Windows XP から Windows 7 へのアップグレード


このチュートリアルを印刷することをお勧めします。コンピューターは Windows 7 インストール処理中に再起動されるため、この Web ページに再度アクセスできない場合、印刷したチュートリアルが手元にあると手順の実行時に役立ちます。

このビデオでは、Windows XP から Windows 7 へアップグレードする方法について説明しています。 (3:07)

はじめに

Windows XP から Windows 7 へのアップグレードには、Windows 7 インストール時に [カスタム] オプションを選択する必要があります。カスタム インストールでは、プログラム、ファイル、設定は保持されません。そのため、クリーン インストールと呼ばれることがあります。

カスタム インストールはより複雑で、完了まで 2 ~ 3 時間ほどかかる場合があります。このチュートリアルでは、処理全体を 5 つの手順に分け、手順ごとに順を追って説明します。

また、過去に開発したアプリケーションを Windows 7 に移行させる場合は、アプリ移行実践ガイドを使うと、チェックリストやサンプルコードを確認しながらスムーズにアプリケーションを移行できます。

必要なもの

  • 外付けハード ディスク。 Windows 7 をインストールする前に、ファイルを PC 以外の場所に移動しておく必要があります。移動を簡単に行うには、無料でダウンロードできる Windows 転送ツールというツールの使用をお勧めします。このツールを使用するには、外付けハード ディスクが必要になります。外付けハード ディスクは電気店や事務用品店で容易に入手でき、コンピューターにディスク容量を簡単に追加できます。

  • Windows 7 上で使用するプログラムの元のインストール ディスクやセットアップ ファイル。 後でプログラム手動で Windows 7 を再インストールする必要があります。Windows 転送ツールを実行すると、現在 Windows XP で使用しているプログラムの一覧が表示されます。

32 ビット版または 64 ビット版: インストールする Windows 7 のバージョン

Windows 7 パッケージには、32 ビットと 64 ビットのインストール ディスクが両方とも含まれています。64 ビット オペレーティング システムは、32 ビット オペレーティング システムよりも効率よく大容量のメモリ (一般には 4GB 以上のランダム アクセス メモリ (RAM)) を処理できます。ただし、64 ビットに対応していないコンピューターもあります。32 ビットおよび 64 ビットの の詳細については、「Windows」を参照してください。よく寄せられる質問

32 ビット 版が必要と思われますが、確認のため [マイ コンピューター] を右クリックして、[プロパティ] をクリックしてください。

  • "x64 Edition" と表示されない場合、実行しているのは 32 ビット 版の Windows XP です。コンピューターが 64 ビット 版の Windows 7 を実行できるかどうかは Windows 7 Upgrade Advisorで調べることができます。このチュートリアルの手順 1 では、Upgrade Advisorの実行方法を説明します。

  • [システム] の下に "x64 Edition" と表示された場合、実行しているのは 64 ビット 版の Windows XP であり、64 ビット 版の Windows 7 を実行できる可能性があります。

次の作業: Windows 7 Upgrade Advisor をダウンロードして実行します。

記事 ID:MSW700004