拡張起動オプション (セーフ モードなど)


[詳細ブート オプション] 画面を使用すると、詳細なトラブルシューティング モードで Windows を起動できます。このメニューにアクセスするには、コンピューターの電源をオンにし、Windows が起動する前に F8 キーを押します。

セーフ モードなど一部のオプションでは、制限された状態で Windows が起動されます。この状態では、最低限必要なものだけが起動されます。セーフ モードで起動して、問題が再現しなければ、既定の設定と、基本的なデバイス ドライバーおよびサービスを、可能性のある原因から除外できます。他の各オプションでは、システム管理者や IT プロフェッショナル用の拡張機能を使用して Windows が起動されます。詳細については、IT プロフェッショナル向けの Microsoft Web サイト (英語の可能性あり) を参照してください。

すべて表示

コンピューターの修復

スタートアップの問題の修復、診断の実行、またはシステムの復元に使用できるシステム回復ツールの一覧を表示します。このオプションは、ツールがコンピューターのハード ディスクにインストールされている場合にのみ利用できます。Windows インストール ディスクを持っている場合は、システム回復ツールはインストール ディスクに格納されています。詳細については、「スタートアップ修復: よく寄せられる質問」を参照してください。

セーフ モード

ドライバーとサービスの最小のセットで、Windows を起動します。詳細については、「セーフ モードとは」を参照してください。

セーフ モードとネットワーク

セーフ モードで Windows を起動し、ネットワーク上の他のコンピューターまたはインターネットへのアクセスに必要なネットワーク ドライバーとサービスを含めます。

セーフ モードとコマンド プロンプト

セーフ モードで Windows を起動し、通常の Windows インターフェイスの代わりにコマンド プロンプト ウィンドウを表示します。このオプションは、IT プロフェッショナルと管理者用です。

ブートのログ作成を有効にする

スタートアップ中にインストールされたドライバーをすべて一覧表示するファイル (ntbtlog.txt) を作成します。このファイルは、詳細なトラブルシューティングに利用できます。

低解像度でビデオを有効にする (640 × 480)

現在のビデオ ドライバーを使用し、低い解像度とリフレッシュ レート設定を使用して、Windows を起動します。このモードを使用して、表示設定をリセットできます。詳細については、「画面の解像度を変更する」を参照してください。

前回正常起動時の構成 (詳細)

前回正常に動作したレジストリとドライバーの構成で、Windows を起動します。詳細については、「前回正常起動時の構成を使用する」を参照してください。

ディレクトリ サービス復元モード

Active Directory を実行しているWindowsドメイン コントローラーを起動して、ディレクトリ サービスを復元できるようにします。このオプションは、IT プロフェッショナルと管理者用です。

デバッグ モード

IT プロフェッショナルとシステム管理者用の詳細なトラブルシューティング モードで Windows を起動します。

システム障害時の自動的な再起動を無効にする

エラーにより Windows に障害が生じた場合、Windows が自動的に再起動しないようにします。このオプションは、Windows に障害が起き、再起動を試み、再び障害が繰り返し生じるというループに Windows が入った場合にのみ選択します。

ドライバー署名の強制を無効にする

不適切な署名が含まれているドライバーのインストールを許可します。

Windows を通常起動する

通常モードで Windows を起動します。