プライバシー設定

Internet Explorer のプライバシー設定を調整することで、Web サイトがユーザーのオンライン活動を監視する方法を変更できます。たとえば、どの Cookie を保存するか、位置情報をサイトがいつどのように利用するかを指定できるほか、望まないポップアップをブロックできます。

すべて表示

Cookie

Cookie は、ユーザーとユーザー設定についての情報を保持するために、Web サイトによってユーザーの PC に保存される小さなファイルです。Cookie を使用して、サイトにユーザーの個人設定を記憶させたり、サイトにアクセスする際のサインインを省略可能にしたりして、利便性を向上させることができます。しかし、一部の Cookie は、ユーザーがアクセスするサイトを追跡してプライバシーを侵害するおそれがあります。詳しくは、「Internet Explorer で Cookie を削除および管理する」を参照してください。

Do Not Track

Do Not Track を有効にすると、Internet Explorer から、ユーザーが訪問中の Web サイトおよびそれらのサイトにコンテンツがホストされているサード パーティに Do Not Track リクエストが送信され、追跡を拒否する意志がサイトに通知されます。詳しくは、「Do Not Track」を参照してください。

InPrivate ブラウズ

Web のエクスペリエンス向上のために、ブラウザーは検索履歴のような情報を保存します。InPrivate ブラウズを使うと、パスワード、検索履歴、ページ履歴のような情報は、タブを閉じたときに削除されます。

InPrivate ブラウズ セッションを開くには

  1. スタート画面で、[Internet Explorer] をタップまたはクリックして、Internet Explorer を開きます。

  2. 下から上へスワイプ (または右クリック) してアプリのコマンドを表示します。

  3. [タブ ツール]タブ ツール をタップまたはクリックし、[新しい InPrivate タブ] をタップまたはクリックします。

InPrivate ブラウズ セッションをデスクトップで開くには

  • タスク バーの Internet Explorer アイコンを右クリックし、[InPrivate ブラウズを開始する] を選びます。

InPrivate ブラウズ セッションのアドオンをオフにするには

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] ツール をタップまたはクリックし、[インターネット オプション] をタップまたはクリックします。
  3. [プライバシー] タブで、[InPrivate ブラウズの開始時に、ツール バーと拡張機能を無効にする] チェック ボックスをオンにし、[OK] をタップまたはクリックします。

位置情報

位置情報サービスを使うと、Web サイトがサービス向上のためにユーザーの物理的な位置を問い合わせることができるようになります。たとえば、地図情報サイトは、ユーザーの物理的な位置を要求して、そこを中心として地図を表示できます。Internet Explorer では、サイトが位置情報を要求するとユーザーに通知されます。通知されたとき、サイトが位置情報を 1 回だけ使用できるようにする場合は、[一度のみ許可] をタップまたはクリックします。サイトを訪問するたびに位置情報が使われてもよい場合は、[常に許可] をタップまたはクリックします。

位置情報の共有をオフにするには

サイトによるユーザーの物理的な位置の問い合わせを望まない場合は、位置情報の共有をオフにできます。その方法は次のとおりです。

  1. スタート画面で、[Internet Explorer] をタップまたはクリックして、Internet Explorer を開きます。

  2. 画面の右端からスワイプし、[設定] をタップします。
    (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して、[設定] をクリックします。)

  3. [プライバシー] をタップまたはクリックし、[場所][サイトでユーザーの物理的な位置情報を確認する][オフ] にします。

ポップアップ ブロック

ポップアップ ブロック機能は、訪問するサイトのポップアップを制限またはブロックします。必要に応じてブロックのレベルを選び、ポップアップがブロックされたときの通知をオン/オフにして、ポップアップをブロックしないサイトの一覧を作ることができます。ポップアップ ブロックの設定は、デスクトップ用 Internet Explorer だけに適用されます。

すべて表示

ポップアップ ブロックをオンまたはオフにするには

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] ツール をタップまたはクリックし、[インターネット オプション] をタップまたはクリックします。
  3. [プライバシー] タブで、[ポップアップ ブロック] の [ポップアップ ブロックを有効にする] チェック ボックスをオンまたはオフにし、[OK] をタップまたはクリックします。

すべてのポップアップをブロックする

ポップアップ ブロックを有効にした場合でも、Internet Explorer では、ローカル イントラネットまたは信頼済みサイトのセキュリティ ゾーンにあるサイトのポップアップはブロックされません。ローカル イントラネットまたは信頼済みサイトのポップアップも含めて、すべてのポップアップをブロックする場合は、ブロック レベルを変更する必要があります。

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] ツール をタップまたはクリックし、[インターネット オプション] をタップまたはクリックします。
  3. [プライバシー] タブで、[ポップアップ ブロック] の [設定] をタップまたはクリックします。

  4. [ポップアップ ブロックの設定] ダイアログ ボックスで、[ブロック レベル][高: すべてのポップアップをブロックする (Ctrl + Alt キーでポップアップを表示できます)] に設定します。

  5. [閉じる] をタップまたはクリックし、[OK] をタップまたはクリックします。

ポップアップをブロックしたときの通知をオフにする

Internet Explorer でポップアップをブロックするたびに通知しなくてもいい場合は、通知をオフにできます。

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] ツール をタップまたはクリックし、[インターネット オプション] をタップまたはクリックします。
  3. [プライバシー] タブで、[ポップアップ ブロック] の [設定] をタップまたはクリックします。

  4. [ポップアップ ブロックの設定] ダイアログ ボックスで、[ボップアップのブロック時に通知バーを表示する] チェック ボックスをオフにします。

  5. [閉じる] をタップまたはクリックし、[OK] をタップまたはクリックします。

追跡防止

追跡防止を使うと、訪問した Web サイトでの閲覧情報がサード パーティのコンテンツ プロバイダーに送信されないように設定できます。追跡防止リストは、"電話拒否" リストとほぼ同じものと考えることができます。Internet Explorer では、リストに記載されたサイトのサード パーティ コンテンツがブロックされ、サード パーティのサイトが収集できるユーザーに関する情報が制限されます。詳しくは、「Internet Explorer で追跡防止を使用する」を参照してください。

セキュリティ ゾーン

セキュリティ設定を変更することで、Internet Explorer が有害なまたは悪意のある Web コンテンツから PC を保護する方法をカスタマイズできます。Internet Explorer では、すべての Web サイトが、セキュリティ ゾーン (インターネット、ローカル イントラネット、信頼済みサイト、制限付きサイト) に自動的に割り当てられます。各ゾーンは、そのサイトでどのような種類のコンテンツをブロックするかを決める既定のセキュリティ レベルが異なります。サイトのセキュリティ レベルに応じて、許可するまで一部のコンテンツがブロックされたり、ActiveX コントロールが自動実行されなかったり、特定のサイトで警告が表示されたりします。各ゾーンの設定をカスタマイズして、必要な保護の程度を決定できます。

すべて表示

セキュリティ ゾーンの設定を変更する

セキュリティ ゾーンの設定をカスタマイズする方法は、次のとおりです。

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] ツール をタップまたはクリックし、[インターネット オプション] をタップまたはクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをタップまたはクリックして、セキュリティ ゾーンの設定を次のようにカスタマイズします。

    • セキュリティ ゾーンの設定を変更するには、ゾーン アイコンをタップまたはクリックし、設定するセキュリティ レベルまでスライダーを移動します。

    • ゾーンに対する固有のセキュリティ設定を作るには、ゾーン アイコンをタップまたはクリックし、[レベルのカスタマイズ] をタップまたはクリックして、必要な設定を選びます。

    • すべてのセキュリティ レベルを元の設定に戻すには、[すべてのゾーンを既定のレベルにリセットする] をタップまたはクリックします。

セキュリティ設定に加えた変更は、Internet Explorer とデスクトップ用 Internet Explorer の両方に適用されます。

セキュリティ ゾーンに対してサイトを追加または削除する

  1. デスクトップを開き、タスク バーの Internet Explorer アイコンをタップまたはクリックします。

  2. [ツール] ツール をタップまたはクリックし、[インターネット オプション] をタップまたはクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをタップまたはクリックし、セキュリティ ゾーン ([ローカル イントラネット][信頼済みサイト]、または [制限付きサイト]) アイコンを選び、[サイト] をタップまたはクリックします。ここで、選択したゾーンにサイトを追加したり、ゾーンから不要になったサイトを削除したりできます。

  4. 前の手順で [ローカル イントラネット] を選択した場合は、[詳細設定] をタップまたはクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • サイトを追加する: [この Web サイトをゾーンに追加する] ボックスに URL を入力し、[追加] をタップまたはクリックします。

    • サイトを削除する: [Web サイト] で、削除する URL を選択し、[削除] をタップまたはクリックします。

拡張保護モードを有効にする

拡張保護モードを使うと、Internet Explorer でマルウェアが実行されづらくなります。詳しくは、「Internet Explorer のアドオンを管理する」を参照してください。







もっと詳しく