リモート デスクトップ接続で使用できるショートカット キー

リモート デスクトップ サービスでは、次のショートカット キーによって、リモート デスクトップ接続のさまざまな機能を実行できます。

次の表は、リモート デスクトップ サービスで使用するショートカット キーについて説明しています。

ショートカット キー
説明

Alt + PageUp

プログラムを左から右に切り替える。

Alt + PageDown

プログラムを右から左に切り替える。

Alt + Ins

開かれた順序で各プログラムを巡回する。

Alt + Home

[スタート] メニューを表示する。

Ctrl + Alt + Break

ウィンドウ表示と全画面表示を切り替える。

Ctrl + Alt + End

[Windows セキュリティ] ダイアログ ボックスを表示する。

Alt + Del

Windows メニューを表示する。

Ctrl + Alt + テンキーのマイナス記号

クライアント内の作業中のウィンドウをコピーし、リモート コンピューターのクリップボードに入れる (ローカル コンピューターで Alt + PrintScreen キーを押すのと同じ機能を提供します)。

Ctrl + Alt + テンキーのプラス記号

クライアント コンピューターのウィンドウ領域全体をコピーし、リモート コンピューターのクリップボードに入れる (ローカル コンピューターで PrintScreen キーを押すのと同じ機能を提供します)。

Ctrl +Alt + →

リモート デスクトップのコントロールから、ホスト プログラム内のコントロール (ボタンやテキスト ボックスなど) にタブ移動する。リモート デスクトップのコントロールが別の (ホスト) プログラムに組み込まれている場合に役立ちます。

Ctrl +Alt + ←

リモート デスクトップのコントロールから、ホスト プログラム内のコントロール (ボタンやテキスト ボックスなど) にタブ移動する。リモート デスクトップのコントロールが別の (ホスト) プログラムに組み込まれている場合に役立ちます。

  • Ctrl + Alt + Del は常に、ローカル コンピューターのデスクトップに送られます。リモート コンピューターに Ctrl + Alt + Del を送る場合には、Ctrl + Alt + End を使用する必要があります。

  • リモート デスクトップ セッションで全画面モードとそれ以外のモードを切り替えるには、Ctrl + Alt + Break を使用します。