります。

    ストアでは、権限を復元できる回数を制限したり、取得した曲やビデオを使用できるコンピューターの台数を制限したりすることがあります。一部のストアは、メディア使用権限の復元を許可していません。

    詳しくは、ストアのカスタマー サポートまたはヘルプ リンクをご覧ください。

  • ファイルが [取り込んだ音楽を保護する] オプションを有効にして CD から取り込んだ曲である場合は、ファイルを再生することによって使用権限を復元できることがあります。回数制限付きで権限を復元する方法を説明している Microsoft Web ページに接続するように求めるメッセージが表示されます。

既にベータ バージョンの Windows Media フォーマット 11 ランタイムがインストールされているコンピューターに Windows Media Player 10 がインストールされた場合、保護されているコンテンツを再生できない

コンピューターに既にベータ バージョンの Windows Media フォーマット 11 ランタイム (ベータ バージョンの Windows XP 用 Windows Media Player 11 と共にインストールされます) がインストールされている場合、メディア使用権限で保護されているコンテンツは Windows Media Player 10 では再生できません。状況によっては、保護されているコンテンツを再生しようとすると Windows Media Player 10 が急に終了し、保護されているコンテンツのライセンスが失われてしまう場合があります。

この問題を回避するには、次の 1 つ以上の操作を行ってから、保護されているコンテンツを Windows Media Player で再生してみてください。

  • 既にベータ バージョンの Windows XP 用 Windows Media Player 11 がインストールされているコンピューターに Windows Media Player 10 をインストールする場合、次のように操作して Windows Media Player 11 から Windows Media Player 10 にロールバックするまでは、保護されているコンテンツを Windows Media Player 10 を使って再生できません。

    1. コンピューターに接続されているすべてのポータブル ミュージックまたはビデオ デバイスを切断します。

    2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    3. コントロール パネルの [カテゴリ] 表示で、[プログラムの追加と削除] をクリックし、[プログラムの削除] をクリックします。

    4. [Windows Media Player 11] をクリックし、[削除] をクリックします。

    5. 表示される 2 つの確認ダイアログ ボックスのそれぞれで、[OK] をクリックします。

    6. ロールバック プロセスが完了したら (数分かかる場合があります)、[再起動] をクリックします。

    注意

    • Windows Media フォーマット 11 ランタイムをアンインストールしないでください。

  • Windows Media Player 10 にロールバックする前に、コンピューターがインターネットに接続されていることを確認し、Windows XP 用 Windows Media Player 11 で、保護されているコンテンツを再生します。そうすることで、保護されているコンテンツのライセンスが失われないようにすることができます。

  • 最終リリース バージョンの Windows XP 用 Windows Media Player 11 をインストールし、保護されているコンテンツを Windows XP 用 Windows Media Player 11 で再生します。

最終リリース バージョンの Windows XP 用 Windows Media Player 11 がコンピューターにインストールされている場合、この問題は発生しません。リリース バージョンの Windows Media フォーマット 11 ランタイムが既にインストールされている場合 (ランタイムは、最終リリース バージョンの Windows XP 用 Windows Media Player 11 と共にインストールされます)、Windows Media Player 10 はインストールできないためです。

Windows Media Player 11 をコンピューターにインストールした後で Xbox 360 ソフトウェアをセットアップするとエラーが発生する

Windows Media Connect と共に Xbox 360 を使うことを承認しようとしたときにエラーが発生したことや、Windows Media Connect ソフトウェアのインストール中にエラーが発生したことを知らせるエラー メッセージが表示される場合があります。こうなるのは、Windows XP Home または Professional エディションを実行しているコンピューターに Windows Media Player 11 をインストールした後で、Xbox 360 Web サイト (http://www.xbox.com/pcsetup) から Xbox 360 セットアップ ソフトウェアをセットアップしようとした場合です。

このエラーが発生した場合は、次の手順を実行します。

  1. Xbox 360 セットアップで、[キャンセル] をクリックします。

  2. メディアを共有する場合は、Windows XP 用 Windows Media Player 11 を起動し、Player を使ってメディアを共有します。

    Windows XP 用 Windows Media Player 11 によるメディアのセットアップと共有について詳しくは、Windows Media Player ヘルプでメディアの共有に関するトピックをご覧ください。

Windows XP Media Center Edition 2005 を実行しているコンピューターに Xbox 360 セットアップ ソフトウェアをインストールしようとしたときにエラーが発生する場合は、以下の手順を実行します。

  1. Xbox 360 セットアップで [次へ] をクリックして先に進み、[完了] をクリックします。

  2. メディアを共有する場合は、Windows XP 用 Windows Media Player 11 を起動し、Player を使ってメディアを共有します。

    Windows XP 用 Windows Media Player 11 によるメディアのセットアップと共有について詳しくは、Windows Media Player ヘルプでメディアの共有に関するトピックをご覧ください。

Windows Media Player 11 をインストールした後、デジタル メディア受信機を使って音楽を再生できない

Windows XP 用 Windows Media Player 11 と共にデジタル メディア受信機を使っている場合、ライブラリの音楽を再生できないことがあります。この問題は、Windows Media Player 10 から Windows XP 用 Windows Media Player 11 にアップグレードするときに、ライブラリの音楽ファイルが監視対象フォルダーに保存されていない場合に発生することがあります。

Windows Media Player 11 でメディア共有を正しく動作させるには、デジタル メディア ファイルを監視対象フォルダーに保存する必要があります。そうすることで、デジタル メディア ファイルの削除、変更、移動がコンピューター上で行われた場合に、ライブラリと共有メディアを最新の状態に保つことができます。

メディアを共有するには、次の手順に従います。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows Media Player 11 を初めてインストールした後で、メディア共有が実行されていないことを知らせる [メディアの共有] ダイアログ ボックスが表示される場合は、[OK] をクリックして手順 2. に進みます。

    • [メディアの共有] ダイアログ ボックスが表示されない場合は、手順 3. に進みます。

  2. 表示される 2 番目の [メディアの共有] ダイアログ ボックスで [メディアを共有する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。

  3. [ライブラリ] タブの下にある矢印をクリックして、[ライブラリに追加] をクリックします。

  4. [自分の個人用フォルダー][高度なオプション][追加] の順にクリックします。

  5. [フォルダーの追加] ダイアログ ボックスで、Windows Media Player が管理対象とするデジタル メディア ファイルが含まれているフォルダーをクリックし、[OK] をクリックします。

  6. [ライブラリに追加] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

  7. [コンピューターを検索してライブラリに追加] ダイアログ ボックスで、検索の完了後に [閉じる] をクリックします。

  8. [ライブラリ] タブの下にある矢印をクリックして、[メディアの共有] をクリックします。

  9. [メディアの共有] ダイアログ ボックスで [メディアを共有する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  10. デバイスの一覧で、メディアを共有するデバイスを選択し、[許可] をクリックして、[OK] をクリックします。

  11. デジタル メディア受信機がコンピューターとホーム ネットワークに正しく接続されていることを確認してから、デジタル メディア受信機を使って音楽を再生してみます。

Windows Media Player 11 によるメディアの共有について詳しくは、Windows Media Player ヘルプでメディアの共有に関するトピックをご覧ください。

Windows Live OneCare がインストールされる場合、メディアの共有には追加の手順が必要

注意

  • Windows Live OneCare はサポートされなくなりました。

Windows XP 用 Windows Media Player 11 は、ホーム ネットワーク上のデジタル メディア受信機を見つけられない場合があるため、Windows Live OneCare がコンピューターにインストールされていると、デジタル メディア コンテンツをデバイスと共有できません。

Windows XP 用 Windows Media Player 11 からデジタル メディア受信機にデジタル メディア コンテンツを共有するには、Windows Live OneCare ファイアウォールで以下に指定されたポートを開かなければならないことがあります (ポートがまだ開かれていない場合)。

名前 プロトコル ポート
名前

ユニバーサル プラグ アンド プレイ – Windows Media Player (TCP 2869)

プロトコル

TCP

ポート

2869

名前

ユニバーサル プラグ アンド プレイ – Windows Media Player (UDP 1900)

プロトコル

UDP

ポート

1900

必要なポートを開き、接続をセットアップして、Windows Media Player 11 から Xbox 360 や他のデジタル メディア受信機へのメディア共有ができるようにするには、次の操作を行います。

  1. システム トレイで [Windows Live OneCare] アイコンをダブルクリックします。

  2. [Windows Live OneCare] ウィンドウの左側で、[その他のタスク] の下にある [設定の表示または変更] をクリックします。

  3. [ファイアウォール] タブをクリックします。

  4. [ファイアウォール接続ツール]をクリックします。

  5. [Windows Live OneCare ファイアウォール接続ツール] で、[Xbox 360 または Windows Media Connect デバイスを XP PC に接続する] チェック ボックスをオンにします。

  6. [OK] をクリックします。

  7. [Windows Live OneCare の設定] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

  8. Windows Live OneCare を閉じます。

新しい Player バージョンのインストール後、Windows Media Player 11 で 2 種類の異なる言語バージョンでコンテンツが表示される

Windows Media Player 11 をインストールしてから、別の言語バージョンでもう一度インストールすると、セットアップ プログラムは新しいバージョンの言語で表示される場合があります。しかし、Player を開くと、コンテンツは両方の言語で表示される場合があり、多くのアイテムは以前のバージョンの言語で表示されます。

この問題を解決するには、単に Player を削除し、目的の言語で再インストールします。詳しくは、「Player のインストールと削除」をご覧ください。

ポータブル デバイスがサポートされていないことを警告するダイアログ ボックスが表示される

Windows Media Player 11 にアップグレードした後で、ポータブル デバイスのドライバーがサポートされなくなったことを警告するダイアログ ボックスが表示されることがあります。これは、以前のソフトウェア ドライバーを使用しているポータブル デバイスで発生することがあります。

この問題を回避するには、Windows Media Player を以前のバージョンにロールバックして、Windows Media Player 11 にアップグレードする前と同じようにデバイスを使います。

Windows Media Player 11 で使用できるデバイスの一覧については、互換性センターをご覧ください。

同期権限に関して間違ったステータスが情報ボタンに表示されることがある

ライブラリ内のアイテムに問題が検出されると、ライブラリまたは一覧ウィンドウ内のアイテムの横に青い [情報] ボタンが表示される場合があります。[情報] ボタンをポイントすると、問題の簡単な説明が表示されます。

オンライン ストアにサブスクリプション アカウントがあり、かつポータブル デバイスがコンピューターに接続されていない場合、サブスクリプション ファイルに同期権限がないことを示す誤った説明が [情報] ボタンに表示されることがあります。この問題を回避するには、デバイスをコンピューターに接続します。

iriver H10 デバイスにファイルを同期するときの問題

iriver H10 デバイスを使用している場合は、ファイルを同期する前に、デバイスのファームウェアが最新であることを確認してください。最新のファームウェアをダウンロードするには、iriver 社のサポート Web サイトをご覧ください。

最新のファームウェアが使用されていない iriver H10 にファイルを同期しようとすると、同期が完了しない場合や、デバイスが応答しなくなる場合があります。同期中または同期後にデバイスが応答しなくなった場合は、バッテリを取り外した後、取り付け直してください。

Philips GoGear デバイスにファイルを同期するときの問題

Philips GoGear デバイスに同期しようとしたときに次の問題が発生する可能性があります。

  • ファイルの同期が完了しない、または遅い

  • アルバム アートを同期できない

Philips 社では、将来のファームウェアの更新でこれらの問題に対処する予定です。この問題とファームウェアの可用性の詳細については、Philips 社のサポート サイトをご覧ください。モデル番号を入力し、よく寄せられる質問に関するセクションの説明を確認してください。

または、Windows Media Player 10 にロールバックして MTP デバイス ドライバーの Windows Media Player 10 バージョンに戻すことによって、これらの問題を解決することもできます。そのためには、このページの「以前のバージョンの Player へのロールバック」の手順を実行した後、「Windows Media Player を削除した後のデバイスの問題」の手順を実行します。

Windows Media Player 11 をインストールした後で Creative ZEN ポータブル デバイスのファームウェアを更新するときの問題

Creative ZEN デバイスをお使いの場合は、Windows Media Player 11 をインストールする前に、デバイスのファームウェアが最新であることを確認してください。最新のファームウェアをダウンロードするには、Creative 社の該当する地域のサイトをご覧ください。

Windows Media Player 11 をインストールした後で Creative ZEN のファームウェアをアップグレードしようとしたときに、Creative ファームウェア アップグレード ソフトウェアがデバイスを認識しない場合があります。

その場合は、Windows Media Player 11 を削除してから、Creative ファームウェアをアップグレードしてください。その後で、Windows Media Player 11 を再インストールしてください。Creative 社では、将来のファームウェアの更新でこの問題に対処する予定です。

Windows Media Player 11 を削除する方法については、このページの「以前のバージョンの Player へのロールバック」を参照してください。

Windows Media Player を削除した後のデバイスの問題

Windows Media Player 11 をインストールした後に Windows Media Player 11 と Windows Media フォーマット 11 ランタイムを削除して Player を以前のバージョンにロールバックすると、ポータブル デバイスに問題が発生することがあります。

Player を以前のバージョンにロールバックした後に Windows または Windows Media Player からデバイスが認識されなくなった場合は、次の手順を実行してください。

次の手順を実行するには、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。

  1. デバイスをオンにして、コンピューターに接続します。

  2. タスク バーの [スタート] をクリックします。[マイ コンピューター] を右クリックし、[管理] をクリックします。

  3. 左側のウィンドウで、[デバイス マネージャー] をクリックします。

  4. 右側のウィンドウで、[ポータブル デバイス] を展開します。

  5. 正常に機能していないデバイスの名前を右クリックし、[アンインストール] をクリックします。

  6. 確認のダイアログで、[OK] をクリックしてデバイスをアンインストールします。

  7. デバイスをいったんコンピューターから取り外します。電源がオンになっていることを確認し、もう一度デバイスをコンピューターに接続します。

    Windows によってデバイスが検出され、自動的に再インストールされます。1 ~ 2 分すると、デバイス名がデバイス マネージャーの [ポータブル デバイス] セクションに再び表示されます。

また、デバイスがコンピューターに接続されている状態で Windows Media フォーマット 11 ランタイムを削除すると、コンピューターが応答しなくなることがあります。その場合は、デバイスをコンピューターから取り外し、コンピューターを再起動します。その後、このトピックの手順 1. ~ 7. を実行します。

Windows Media Player 11 をインストールした後、デバイスが認識されない

メディア転送プロトコル (MTP) をサポートするデバイスが Windows XP 用 Windows Media Player 11 で認識されないことがあります。

この問題が発生した場合は、次の手順を実行してください。

  1. 「Windows Media Player を削除した後のデバイスの問題」の手順を実行して、デバイス マネージャーでデバイスをアンインストールします。

  2. コンピューターからポータブル デバイスを取り外します。

  3. もう一度デバイスをコンピューターに接続します。

  4. Windows XP 用 Windows Media Player 11 を起動し、デバイスが認識されて Player に表示されることを確認します。

メディア情報を取得できないことがある

ライブラリ内のすべてのアイテムのメディア情報 (曲名、アーティスト名、アルバムのタイトル、アルバム アートなど) を取得できないことがあります。メディア情報を手動で編集または追加する方法については、Windows Media Player のヘルプをご覧ください。

Player でメディア情報をダウンロードするには、オンライン状態になっている必要があります。

特定のデバイスにアルバム アートを同期する場合の問題

通常、音楽をポータブル デバイスに同期すると、アルバム アートが音楽と共にデバイスにコピーされます。ただし、デバイスのファームウェアがアルバム アートの同期をサポートしていない場合があります。

現在、Windows Media Player 11 から次のデバイスにアルバム アートを同期することはできません。

  • Samsung YP-Z5 MP3 プレーヤー

  • SanDisk Sansa e200 シリーズ MP3 プレーヤー

  • Philips GoGear ファミリ MP3 プレーヤー

これらのデバイスのファームウェアの更新予定については、デバイスの製造元にお問い合わせください。

Windows Media Player 11 のヘルプに含まれているキーボード ショートカットの情報に誤りがある

Player のヘルプに、キーボード ショートカットを使用してアイテムに評価を追加できると書かれていますが、これは誤りです。

目的 使用するキーボード ショートカット
目的

再生中のアイテムに星 0 の評価を付ける。

使用するキーボード ショートカット

Ctrl + Windows ロゴ キー + 0

目的

再生中のアイテムに星 1 つの評価を付ける。

使用するキーボード ショートカット

Ctrl + Windows ロゴ キー + 1

目的

再生中のアイテムに星 2 つの評価を付ける。

使用するキーボード ショートカット

Ctrl + Windows ロゴ キー + 2

目的

再生中のアイテムに星 3 つの評価を付ける。

使用するキーボード ショートカット

Ctrl + Windows ロゴ キー + 3

目的

再生中のアイテムに星 4 つの評価を付ける。

使用するキーボード ショートカット

Ctrl + Windows ロゴ キー + 4

目的

再生中のアイテムに星 5 つの評価を付ける。

使用するキーボード ショートカット

Ctrl + Windows ロゴ キー + 5

アイテムに評価を追加するためのキーボード ショートカットはありません。

Player でアイテムを評価するには、次の操作を実行します。

  1. [ライブラリ] タブをクリックします。

  2. ライブラリ内で評価するアイテムを見つけ、[評価] 列に表示されている星のいずれかをクリックします。

    星 1 つは、最も低い評価を表します。星 5 つは、最も高い評価を表します。ユーザーの評価をクリアするには、アイテムを右クリックして [評価] をポイントし、[評価なし] をクリックします。

テクニカル サポート オプション

Windows Media Player の使用中に問題が発生した場合は、問題のトラブルシューティングに役立ついくつかのリソースを利用できます。

セルフヘルプ オプションを使用すると、よく寄せられる質問に対する回答をすばやく見つけることができます。セルフヘルプ オプションを使用して問題を解決できない場合は、Microsoft またはハードウェアの製造元から個別にサポートを受けることができます。

セルフヘルプ オプション

Microsoft またはハードウェアの製造元に相談する前に、Windows Media Player ソリューション センターを確認してください。

このページには、Windows Media Player の主な問題、エラー メッセージ、よく寄せられる質問など、さまざまなサポート リソースへのリンクが掲載されています。

テクニカル サポート オプション

製品名 Windows XP 用 Windows Media Player 11
製品名

OEM 販売

Windows XP 用 Windows Media Player 11

製品が新しいコンピューターまたはデバイスに付属していた場合は、製造元がこのソフトウェアのテクニカル サポートを提供します。サポートについては、製造元に直接お問い合わせください。

製品名

Web ダウンロード

Windows XP 用 Windows Media Player 11

製品を Microsoft Web サイトからダウンロードしている場合は、Microsoft からサポートを受けることができます。

サポート オプションについては、オンライン サポート オプション Web ページにアクセスして、居住地の国または地域を選択します。

製品名

TTY ユーザー

Windows XP 用 Windows Media Player 11

次の番号で、Microsoft テキスト電話 (TTY/TDD) サービスを利用できます。

ワシントン州: (425) 635-4948。

米国内: (800) 892-5234。

カナダ: (905) 568-9641。

その他の国および地域については、世界各国のサポートに関する Web ページをご覧ください。

製品名

条件

Windows XP 用 Windows Media Player 11

Microsoft のサポート サービスは、当時の料金、条項、および条件に従うものとします。これらは、予告なく変更されることがあります。