モニターの明るさとコントラストを調整する


モニターの明るさとコントラストを調整して、文字を読みやすくし、デジタル画像の見た目を印刷されたときの状態に近づけることができます。

ディスプレイの明るさとコントラストの調整結果を向上するには、画面の色調整を使用します (画面の色調整では、これらの色設定およびその他の設定を調整できます)。Windows で画面の色を調整する方法の詳細については、「ディスプレイを調整する」を参照してください。

画面の明るさとコントラストを調整する方法は、使用するディスプレイによって異なります。

  • モニターの正面にある明るさとコントラストの調整ボタン。一部のモニターでは、明るさとコントラストの調整ボタンはモニターの正面にあり、以下の図に示す標準的な記号が付けられています。

    明るさとコントラストの記号の図
    明るさとコントラストの記号
  • オンスクリーンの設定メニュー。モニターによっては、オンスクリーンの設定メニューで明るさとコントラストの設定を変更し、結果を見ながら明るさとコントラストを微調整できるようになっています。オンスクリーンの設定メニューを表示するには、通常はモニターの正面にあるメニュー ボタンを押します。

  • ノート型 コンピューターのディスプレイ。ノート型 コンピューターの場合、明るさおよびコントラストの調整ボタンはディスプレイ正面にはありません。多くのノート PC では、コントラストの調整ボタンはありませんが、明るさは Fn キーを押しながらファンクション キー (暗くする場合は 明るさを下げるボタンの画像、明るくする場合は明るさを上げるボタンの画像) を押して調整できます。ノート型 コンピューターで画面の色調整を使用する場合は、画面の明るさを最大に設定します。

ディスプレイの明るさおよびコントラストを調整する方法の詳細については、ディスプレイに付属のマニュアルを確認するか、製造元の Web サイトを参照してください。

自動輝度調整を使用して明るさを自動調整する

Windows の機能の 1 つである自動輝度調整は、光センサーを使用してディスプレイの輝度を自動調整し、画面の明るさを周囲の明るさに合わせます。自動輝度調整を使用するには、光センサーがコンピューターにインストールされ、有効になっている必要があります。

コンピューターのモニターまたはノート型 コンピューターのディスプレイが自動輝度調整をサポートしているかどうかを確認するには、以下で説明する電源オプションの [自動輝度調整を有効にする] の設定を確認するか、コンピューターに付属のマニュアルの説明を確認してください。

自動輝度調整を有効または無効にするには

  1. [電源オプション] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[電源オプション] の順にクリックします。

  2. いずれかの電源プランで、[プラン設定の変更] をクリックします。

  3. [詳細な電源設定の変更] をクリックします。

  4. 一覧で、[ディスプレイ]、[自動輝度調整を有効にする] の順に展開します。

  5. コンピューターがバッテリ電源で動作している場合の自動輝度調整を有効または無効にするには、[バッテリ駆動] をクリックし、一覧で [オン] または [オフ] をクリックします。

  6. コンピューターが電源に接続されている場合の自動輝度調整を有効または無効にするには、[電源に接続] をクリックし、一覧で [オン] または [オフ] をクリックします。

  7. [適用] をクリックします。[OK] をクリックします。

  • Windows 7 のエディションによっては、自動輝度調整機能を使用できない場合があります。