システムの復元

ウィルス感染や壊滅的なクラッシュの後でも、Windows のシステムの復元機能を使えば、元の状態に戻せる可能性があります。

プログラムまたはドライバーをインストールすると、Windows の処理速度が低下したり予想外の現象が生じたりする場合があります。システムの復元で、お使いの PC のシステム ファイルとプログラムを正常に作動していた時点に戻すと、トラブルシューティングのために何時間も苦労せずに回復することができます。ドキュメント、画像、その他のデータは影響を受けません。

Windows 7 では、作成できるシステムの復元ポイントが増え、PC が復元された際にどのファイルが削除され追加されるかが正確に表示されます。詳細については、「復元ポイントを作成する」を参照してください。

さらに安全性を高めるためには、システムの復元と併せてバックアップと復元を使用してください。バックアップと復元は、メール、画像、ドキュメント、およびその他の個人ファイルを保護するための機能です。

システムの復元を使用するには

システムの復元を開始する前に、開いているすべてのファイルを保存し、すべてのプログラムを閉じます。システムの復元を実行すると、PC が再起動します。

  1. [スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックして [システムの復元] を開きます。検索ボックスに「システムの復元」と入力し、結果の一覧で [システムの復元] をクリックします。管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。
  2. ウィザードの手順に従って復元ポイントを選択し、コンピューターを復元します。

    詳細については、「システムの復元: よく寄せられる質問」を参照してください。

システム復元の画像
Windows 7 のシステムの復元機能で、クラッシュ後のトラブルシューティングにかかる時間を削減できます。