Windows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールする方法

Windows XP Service Pack 3 (SP3) は、Windows XP 用の過去のセキュリティ、パフォーマンス、安定性の更新が含まれた重要な更新プログラムです。

SP3 の入手方法

SP3 をインストールするには、最初に Windows XP Service Pack 1a (SP1a) または Service Pack 2 (SP2) をインストールする必要があります。 Windows の各 Service Pack の詳細については、Service Pack センターを参照してください。

注意

Windows XP SP3 が既にインストールされているかどうかを確認するには

  • [スタート] をクリックし、[マイ コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。

    [Service Pack 3] が [システム] セクションに表示されている場合、SP3 は既にコンピューターにインストールされていますので、次の指示に従う必要はありません。

すべて表示

はじめに

SP3 をインストールする前に、次の操作を行うことをお勧めします。

  • 管理者アカウントを使用してコンピューターにログオンします。他のユーザーが全員コンピューターからログオフしていることを確認し、開いているプログラムをすべて閉じます。

  • 重要なファイルを、外付けハード ディスクや DVD、CD、USB フラッシュ ドライブなどの外部の場所にバックアップします。詳細については、ヘルプとサポート センターの「ファイルとフォルダーをバックアップする」を参照してください。

  • ノート PC をご使用の場合はコンセントに接続し、インストール中はコンセントを抜いたり、コンピューターを再起動したりしないでください。

  • サードパーティ製のワイヤレス ネットワーク アダプターをご使用の場合は、デバイスが Windows XP SP3 でサポートされているものか確認します。詳細については、デバイスの製造元の Web サイトを参照してください。

  • 使用しているコンピューターが Windows XP Professional を実行している場合、自動システム回復 (ASR) セットを作成することをお勧めします。これは、インストールが失敗した場合のシステムの修復に役立ちます。詳細については、ヘルプとサポート センターの「バックアップを使用して自動システム回復セットを作成するには」を参照してください (ASR は、Windows XP Home エディションでは利用できません)。

  • ウイルス対策ソフトウェアによっては、SP3 のインストールを妨げたり、インストールの速度を落とすものがあります。ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてインストールすることも可能です。その場合は、それに伴うリスクを認識した上で、Service Pack のインストール完了後、必ず有効にしてください。

  • SP3 をインストールするのに十分な空きディスク領域があることを確認してください (インストール後、そのディスク領域の大部分は再利用されます)。空きディスク領域を増やす必要がある場合は、ヘルプとサポート センターの「ディスク クリーンアップの使用」をご覧ください。

    SP3 のインストールに必要な空きディスク領域 (概算):

    インストール方法必要となるおおよその空きディスク領域
    インストール方法

    SP3 を Microsoft Web サイトからダウンロード

    必要となるおおよその空きディスク領域

    1,500 MB

    インストール方法

    SP3 を CD からインストール

    必要となるおおよその空きディスク領域

    1,765 MB

Microsoft ダウンロード センターまたは CD を使用して SP3 を手動でインストールする

Windows Update から Service Pack を入手するのに問題がある場合は、Microsoft ダウンロード センター Web サイトより SP3 をスタンドアロンのインストール パッケージとしてダウンロードしてから、手動で SP3 をインストールすることができます。このインストール パッケージは、IT プロフェッショナルや開発者向けのファイルですが、普通のユーザーでもダウンロードとインストールが可能です。

スタンドアロンのインストール パッケージまたは CD を使用して、SP3 を手動でインストールするには

  1. 次のいずれかを実行します。

    • SP3 を Web サイトからダウンロードしてすぐにインストールする場合は、[開く] または [実行] をクリックし、画面に表示される指示に従います。プログラムを後でインストールする場合は、[保存] をクリックし、インストール ファイルをコンピューターにダウンロードします。Service Pack をインストールする準備ができたら、インストール ファイルをダブルクリックします。

    • SP3 を Service Pack 3 CD からインストールする場合は、現在のバージョンの Windows XP の実行中にディスクをコンピューターに挿入すると、[ソフトウェア アップデートのインストール ウィザード] が自動的に表示されます。このウィザードが表示されない場合は、[スタート] をクリックし、[マイ コンピューター] をダブルクリックして、CD または DVD ドライブを右クリックし、[自動再生] をクリックします。

  2. [Windows XP Service Pack 3] ページで、[次へ] をクリックします。

  3. 画面に表示される指示に従って操作します。

  4. インストールが完了したら、[完了] をクリックしてコンピューターを再起動します。

  5. ウイルス対策ソフトウェアを無効にしている場合は、再び有効にしてください。

SP3 のアンインストール

SP3 をご自分でインストールした場合は、アンインストールも可能です。しかし、SP3 を既にインストールした状態 (統合インストール) で購入したコンピューターは、アンインストールできません。

SP3 をアンインストールするには

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. [プログラムの追加と削除] をクリックし、[Windows XP Service Pack 3] をクリックした後、[削除] をクリックします。

  3. 画面に表示される指示に従って操作します。

警告

  • SP3 のアンインストールを選択した場合、SP3 をインストールした後にインストールしたプログラムの一覧がダイアログ ボックスに表示されます。続行した場合、これらのプログラムが正常に動作しない可能性があります。

コンピューターを安全に保護し、最新に保つ方法

2014 年 4 月 9 日 (日本時間) をもって、Windows XP のサポートと更新プログラムは利用できなくなります。 安全を保つ方法について参照してください。