フォルダー オプションを変更する

コントロール パネルの [フォルダー オプション] を使用して、ファイルとフォルダーの機能、およびコンピューター上での項目の表示方法を変更できます。

[フォルダー オプション] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コントロール パネル]、[デスクトップのカスタマイズ]、[フォルダー オプション] の順にクリックします。

ファイルとフォルダーの全般的な設定を変更するには

全般的な設定は、[フォルダー オプション] の [全般] タブで行います。

目的 操作
目的

フォルダーを開くたびに、元のフォルダー ウィンドウ内に新しいウィンドウを作成します。操作中の開いているフォルダーをすべて画面に表示したままにしておく場合は、この設定を使用します。

操作

[フォルダーを開くたびに新しいウィンドウを作る] をクリックし、[OK] をクリックします。新しく開いたフォルダーを前に開いていたフォルダーと置き換える場合は、[別のフォルダーを開くときに新しいウィンドウを作らない] をクリックします。

目的

Web ページのリンクのようにシングル クリックでファイルやフォルダーを開きます。

操作

[ポイントして選択し、シングルクリックで開く] をクリックし、[OK] をクリックします。標準のダブルクリックに戻すには、[シングルクリックで選択し、ダブルクリックで開く] をクリックします。

ヒント

  • [全般] タブの設定を元に戻すには、[既定値に戻す] をクリックし、[OK] をクリックします。

ファイルとフォルダーの詳細設定を変更するには

詳細設定は、[フォルダー オプション] の [表示] タブで行います。

目的 操作
目的

ファイルの縮小表示プレビューではなく、常にファイルのアイコンを表示します。縮小表示プレビューではコンピューターの動作が遅くなる場合に、この設定を使用します。

操作

[常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

目的

常にツール バーの上部にメニューを表示します。既定では非表示になっているクラシック メニューにアクセスする場合に、この設定を使用します。

操作

[常にメニューを表示する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

目的

縮小表示に加えて、ファイルのアイコンを常に表示します (関連プログラムにアクセスしやすくなります)。

操作

[縮小版にファイル アイコンを表示する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

目的

マウスのポインターをフォルダーの上に置いたときに、フォルダーのサイズをヒントに表示します。

操作

[フォルダーのヒントにファイル サイズ情報を表示する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

目的

非表示として指定されているファイル、フォルダー、ドライブを表示します。特定のユーザー ファイルなど、通常は表示されない項目を操作する必要がある場合に、この設定を使用します。

操作

[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] をクリックして、[OK] をクリックします。詳細については、「隠しファイルを表示する」を参照してください。

目的

リムーバブル メディア ドライブ (カード リーダーなど) にメディアが挿入されていない場合でも、これらのドライブをコンピューター フォルダーに表示します。

操作

[空のドライブは [コンピューター] フォルダーに表示しない] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。このオプションは、フロッピー ディスク ドライブ、CD ドライブ、DVD ドライブには適用されません。

目的

ファイル名拡張子をファイル名の一部として表示します。これは、ファイルが一般的なファイルに偽装した悪意のあるソフトウェアでないことを確認する場合に便利な方法です。

操作

[登録されている拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

目的

通常は表示されないすべてのシステム ファイルを表示します。

操作

[保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

目的

フォルダーをメモリの個別の部分で開き、Windows の安定性を高めます。コンピューターが頻繁に停止する状況で、問題の影響を最小限に抑える場合またはトラブルシューティングを行う場合に、この設定を使用します。ただし、この設定によってコンピューターのパフォーマンスが低下する場合があります。

操作

[別のプロセスでフォルダー ウィンドウを開く] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

目的

Windows を最後にシャットダウンしたときに使用していたフォルダーを、コンピューターを起動したときに自動的に開きます。これにより、セッション間で作業を継続しやすくなります。

操作

[ログオン時に以前のフォルダー ウィンドウを表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

目的

コンピューター フォルダーの各ドライブやデバイスのドライブ文字を非表示にします。各ドライブのフレンドリ名のみを表示する場合に、この設定を使用します。

操作

[ドライブ文字を表示する] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

目的

識別用の特別な色分けを使用することなく、暗号化または圧縮された NTFS ファイルを通常のファイルとして表示します。これらの NTFS ファイルをコンピューター上の他のファイルと区別して表示する必要がない場合に、この設定を使用します。

操作

[暗号化や圧縮された NTFS ファイルをカラーで表示する] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

目的

ファイルをポイントしたときにファイルの情報を表示するヒントをオフにします。

操作

[フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

目的

ファイルの内容をプレビュー ウィンドウに表示しません。コンピューターのパフォーマンスを高める場合、またはプレビュー ウィンドウを使用しない場合に、この設定を使用します。

操作

[プレビュー ウィンドウでプレビューのハンドラーを表示する] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

目的

複数のファイルをまとめて簡単に選択できるように、ファイル ビューにチェック ボックスを追加します。Ctrl キーを押したまま複数のファイルをクリックして選択するのが難しい場合に便利です。

操作

[チェック ボックスを使用して項目を選択する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

目的

入力の開始時に検索ボックスに自動的にカーソルを配置します。ファイル名を入力してファイルを参照することが少ない場合に便利です。

操作

[リスト ビューで入力するとき] の [検索ボックスに自動的に入力する] をクリックし、[OK] をクリックします。

ヒント

  • [表示] タブの設定を元に戻すには、[既定値に戻す] をクリックし、[OK] をクリックします。

現在の表示設定を他のフォルダーに適用するには

コンピューター フォルダー内のフォルダーを参照しているときに、開いているフォルダーと同じコンテンツに合わせて最適化されているコンピューター上のすべてのフォルダーに、現在の表示設定を適用できます。たとえば、マイ ピクチャ フォルダーが画像ファイル用に最適化されているとします。このフォルダーを開いて、大きいアイコンを表示するように変更した場合、画像ファイル用に最適化されたすべてのフォルダーに大きいアイコン表示を適用できます。ただし、この設定はライブラリを使用してファイルやフォルダーを表示している場合には適用されません。

  1. フォルダーを開き、ツール バーの [表示] ボタン [表示] ボタンの画像 の横にある矢印をクリックして、表示設定を選択します。
  2. ツール バーで [整理] をクリックし、[フォルダーと検索のオプション] をクリックします。

  3. [フォルダー オプション] ダイアログ ボックスで、[表示] タブ、[フォルダーに適用]、[はい] の順にクリックし、[OK] をクリックします。

ヒント

  • フォルダーの最適化の対象となるファイルの種類を変更するには、フォルダーを右クリックし、[プロパティ]、[カスタマイズ] タブの順にクリックします。次に、[このフォルダーを次の目的に最適化] の一覧でファイルの種類をクリックし、[OK] をクリックします。