復元ポイントを作成する

復元ポイントは、コンピューターのシステム ファイルの過去の状態を保存したものです。復元ポイントを使用して、コンピューターのシステム ファイルを過去のある時点の状態に復元できます。復元ポイントはシステムの復元によって毎週自動的に作成され、プログラムやドライバーのインストールなど、コンピューターに対する変更操作が検出された場合も、その直前に自動的に作成されます。

システムの保護によって作成された復元ポイントと同様に、ハード ディスクに格納されているシステム イメージのバックアップもシステムの復元に使用できます。システム イメージのバックアップにシステム ファイルと個人用のデータの両方が含まれている場合でも、ユーザーのデータ ファイルはシステムの復元の影響を受けません。システム イメージについての詳細は、「システム イメージとは」を参照してください。次の手順に従って随時手動で復元ポイントを作成することができます。

このビデオは、復元ポイントを作成する方法について説明しています (1:08)

復元ポイントの作成には

  1. [システム] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コンピューター] を右クリックしてから、[プロパティー] をクリックします。

  2. 左側のウィンドウで、[システムの保護] をクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  3. [システムの保護] タブをクリックして、[作成] をクリックします。

  4. [システムの保護] ダイアログ ボックスで、説明を入力して [作成] をクリックします。

システムの復元の詳細については、「システムの復元とは」を参照してください。