画像とビデオを読み込む設定を変更する

カメラ、ポータブル デバイス、スキャナー、またはデータ CD や DVD から画像およびビデオを読み込むときに、Windows が使用する設定を変更できます。コンピューターに画像およびビデオを読み込む際に、この読み込みの設定に基づいて、画像とビデオに名前が付けられ整理されます。デジタル カメラから画像やビデオを読み込む方法の詳細については、「カメラからコンピューターに画像を取り込むには」を参照してください。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • カメラの USB ケーブルを使用して、カメラをコンピューターに接続し、カメラの電源を入れます。

    • デバイスの USB ケーブルを使用して、画像やビデオが保存されているポータブル デバイスをコンピューターに接続し、デバイスの電源を入れます。

    • リムーバブル フラッシュ メモリ カード (セキュア デジタル (SD) やコンパクト フラッシュ メモリカードなど) をメモリ カード リーダーに挿入します。

    • USB ケーブルを使用してスキャナーをコンピューターに接続し、スキャナーの電源を入れます。

    • 画像やビデオを記録したデータ CD または DVD を CD/DVD ドライブに挿入します。

  2. 表示される [自動再生] ダイアログ ボックスで、[画像とビデオの読み込み] をクリックします。

  3. 画像およびビデオの読み込みに使用する設定を変更するには、[画像とビデオの読み込み] ダイアログ ボックスの [読み込み設定] をクリックします。

  4. [読み込み設定] ダイアログ ボックスで設定を 1 つ以上変更し、[OK] をクリックします。

  5. [OK] をクリックすると、[画像とビデオの読み込み] が再起動します。[これらの画像をマーク (オプション)] ボックスにタグを入力し、[読み込み] をクリックすると、新しい設定で画像とビデオが読み込まれます。

  • デバイスによっては、Device Stage に対応しているものがあります。Device Stage 対応のデバイスをコンピューターに接続して電源を入れると、自動再生の代わりに Device Stage が起動します。デバイスから画像を読み込むには、Device Stage の読み込みリンクをクリックします。

    Device Stage でデバイスから画像を読み込むには、デバイスが Device Stage に対応している必要があります。新機能のこの Device Stage では、デバイスから画像およびビデオを読み込むだけでなく、デバイスに関連する他のタスクも実行できます。

読み込み設定の表示

次の表に、画像とビデオの読み込みのさまざまな設定を示します。

目的
操作

現在のデバイスまたはメディアを読み込む設定を選択します。

[設定] 一覧で、画像およびビデオを保存している現在のデバイスまたはメディアが選択されていることを確認します。

カメラ、ポータブル デバイス、フラッシュ メモリ カード、スキャナー、またはデータ CD や DVD から画像 (またはビデオ) を読み込む設定を変更できます。異なるデバイスとメディアに同じ設定を使用することも、それぞれ異なる設定を使用することもできます。接続したデバイス (または、挿入したデータ CD や DVD のメディア) が既定で選択されます。

読み込んだ画像のフォルダーを選択します。

[画像の読み込み先] の横にある [参照] ボタンをクリックして、読み込んだ画像を保存するフォルダーを選択し、[OK] をクリックします。

選択したフォルダーに画像が保存されるため、常に画像を整理しておくことができます。読み込んだ画像は、既定の [マイ ピクチャ] フォルダー、コンピューター内の他のフォルダー、または外付けハード ディスク (コンピューターに接続している場合) のいずれかに保存することができます。

読み込んだビデオのフォルダーを選択します。

[ビデオの読み込み先] の横にある [参照ボタン] をクリックして、読み込んだビデオを保存するフォルダーを選択し、[OK] をクリックします。

選択したフォルダーに、ビデオ ファイルがあるカメラ、フラッシュ メモリ カード、またはデータ CD や DVD から読み込んだビデオが保存されるようになります。読み込んだビデオは、既定の [マイ ピクチャ] フォルダー、コンピューター内の他のフォルダー、または外付けハード ディスクのいずれかに保存することができます。

読み込んだ画像およびビデオを保存するフォルダーの名前を付けます。

[フォルダー名] 一覧をクリックし、フォルダー名の命名規則の 1 つを選択します。

日付とタグ情報を組み合わせたフォルダー名を指定することもできます。選択した命名規則でフォルダーが作成され、整理されます。

読み込んだ画像とビデオのファイルの命名規則を指定します。

[ファイル名] 一覧をクリックし、ファイル名の命名規則の 1 つを選択します。

画像およびビデオのファイル名は、読み込んだときの名前のままにすることもできます。ただし、ファイル名を見ただけでは画像やビデオを見つけるのが困難です。そのため、画像とビデオをそれぞれのグループに分けて名前を付け直し、入力したタグ名の後に番号が付いたファイル名にすることができます。

画像およびビデオを読み込む際にタグの入力が要求されるようにします。

[読み込み時にタグを要求する] チェック ボックスがオンにされていることを確認します。

このチェック ボックスがオフにされていると、画像およびビデオを読み込む際にタグの入力が要求されません。この場合、画像およびビデオはタグなしで読み込まれます。ただし、画像を読み込んだ後にタグを追加することはできます。詳細については、「画像を検索しやすいようにタグ付けする」を参照してください。

読み込んだ後に画像およびビデオがデバイスから自動的に削除されるようにします。

[常に、読み込み後にデバイスから消去する] チェック ボックスをオンにします。

画像およびビデオが読み込まれると、デバイスから自動的に削除されます。フラッシュ メモリ カードの場合は、メモリ領域を解放して、新たに画像やビデオを追加できるようになるため、便利な機能です。ただし、読み込んだ後に、画像とビデオはメモリ カードからは消去されます。読み込みに失敗した場合、画像とビデオはメモリ カードからは消去されません。

コンピューター上の画像を自動的に回転させます。

[読み込み時に回転する] チェック ボックスをオンのままにします。

カメラを横向きに撮影した写真をコンピューターで表示する場合、撮影時と同じ向きに表示されるよう自動的に画像が回転します。

読み込んだ画像およびビデオを Windows エクスプローラーで表示します。

[読み込み後にエクスプローラーを開く] チェック ボックスをオンのままにします。

画像とビデオを読み込むと Windows エクスプローラーが自動的に起動し、画像とビデオを表示します。

既定の自動再生の設定を変更します。

[既定の自動再生オプションを変更する] をクリックし、カメラやスキャナーなどのデバイスまたはデータ CD や DVD などのメディアの自動再生の設定を変更します。

各種のデバイスやメディアの自動再生の設定を変更する方法の詳細については、「自動再生の設定を変更する」を参照してください。

既定の読み込み設定に戻します。

[既定値に戻す] をクリックします。

選択した読み込み設定がすべて既定の設定に戻されます。カメラ、スキャナーなどのデバイスやデータ CD または DVD に対して変更した読み込み設定も既定の設定に戻されます。