[別のユーザーとして実行] コマンドについて

以前のバージョンの Windows では、システム設定の変更やソフトウェアのインストールなど、特定の作業を実行するときに管理者アカウントを使用する必要がありました。ただし、権限が制限されたユーザーとしてログオンした場合、[別のユーザーとして実行] を使用すれば、いったんログオフし、管理者として再度ログオンする必要はありませんでした。

このバージョンの Windows では、[別のユーザーとして実行] が [管理者として実行] に変更されています。必要なときには、管理者パスワードの入力を求めるメッセージが自動的に表示されるので、[管理者として実行] を使用することはほとんどありません。一部の古いプログラムでは、いったんログオフして再度ログオンする手間を省くために、[管理者として実行] を使用する必要があります。

  1. 目的のプログラム アイコンまたはファイルを右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。

  2. 使用する管理者アカウントを選択し、パスワードを入力します。

ヒント

  • 標準ユーザーとしてログオンしている場合、[管理者として実行] を使用して、別のユーザーとしてプログラムを実行することもできます。その際、そのユーザーが管理者アカウントを所有していなくてもかまいません。これを行うには、[管理者として実行] をクリックして、ユーザー アカウントを選択します。管理者としてログオンしていて、別のユーザーとしてプログラムを実行する場合、コマンド プロンプト ウィンドウで「runas.exe /<ユーザー名>」と入力する必要があります。