Windows 7 のインストール処理中に選択できるオプションは 2 つあります。

  • アップグレード。このオプションを使用すると、現在使用している Windows のバージョンが Windows 7 で置き換わり、使用しているファイル、設定、およびプログラムはコンピューターに保持されます。

  • カスタム。このオプションを使用すると、現在使用している Windows のバージョンが Windows 7 で置き換わりますが、ファイル、設定、およびプログラムは保持されません。そのため、クリーン インストールと呼ばれることがあります。

この記事では、Windows 7 をインストールしたり、Windows 7 を再インストールしたりするための詳細な手順を参照できます。

Windows 7 のインストールの詳細については、「Windows 7 のインストール: よく寄せられる質問」および「Windows 7 のインストールに関する問題: よく寄せられる質問」を参照してください。 アップグレードのオプションに関する詳細については、Windows Web サイトの「Windows 7 へのアップグレード: よく寄せられる質問 」を参照してください。

すべて表示

Windows 7 の購入方法

Windows 7 を販売店で購入することも、Windows 7 が既にインストールされたコンピューターを購入することもできます。国や地域によっては、オンラインで Windows 7 を購入することもできます。

  • Windows 7 のアップグレード パッケージを購入した場合は、Windows XP または Windows Vista を実行しているコンピューターに Windows 7 をインストールする必要があります。 詳細については、Windows Web サイトの「Windows 7 へのアップグレード: よく寄せられる質問 」を参照してください。

  • Windows 7 のインストール ディスク パッケージには、32 ビットおよび 64 ビットのバージョンの Windows 7 が両方含まれています。Microsoft Store から Windows 7 をダウンロードする場合、ダウンロードする対象として 32 ビットのバージョンまたは 64 ビットのバージョンを選択する必要があります。インストールするバージョンを決める際にお困りの場合は、「32 ビットおよび 64 ビットの Windows: よく寄せられる質問」を参照してください。

Windows 7 をインストールする一般的な方法

次の表には、Windows 7 をインストールするための一般的な方法や Windows Web サイト上の詳細情報へのリンクが一覧表示されています。

実行する操作 詳細情報の参照先
実行する操作

Windows XP を実行しているコンピューターに Windows 7 をインストールする。

詳細情報の参照先

Windows XP から Windows 7 へのアップグレード 」を参照してください。

実行する操作

32 ビット バージョンの Windows Vista を実行しているコンピューターに 32 ビット バージョンの Windows 7 をインストールする。

詳細情報の参照先
実行する操作

32 ビット バージョンの Windows Vista を実行しているコンピューターに 64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールする。

詳細情報の参照先

以降の「32 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターに 64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールする」を参照してください。

実行する操作

64 ビット バージョンの Windows Vista を実行しているコンピューターに 32 ビット バージョンの Windows 7 をインストールする (一般的ではありません)。

詳細情報の参照先
実行する操作

64 ビット バージョンの Windows Vista を実行しているコンピューターに 64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールする。

詳細情報の参照先
実行する操作

コンピューターに Windows 7 をインストールして、インストール中にハード ディスクをフォーマットする。

詳細情報の参照先

以降の「カスタム インストール オプションを使用して、ハード ディスクをフォーマットする」を参照してください。

実行する操作

オペレーティング システムのないコンピューターに Windows 7 をインストールする。

詳細情報の参照先

以降の「オペレーティング システムがインストールされていない場合にカスタム インストールを使用する」を参照してください。

実行する操作

DVD ドライブのないコンピューターに Windows 7 をインストールする。

詳細情報の参照先

Windows 7 をダウンロードし、USB フラッシュ ドライブを作成して Windows 7 をインストールする方法については、「 ネットブックでの Windows のインストール 」にアクセスし、このトピックの後半のセクションを参照してください。

Windows 7 のインストールを開始する前に

インストール中に時間を節約して問題を回避するには:

  • プロダクト キーを探します。 プロダクト キーは、コンピューターまたは Windows パッケージ内のインストール ディスク ケースに貼付されています。Windows 7 をオンラインで購入してダウンロードした場合は、確認の電子メールに記載されています。プロダクト キー ステッカーは次のような形式です。

    プロダクト キー: XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

    Microsoft の Web サイトにアクセスすると、プロダクト キー ステッカーの見本を確認できます。

  • コンピューター名を書き留めます。コンピューターが現在ネットワークに接続されている場合は、Windows 7 のインストールが完了した後でコンピューター名が必要になる場合があります。詳細については、「コンピューター名を確認する」を参照してください。

  • ファイルをバックアップします。外付けハード ディスク、DVD や CD、またはネットワーク フォルダーに、ファイルをバックアップできます。ファイルおよび設定をバックアップするには、Windows 転送ツールを使用することをお勧めします。詳細については、Windows 転送ツール の Web ページを参照してください。

  • Windows 7 Upgrade Advisor をダウンロードして実行します。 このツールは、Windows 7 のインストールに影響を与える可能性のあるコンピューターのハードウェア、デバイス、またはプログラムでの潜在的な互換性の問題を特定するために役立ちます。詳細については、Windows 7 Upgrade Advisor の Web ページを参照してください。

  • Windows 7 の 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンのどちらをインストールすればよいですか。 Windows 7 のインストール ディスク パッケージには、32 ビットおよび 64 ビットのバージョンの Windows 7 が両方含まれています。Microsoft Store から Windows 7 をダウンロードする場合、32 ビット バージョンをダウンロードするか、64 ビット バージョンをダウンロードするかを選択する必要があります。インストールするバージョンを決める際にお困りの場合は、「32 ビットおよび 64 ビットの Windows: よく寄せられる質問」を参照してください。

  • ウイルス対策プログラムを更新して実行し、次にオフにします。 Windows のインストール後、必ずウイルス対策プログラムを再びオンにするか、Windows 7 で動作する新しいウイルス対策ソフトウェアをインストールしてください。

  • インターネットに接続します。インストールに役立つセキュリティ更新プログラムや ドライバー ドライバー更新プログラムなど、インストールに関する最新の更新プログラムを取得できるように、インターネット接続が機能していることを確認します。インターネット接続が利用できない場合でも、Windows 7 をインストールすることはできます。

アップグレード インストール オプションの使用

アップグレード オプションを使用すると、現在使用している Windows のバージョンからファイル、設定、およびプログラムが保持されます。どのバージョンの Windows を Windows 7 にアップグレードできるかについて学習するには、Windows Web サイトの「Windows 7 へのアップグレード: よく寄せられる質問 」を参照してください。

  • コンピューターへのログオンに指紋リーダーまたは生体認証デバイスを使用している場合は、アップグレードを実行する前にパスワードを書き留めておいてください。アップグレード後に初めて Windows 7 を使用するときは、ユーザー名とパスワードを入力してログオンする必要があります。

  • Windows メール、Outlook Express などのプログラムは、Windows 7 から含まれなくなりました。電子メール プログラムとして Windows メールまたは Outlook Express を使用していた場合、メッセージを読んだり、電子メールを送受信したりするには、Windows 7 のインストールが完了した後で新しい電子メール プログラムをインストールする必要があります。使用できるプログラムの詳細については、Windows Web サイトの Windows メールに関するページ を参照してください。

アップグレード オプションを使用して Windows 7 をインストールするには

  1. コンピューターの電源を入れて、Windows を通常起動します (アップグレードを実行する場合は、Windows 7 インストール メディアからコンピューターを起動 (ブート) することはできません)。

  2. Windows が起動したら、次のいずれかを行ってください:

    • Windows 7 をダウンロードした場合は、ダウンロードしたインストール ファイルを参照して、ダブルクリックします。

    • Windows 7 インストール ディスクがある場合、そのディスクをコンピューターに挿入します。セットアップが自動的に開始します。自動的に開始しない場合は、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コンピューター] をクリックして DVD ドライブをダブルクリックすると、Windows 7 インストール ディスクが開きます。そこで setup.exe をダブルクリックします。
    • Windows 7 インストール ファイルを USB フラッシュ ドライブにダウンロードした場合、コンピューターにドライブを挿入します。セットアップが自動的に開始します。自動的に開始しない場合は、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コンピューター] をクリックしてドライブをダブルクリックして、setup.exe をダブルクリックします。
  3. [Windows のインストール] ページで、[今すぐインストール] をクリックします。

  4. [インストールの重要な更新プログラムの取得] ページで、インストールを成功させ、セキュリティの脅威からコンピューターを保護するのに役立つ、最新の更新プログラムを入手することをお勧めします。インストール更新プログラムを入手するには、インターネットに接続する必要があります。

  5. [ライセンス条項をお読みください] ページで、ライセンス条項に同意する場合は、[条項に同意します] をクリックして [次へ] をクリックします。

  6. [インストールの種類] ページで、[アップグレード] をクリックしてアップグレードを開始します。互換性のレポートが表示されることがあります。

    [インストールの種類] ページの画像
    [インストールの種類] ページ
  7. 指示に従って、Windows 7 のインストールを完了します。

プリンターを共有するには

Windows Vista でプリンターを共有した場合は、次の手順に従ってこれらのプリンターを再度共有する必要があります。

  1. [スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[デバイスとプリンター] をクリックします。
  2. 共有するプリンターを右クリックして、[プリンターのプロパティ] をクリックします。

  3. [共有] タブで [このプリンターを共有する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

    他のコンピューターからまだプリンターにアクセスできない場合は、他のコンピューターからこのプリンターを削除して、再びこのコンピューターを追加します。

ハード ディスクをフォーマットすることなくカスタム インストール オプションを使用する

カスタム オプションでは、選択したパーティションに Windows 7 の新しいコピーがインストールされます。この処理によって、ファイル、プログラム、および設定が消去されます。

保持するファイルおよび設定はバックアップして、インストールが完了した後で復元できるようにします。プログラムは再インストールする必要があるため、Windows 7 で使用するプログラムのインストール ディスクおよびプロダクト キー、またはインターネットからダウンロードしたプログラムのセットアップ ファイルを用意しておいてください。

  • Windows メール、Outlook Express などのプログラムは、Windows 7 から含まれなくなりました。電子メール プログラムとして Windows メールまたは Outlook Express を使用していた場合、メッセージを読んだり、電子メールを送受信したりするには、Windows 7 のインストールが完了した後で新しい電子メール プログラムをインストールする必要があります。使用できるプログラムの詳細については、Windows Web サイトの Windows メールに関するページ を参照してください。

  • 64 ビット バージョンの Windows を実行していて、32 ビット バージョンの Windows 7 をインストールしようとしている場合、64 ビット オペレーティング システムでのみ実行するように作られたソフトは動作しない場合があります。詳細については、ソフトウェア製造元の Web サイトを参照するか、Windows 7 互換性センターの Web ページを参照して、Windows 7 の 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンの両方との互換性がテストされているハードウェアおよびソフトウェアを探してください。

  • インストール中にハード ディスクをフォーマットしない場合、データ ファイルは Windows 7 がインストールされているパーティションの Windows.old フォルダーに保存されます。ただし、ファイルはバックアップしてください。暗号化されているデータ ファイルがある場合は、Windows 7 をインストールした後でこれらのファイルにアクセスできない可能性があります。データ ファイルをバックアップし、Windows 7 のインストール後にこれらのファイルを復元した場合は、Windows.old フォルダーを削除できます。

ハード ディスクをフォーマットすることなくカスタム オプションを使用して Windows 7 をインストールするには

  1. コンピューターの電源を入れて、Windows を通常起動します。その後で、次のいずれかを行います。

    • Windows 7 をダウンロードした場合は、ダウンロードしたインストール ファイルを参照して、ダブルクリックします。

    • Windows 7 インストール ディスクがある場合、そのディスクをコンピューターに挿入します。セットアップが自動的に開始します。自動的に開始しない場合は、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コンピューター] をクリックして DVD ドライブをダブルクリックすると、Windows 7 インストール ディスクが開きます。そこで setup.exe をダブルクリックします。
    • Windows 7 インストール ファイルを USB フラッシュ ドライブにダウンロードした場合、コンピューターにドライブを挿入します。セットアップが自動的に開始します。自動的に開始しない場合は、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コンピューター] をクリックしてドライブをダブルクリックして、setup.exe をダブルクリックします。
  2. [Windows のインストール] ページで、表示される指示に従い、[今すぐインストール] をクリックします。

  3. [インストールの重要な更新プログラムの取得] ページで、インストールを成功させ、セキュリティの脅威からコンピューターを保護するのに役立つ、最新の更新プログラムを入手することをお勧めします。インストール更新プログラムを入手するには、インターネットに接続する必要があります。

  4. [ライセンス条項をお読みください] ページで、ライセンス条項に同意する場合は、[条項に同意します] をクリックして [次へ] をクリックします。

  5. [インストールの種類] ページで、[カスタム] をクリックします。

  6. [Windows のインストール場所を選択してください。] ページで、Windows の以前のバージョンが含まれているパーティションを選択して (通常はコンピューターの C: ドライブ) を選択し、[次へ] をクリックします。

  7. [Windows.old] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

  8. 指示に従って、Windows 7 のインストールを終了します。この中には、コンピューターに名前を付ける作業や、最初のユーザー アカウントを設定する作業が含まれます。

カスタム インストール オプションを使用して、ハード ディスクをフォーマットする

Windows 7 のカスタム インストール中にハード ディスクをフォーマットすると、ファイル、設定、およびプログラムを含めてフォーマットしているパーティション内のすべてが完全に削除されます。

保持するファイルおよび設定はバックアップして、インストールが完了した後で復元できるようにします。プログラムは再インストールする必要があるため、Windows 7 で使用するプログラムのインストール ディスクおよびプロダクト キー、またはインターネットからダウンロードしたプログラムのセットアップ ファイルを用意しておいてください。

  • Windows 7 のアップグレード バージョンを使用している場合は、Windows 7 をインストールする前に、別の製造元のプログラムを使用してハード ディスクを再フォーマットすることはしないでください。その代わりに、このセクションの指示に従ってください。

  • Windows メール、Outlook Express などのプログラムは、Windows 7 から含まれなくなりました。電子メール プログラムとして Windows メールまたは Outlook Express を使用していた場合、メッセージを読んだり、電子メールを送受信したりするには、Windows 7 のインストールが完了した後で新しい電子メール プログラムをインストールする必要があります。使用できるプログラムの詳細については、Windows Web サイトの Windows メールに関するページ を参照してください。

  • 64 ビット バージョンの Windows を実行していて、32 ビット バージョンの Windows 7 をインストールしようとしている場合、64 ビット オペレーティング システムでのみ実行するように作られたソフトは動作しない場合があります。詳細については、ソフトウェア製造元の Web サイトを参照するか、Windows 7 互換性センターの Web ページを参照して、Windows 7 の 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンの両方との互換性がテストされているハードウェアおよびソフトウェアを探してください。

カスタム オプションを使用して Windows 7 をインストールして、ハード ディスクをフォーマットするには

Windows 7 のインストール中にハード ディスクをフォーマットするには、Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブを使用してコンピューターを起動 (ブート) する必要があります。

  1. コンピューターの電源を入れて、Windows を通常起動します。Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブを挿入して、コンピューターをシャットダウンします。

  2. コンピューターを再起動します。

  3. 再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、どれかキーを押して、表示される指示に従います。

  4. [Windows のインストール] ページで、使用する言語と他の環境設定を入力して、[次へ] をクリックします。

    [Windows のインストール] ページが表示されず、開始するためにキーを押すよう求めるメッセージが表示されない場合は、一部のシステム設定を変更する必要がある可能性があります。この手順については、「Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブからコンピューターを起動する」を参照してください。

  5. [ライセンス条項をお読みください] ページで、ライセンス条項に同意する場合は、[条項に同意します] をクリックして [次へ] をクリックします。

  6. [インストールの種類] ページで、[カスタム] をクリックします。

  7. [Windows のインストール場所を選択してください。] ページで、[ドライブ オプション (詳細)] をクリックします。

  8. 変更するパーティションをクリックし、実行するフォーマット オプションをクリックして、指示に従います。

  9. フォーマットが終了したら、[次へ] をクリックします。

  10. 指示に従って、Windows 7 のインストールを終了します。この中には、コンピューターに名前を付ける作業や、最初のユーザー アカウントを設定する作業が含まれます。

  • オペレーティング システムがインストールされていないコンピューターで Windows 7 のアップグレード バージョンを使用している場合は、この種類のインストールのライセンス認証ができない場合があります。アップグレード バージョンを使用するには、Windows 7 をライセンス認証するコンピューターに Windows XP または Windows Vista がインストールされている必要があります。セットアップ中に、プロダクト キーのボックスを空白にする必要があります。Windows 7 をライセンス認証するには、Microsoft Support の Web サイトを参照してください。詳細については、「Windows 7 ライセンス認証エラー: 無効なプロダクト キー」および「Windows 7 ライセンス認証エラー: 0xC004F061」を参照してください。

  • Windows 7 のインストールが完了した後、ドライバーを更新しなければならない場合があります。 これを実行するには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックしてから、 [Windows Update] をクリックします。必要なドライバーが Windows Update にない場合は、「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」を参照するか、Windows 7 互換性センター の Web ページを参照してください。

オペレーティング システムがインストールされていない場合にカスタム インストールを使用する

カスタム オプションでは、選択したパーティションに Windows 7 の新しいコピーがインストールされます。この処理によって、ファイル、プログラム、および設定が消去されます。パーティションにファイルが保存されている場合は、続行する前にバックアップします。

オペレーティング システムのないコンピューターに Windows 7 をインストールするには

この操作を行うには、Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブを使用してコンピューターを起動 (ブート) する必要があります。

  1. コンピューターの電源を入れ、Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブを挿入して、コンピューターをシャットダウンします。

  2. コンピューターを再起動します。

  3. 再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、どれかキーを押して、表示される指示に従います。

  4. [Windows のインストール] ページで、使用する言語と他の環境設定を入力して、[次へ] をクリックします。

    [Windows のインストール] ページが表示されず、開始するためにキーを押すよう求めるメッセージが表示されない場合は、一部のシステム設定を変更する必要がある可能性があります。この手順については、「Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブからコンピューターを起動する」を参照してください。

  5. [ライセンス条項をお読みください] ページで、ライセンス条項に同意する場合は、[条項に同意します] をクリックして [次へ] をクリックします。

  6. [インストールの種類] ページで、[カスタム] をクリックします。

  7. [Windows のインストール場所を選択してください。] ページで、Windows 7 をインストールするパーティションを選択するか、パーティションが一覧表示されていない場合は [未割り当て領域] をクリックして、[次へ] をクリックします。

    Windows でシステム ファイル用の追加のパーティションが作成される可能性があること、または選択したパーティションに製造元からの回復ファイルなどの種類のファイルが含まれていることを示すダイアログ ボックスが表示されたら、[OK] をクリックします。

  8. 指示に従って、Windows 7 のインストールを終了します。この中には、コンピューターに名前を付ける作業や、最初のユーザー アカウントを設定する作業が含まれます。

  • オペレーティング システムがインストールされていないコンピューターで Windows 7 のアップグレード バージョンを使用している場合は、この種類のインストールのライセンス認証ができない場合があります。アップグレード バージョンを使用するには、Windows 7 をライセンス認証するコンピューターに Windows XP または Windows Vista がインストールされている必要があります。セットアップ中に、プロダクト キーのボックスを空白にする必要があります。Windows 7 をライセンス認証するには、Microsoft Support の Web サイトを参照してください。詳細については、「Windows 7 ライセンス認証エラー: 無効なプロダクト キー」および「Windows 7 ライセンス認証エラー: 0xC004F061」を参照してください。

  • Windows 7 のインストールが完了した後、ドライバーを更新しなければならない場合があります。 これを実行するには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックしてから、 [Windows Update] をクリックします。必要なドライバーが Windows Update にない場合は、「正常に動作していないハードウェアのドライバーを更新する」を参照するか、Windows 7 互換性センター の Web ページを参照してください。

32 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターに 64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールする

開始する前に、コンピューターで 64 ビット バージョンの Windows が実行できることを確認します。詳細については、「32 ビットおよび 64 ビットの Windows: よく寄せられる質問」を参照してください。

カスタム オプションでは、選択したパーティションに Windows 7 の新しいコピーがインストールされます。この処理によって、ファイル、プログラム、および設定が消去されます。

保持するファイルおよび設定はバックアップして、インストールが完了した後で復元できるようにします。プログラムは再インストールする必要があるため、Windows 7 で使用するプログラムのインストール ディスクおよびプロダクト キー、またはインターネットからダウンロードしたプログラムのセットアップ ファイルを用意しておいてください。

  • Windows メール、Outlook Express などのプログラムは、Windows 7 から含まれなくなりました。電子メール プログラムとして Windows メールまたは Outlook Express を使用していた場合、メッセージを読んだり、電子メールを送受信したりするには、Windows 7 のインストールが完了した後で新しい電子メール プログラムをインストールする必要があります。使用できるプログラムの詳細については、Windows Web サイトの Windows メールに関するページ を参照してください。

  • インストール中にハード ディスクをフォーマットしない場合、データ ファイルは Windows 7 がインストールされているパーティションの Windows.old フォルダーに保存されます。ただし、ファイルはバックアップしてください。暗号化されているデータ ファイルがある場合は、Windows 7 をインストールした後でこれらのファイルにアクセスできない可能性があります。データ ファイルをバックアップし、Windows 7 のインストール後にこれらのファイルを復元した場合は、Windows.old フォルダーを削除できます。

32 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターに 64 ビット バージョンの Windows 7 をインストールするには

この操作を行うには、Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブを使用してコンピューターを起動 (ブート) する必要があります。

  1. コンピューターの電源を入れて、Windows を通常起動します。Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブを挿入して、コンピューターをシャットダウンします。

  2. コンピューターを再起動します。

  3. 再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、どれかキーを押して、表示される指示に従います。

  4. [Windows のインストール] ページで、使用する言語と他の環境設定を入力して、[次へ] をクリックします。

    [Windows のインストール] ページが表示されず、開始するためにキーを押すよう求めるメッセージが表示されない場合は、一部のシステム設定を変更する必要がある可能性があります。この手順については、「Windows 7 インストール ディスクまたは USB フラッシュ ドライブからコンピューターを起動する」を参照してください。

  5. [ライセンス条項をお読みください] ページで、ライセンス条項に同意する場合は、[条項に同意します] をクリックして [次へ] をクリックします。

  6. [インストールの種類] ページで、[カスタム] をクリックします。

  7. [Windows のインストール場所を選択してください。] ページで、Windows の以前のバージョンが含まれているパーティションを選択して (通常はコンピューターの C: ドライブ) を選択し、[次へ] をクリックします。

  8. [Windows.old] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

  9. 指示に従って、Windows 7 のインストールを終了します。この中には、コンピューターに名前を付ける作業や、最初のユーザー アカウントを設定する作業が含まれます。

Windows 7 を再インストールする

Windows 7 は、コントロール パネルの回復を使用して、[高度な回復方法] から再インストールすることができます。この方法では、製造元から提供された回復イメージか、元の Windows 7 インストール ファイルから、Windows 7 を再インストールします。追加したすべてのプログラムを再インストールし、バックアップからすべてのファイルを復元する必要があります。詳細については、「高度な回復方法を選択する」を参照してください。

Windows 7 がまったく動作しない場合は、元の Windows 7 インストール ディスクを使用して Windows を再インストールできます。この操作を実行するには、前の「カスタム インストール オプションを使用して、ハード ディスクをフォーマットする」の指示に従ってください。

  • ハード ディスクのパーティションに Windows 7 を再インストールする場合で、別のパーティションに個人用ファイルを保存している場合でも、可能であれば Windows 7 を再インストールする前にファイルをバックアップしてください。たとえば、暗号化されたファイルがある場合、Windows の再インストール後にそのファイルにアクセスできなくなることがあります。カスタム インストールを行うと、Windows 7 の現在のバージョンとすべての個人用ファイルが置き換えられます。

Windows 7 のライセンス認証

Windows 7 のライセンス認証方法については、「このコンピューターの Windows 7 をライセンス認証する」を参照してください。 詳細については、「Windows 7 のライセンス認証: よく寄せられる質問」を参照してください。

記事 ID: MSW700061