コントロール パネルの [回復] とは

コントロール パネルの [回復] には、コンピューターを重大なエラーから回復するための方法がいくつかあります。

コントロール パネルの [回復] の画像
[回復] には、Windows を過去の日付の状態に復元するための方法がいくつかあります。
  • [回復] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「回復」と入力し、[回復] をクリックします。

  • [回復] を使用する前に、コントロール パネルの自動的なトラブルシューティング ツールを使用して、問題を解決できるかどうか確認してみてください。詳細については、「Windows でのトラブルシューティング」を参照してください。

すべて表示

推奨される方法: システムの復元

電子メール、ドキュメント、写真などの個人用ファイルは現状のまま維持しながら、コンピューターのシステムに対する変更操作を元に戻すことができます。プログラムやドライバーをインストールした結果、コンピューターや Windows に想定外の変更が加えられ、原因となったプログラムやドライバーをアンインストールしても問題を解決できない場合には、システムの復元が一番の選択肢となります。詳細については、「システムの復元とは」を参照してください。

  • システムの復元でエラーが発生した場合は、別の復元ポイントを使用してみてください。それでもエラーが再発する場合は、[システム回復オプション] メニューからシステムの復元を実行してみてください。この方法でシステムの復元を使用する場合は、コンピューターを手動で再起動して、[システム回復オプション] メニューから [システムの復元] を選択する必要があります。また、この方法を使用する場合は、システムの復元操作を元に戻すことができません。詳細については、「Windows 7 のシステム回復オプションとは」を参照してください。

高度な回復方法

[回復] には高度な回復方法も 2 つ用意されており、Windows が重大な損傷を受けた場合や、その他の理由で使用不能になった場合に試すことができます。1 つ目の方法では、Windows やすべての個人用ファイルを含め、コンピューター上のすべてのデータをバックアップまたは回復イメージと総入れ替えします。2 つ目は、Windows を丸ごと再インストールする方法です。いずれの方法でも、ユーザーがインストールしたプログラムは削除される可能性があります。

警告

  • これらの高度な方法は、コンピューターを以前の状態に復元することで、ソフトウェアに起因する問題を解決に導きますが、個人用のファイルやプログラムが削除される可能性があるため、他のどの方法でも問題を解決できなかった場合に限り使用するのが賢明です。高度な方法を使用する前に、必ず「高度な回復方法を選択する」を参照してください。

  • これらの高度な方法を選択した場合は、処理を続行する前に、個人用ファイルを外付けのハード ドライブなどの別の場所にバックアップすることができます。回復が完了した後で、プログラムを再インストールして、個人用ファイルをバックアップから復元する必要があります。詳細については、「ファイルをバックアップする」を参照してください。

記事 ID:MSW700058