Windows Media Player 12

フリップ ビデオや iTunes ライブラリの保護されていない曲など、Windows Media Player 12 (Windows 7 および Windows 8.1 の一部として同梱されます) では、これまでよりも多くの音楽とビデオを再生できます。 Windows Media Player 12 を使うと、デジタル メディア コレクションの整理、デジタル メディア ファイルのポータブル デバイスへの同期、デジタル メディア コンテンツのオンラインでの購入などを行うことができます。

合理化された再生モード

プレイ ビュー モードは、必要なコントロールのみを表示し、デザイン上の無駄を徹底的に省きました。新しいタスク バー サムネイル (再生コントロールを搭載) により、プレビューがより簡単になりました。

さらに多くのメディアをさらに多くの場所で再生

Windows Media Player 12 では、数多くの一般的なオーディオ形式とビデオ形式を組み込みでサポートしています。 お使いのデバイスに音楽、ビデオ、写真を同期したり、メディアをストリーミングしたりできるため、家でも外出先でも自分のライブラリを楽しむことができます。

プレイ ビュー モードの画像

注意

  • Windows Media Player は、Windows RT 8.1 では利用できません。

もっと詳しく


古いバージョンの Player を入手します。

オーディオ アドオンや視覚アドオンを使って、Player をカスタマイズします。

お使いの Player のバージョン用のヘルプを見つけます。