PC 用のアプリを入手する

Windows のチュートリアル: ページ 7/11

Windows ストアのアプリの世界

アプリを使うと、新しい方法で作業を片付けたり楽しんだりすることで、PC がより使いやすくなります。Windows 8.1Windows RT 8.1 には、交流したり、連絡を取り合ったり、ドキュメントを共有したり、写真を整理したり、音楽を聴いたり、映画を観るなど役立つアプリが標準搭載されていますが、Windows ストアではさらに多くのアプリを見つけることができます。

注意: Windows ストアでアプリを探してインストールするには、Windows 8.1 または Windows RT 8.1 が必要です。Windows 8.1 または Windows RT 8.1 をお持ちでない方は、ストアで入手できる人気のアプリをいくつかチェックできます。

アプリのインストール

Windows ストアからインストールするアプリを探すには、スタート画面またはデスクトップ タスク バーの [ストア] をタップまたはクリックします。ストアを利用するには、インターネットに接続しており、Microsoft アカウントでサインインする必要があります。

Windows ストア

Windows ストアを開くと、次のいくつかの方法でアプリを探すことができます。

おすすめのアプリを閲覧する。目的のアプリが決まっていない場合は、ストアでおすすめのアプリを閲覧することをお勧めします。 人気のあるアプリ、新着アプリ、人気トップ (有料)、または無料アプリのリストを表示するには、右にスクロールします。(特定のリストのアプリをすべて表示するには、リスト名をタップまたはクリックします。)[おすすめアプリ] には、所有しているアプリや以前に評価したアプリに基づいて、カスタマイズされた推奨アプリも表示されます。

カテゴリから探す。特定の種類のアプリ (エンターテイメント アプリやゲームなど) を探しているなら、ストアの別のカテゴリを探します。[カテゴリ] をタップまたはクリックし、目的のカテゴリをタップまたはクリックします。

アプリを検索する。目的のアプリが決まっている場合や特定の発行元のアプリを探している場合は、ストアの右上隅の検索ボックスに名前を入力します。キーワードに一致するアプリの検索結果が表示されます。

目的のアプリが見つかったら、有料アプリの場合は [購入] または [試す] (無料トライアル)、無料アプリの場合は [インストール] をタップまたはクリックします。

ヒント

アプリの一覧、カテゴリ、アカウント情報を表示したり、ストアのメイン ページの [ホーム] へ戻るには、Windows ストアの上部にあるメニューを使います。

アプリをピン留めする

アプリをストアからインストールすると、[アプリ] ビューの一覧に PC の他のすべてのアプリと共に表示されます。スタート画面またはデスクトップ タスク バーにアプリをピン留めすれば、後で簡単に見つけて使うことができます。

手順 1

スタート画面で、画面中央から上にスワイプし、[アプリ] ビューを表示します。(マウスを使っている場合は、画面の左下隅近くにある矢印 矢印ボタン をクリックします。)
[アプリ] ビュー

手順 2

ピン留めするアプリを選択するには、長押しするか、右クリックします。

アプリを選択する

手順 3

[スタート画面にピン留めする] または [タスク バーにピン留めする] をタップまたはクリックします。 ピン留めしたアプリは、スタート画面の端またはデスクトップ タスク バーに表示されます。

その後、ピン留めしたアプリを並べ替えることができます。スタート画面では、タイルのサイズを変更したり、関連するアプリをグループ化したりできます。手順について詳しくは、「スタート画面」をご覧ください。

アプリをスタート画面にピン留めする

アプリを使用する

アプリを使用するには、スタート画面またはデスクトップ タスク バー (アプリをピン留めしている場合)、または [アプリ] ビューからアプリをタップまたはクリックします。アプリで何ができるかは、インストールしたアプリによって異なりますが、ここでは基本的なヒントをいくつか示します。

アプリのアプリ コマンド

アプリ コマンドを確認する

アプリ コマンドを使うと、アプリでさまざまな操作ができます。たとえば、天気アプリでは、アプリ コマンドを使用して気温を華氏から摂氏に変更できる場合があります。アプリで使用できるコマンドを表示するには、画面の上端から下にスワイプするか、画面の下端から上にスワイプし、コマンドをタップします。(マウスを使っている場合は、アプリ内を右クリックし、目的のコマンドをクリックします。)

アプリのチャーム

アプリでチャームを使用する

多くのアプリでは、チャームを使用して、検索、コンテンツの共有、プリンターなどのデバイスへのファイル送信、設定変更ができます。アプリのチャームを使用するには、画面の右端からスワイプし、目的のチャームをタップします。(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下へ移動して目的のチャームをクリックします。)詳細については、「検索、共有、印刷、その他の操作」を参照してください。

3 つ以上のアプリを同時に使う

アプリを並べて表示する

複数のアプリを使用している場合は、すばやくアプリを切り替えたり、最大 4 つのアプリを同時に画面に表示したりできます (ディスプレイの解像度によって異なります)。Windows で複数のアプリを使用する方法の詳細については、「PC を操作する」を参照してください。

アプリを閉じる

アプリを閉じる

Windows ストア アプリは、使われていないときに PC の処理速度を低下させないように組み込まれています。アプリの使用を停止すると、そのアプリは Windows によってバックグラウンドで実行状態が維持され、しばらくした後に自動的に終了します。ただし、タッチ操作でアプリを終了したい場合は、画面の上から一番下までドラッグします。マウスを使っている場合は、マウス ポインターをアプリの上部へ移動してタイトル バーの閉じるボタンをクリックします。

ヒント

マウスを使っていて、マウスをアプリの上部へ移動したときに閉じるボタンが表示されない場合は、Windows 8.1 および Windows RT 8.1 の最新の Update がインストールされていない可能性があります。Windows 8.1 Update (KB 2919355) をインストールする

複数の PC 間でアプリを同期する

Windows ストアからアプリをインストールした後、別の Windows 8.1 または Windows RT 8.1 PC に Microsoft アカウントを使用してサインインする場合、アプリは新しい PC で自動的に同期されます。そのため、中断したところから、すぐに作業を再開できます。アプリおよびアプリ データの自動同期は既定ではオンになっていますが、いつでも設定を変更できます。

アプリの同期設定を変更するには

  1. 画面の右側からスワイプし、[設定] をタップします。(マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、上へ移動して、[設定] をクリックします。)

  2. [PC 設定の変更] をタップまたはクリックします。

  3. OneDrive をタップまたはクリックし、[同期の設定] をタップまたはクリックします。

  4. [アプリの設定] の下で、[アプリ] および [アプリ データ] を同期するかどうかを選択します。

アプリの自動更新

アプリを最新に保つことは、アプリを正常に動作させる 1 つの方法です。アプリの更新プログラムは無料で、アプリの更新された機能や新機能が含まれている場合もあります。既定では、PC にインストールされているアプリは Windows ストアによって自動的に更新されるため、更新プログラムがいつ利用可能になるかを確認することについて心配する必要はありません。 自動更新をオンにする方法について詳しくは、「アプリの自動更新を有効にする」をご覧ください。

アプリを他の PC にインストールする

Windows ストアからインストールしたすべてのアプリが、ストアの [マイ アプリ] セクションに表示されます。どのアプリが異なる PC にインストールされているかが表示されます。そこでアプリを直接インストールできるため、ストアで 1 つずつ検索してインストールする必要はありません。

手順 1

スタート画面で [ストア] タイルをタップまたはクリックし、Windows ストアを開きます。

スタート画面上の [ストア] タイル

手順 2

[アカウント][マイ アプリ] の順にタップまたはクリックします。

[マイ アプリ]

手順 3

下にスワイプするか、インストールするアプリを右クリックし、[インストール] をタップまたはクリックします。

注意: Windows 8 アプリを Windows 8.1 PC にインストールすることはできますが、Windows 8.1 アプリを Windows 8 PC にインストールすることはできません。

インストールするアプリを選択する

もっと詳しく


仕事にも遊びにも完璧

Windows 8.1 PC には、仕事にも遊びにも必要なすべてが揃っています。

PC を探す

Windows 8.1 を実行しているタブレット、ノート PC、オールインワン PC