Windows Media Player での CD と DVD の書き込み: よく寄せられる質問


Windows Media Player を使用して、コンピューター上の音楽、画像、およびビデオを、空の CD または DVD にコピーできます。 この操作のことを、書き込みと呼びます。

Windows Media Player の画像
Windows Media Player での CD への書き込み

メディア ファイルをディスクに書き込むのに、Windows Media Player を使用するのには、いくつかの理由があります。たとえば、長旅を計画している場合、テンポのいい曲をライブラリからいくつか選んで、オーディオ CD に書き込み、自動車で再生できます。 書き込む曲は、CD コレクションから以前に取り込んだお気に入りから選ぶことも、オンライン ストアで購入した曲から選ぶこともできます。

Player ライブラリの詳細については、「Windows Media Player の概要」参照してください。

以下のセクションでは、Windows Media Player で作成できるディスクの種類、必要な機器とメディア、およびさまざまな種類のディスクに書き込むための具体的な手順について説明します。

すべて表示

書き込むことのできるディスクの種類

Windows Media Player には、3 種類のディスクに書き込むオプションがあります。 オーディオ CD、データ CD、およびデータ DVD です。 使用できるディスクの種類は、コピーする対象 (音楽、ビデオ、画像の組み合わせなのか、音楽のみなのか)、コピーする量 (アルバムは 1 枚なのか複数なのか)、ディスクを再生するデバイスの種類 (コンピューターなのか、車載用の CD プレーヤーなのか) によって異なります。

ディスクの種類 説明
ディスクの種類

オーディオ CD

説明

自動車または自宅のステレオ機器で再生できる独自の音楽 CD を作成する場合に最適です。

  • 内容: 音楽のみ

  • 容量: 最大 80 分

  • 再生デバイス: ほぼすべての CD プレーヤー (ホーム ステレオ、カー ステレオ、コンピューターに搭載されているものなど)

ディスクの種類

データ CD

説明

たくさんの音楽ファイルがあり、Windows Media オーディオ (WMA) ファイル (Player ライブラリ内の大多数の音楽ファイルの形式) を再生できる車載用の CD プレーヤーを利用する場合に適しています。 また、メディア ファイルのバックアップ用途にも便利です。

  • 内容: 音楽、画像、およびビデオ

  • 容量: 約 700 MB (およそ 8 時間分の音楽)

  • 再生デバイス: コンピューター、および一部の CD プレーヤーと DVD プレーヤー。 デバイスは、ディスクに追加するファイル形式 (WMA、MP3、JPEG、Windows Media ビデオ (WMV) など) に対応している必要があります。

ディスクの種類

データ DVD

説明

特に、ファイルの容量が大きすぎて 1 枚のデータ CD に収まりきらない場合などに、大容量を格納できるこの種類のディスクを使用します。用途はデータ CD の場合と同じです。

  • 内容: 音楽、画像、およびビデオ

  • 容量: 約 4.7 GB (およそ 54 時間分の音楽)

  • 再生デバイス: コンピューター、および一部の DVD プレーヤー。 デバイスは、ディスクに追加するファイル形式 (WMA、MP3、JPEG、WMV など) に対応している必要があります。

必要なもの

書き込みを行うには、下記のものが必要です。

  • CD または DVD レコーダー ドライブ (CD または DVD 書き込み用ドライブ)。

    最近では、ほぼすべてのコンピューターに、オーディオ CD とデータ CD の書き込みが可能な CD 書き込み用ドライブが搭載されています。 また、オーディオ CD、データ CD、およびデータ DVD の書き込みが可能な、CD/DVD コンボ ドライブが搭載されたコンピューターもあります。

    搭載されている書き込み用ドライブの種類がわからない場合は、コンピューターに付属のマニュアルを参照してください。

  • 空の CD または DVD。

    必要となる空のディスクの種類は、どの種類の書き込み用ドライブがあり、どの種類のディスクを作成するのかによって決まります。

    オーディオ CD の場合は、CD-R 形式が最適です。比較的安く、最も多くの種類の再生デバイスと互換性があります。

    データ CD の場合は、通常は CD-R で十分です。 ただし、後でディスクの内容を消去して新しいファイルを追加したい場合は、CD-RW を選択します。 一般に、空の CD-RW ディスクは空の CD-R ディスクより高価です。また、CD プレーヤーによっては CD-RW ディスクを再生できないものがあるので注意が必要です。

    データ DVD の場合は、ディスクにファイルを一度しか追加しないのであれば、DVD-R または DVD+R を選択します。 ただし、後でディスクの内容を消去して新しいファイルを追加したい場合は、DVD-RW または DVD+RW を選択します。 DVD 書き込み用ドライブには、こうした空のディスクの種類をすべてサポートするものと、特定の種類しかサポートしないものがあるので注意が必要です。 詳細については、コンピューターに付属のマニュアルを参照してください。

このビデオでは、 CD または DVD に書き込む方法について説明しています (2:07)

オーディオ CD への書き込み

ほぼすべての CD プレーヤーで再生できる標準の音楽 CD を作成する場合は、オーディオ CD を選択します。

Windows Media Player では、オーディオ CD への書き込みの際、書き込みリストにある WMA ファイルと MP3 ファイルの一時コピーが作成され、それらのコピーが別の形式 (PCM) に変換された後、変換後のコピーがディスクに保存されます。オーディオ CD への書き込みの方法は、次のとおりです。

  1. [スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[すべてのプログラム]、[Windows Media Player] の順にクリックします。
    Windows Media Player を現在プレイ ビュー モードで開いている場合は、右上隅にある [ライブラリに切り替え] ボタン [ライブラリに切り替え] ボタンの画像 をクリックします。
  2. Player ライブラリで、[書き込み] タブをクリックし、[書き込みオプション] ボタン [オプション] ボタンの画像 をクリックして、[オーディオ CD] をクリックします (既定の選択肢です)。
  3. 空の CD-R ディスクを CD 書き込み用ドライブに挿入します。

    [自動再生] ダイアログ ボックスが表示された場合は、ダイアログを閉じます。

    コンピューターに CD ドライブが複数ある場合は、使用するドライブをナビゲーション ウィンドウでクリックします。

  4. 必要に応じて、[リストの消去] ボタンをクリックし、前の書き込みリストから項目をすべて削除します。

  5. Player ライブラリで、オーディオ CD に書き込む項目を検索します。

    たとえば、特定のアルバムを検索したり、個別の曲を参照したり、再生リストを探したりできます。

  6. 書き込みリストを作成するには、詳細ウィンドウ (Player ライブラリの中央のウィンドウ) からリスト ウィンドウ領域 (Player ライブラリの右側のウィンドウ) に、項目をドラッグします。

  7. 書き込みリスト内の曲の順序を変更する場合は、リスト内で曲を上または下にドラッグします。

  8. 書き込みリストから曲を削除する場合は、曲を右クリックし、[リストから削除] をクリックします。

    ヒント

    • 書き込みリストから項目を削除しても、Player ライブラリやコンピューターからは削除されないのでご安心ください。

  9. リストの作成を終えたら、[書き込みの開始] をクリックします。

    ディスクの書き込みは、完了するまで数分かかる場合があります。

    1 枚のオーディオ CD の容量よりも多くの曲が書き込みリストにある場合は、残りの項目を 2 枚目の空の CD に書き込むことができます。

  • Windows Media Player では CD-Text 規格はサポートされていません。したがって、書き込み先のオーディオ CD には、元の WMA ファイルまたは MP3 ファイルのメディア情報は書き込まれません。 そのため、複数のアルバムの曲を含むオーディオ CD を書き込み、その CD を別のコンピューターで再生しようとした場合に、そのコンピューターでディスク上の曲名を自動的に表示できないことがあります。

データ CD またはデータ DVD への書き込み

オーディオ CD には約 80 分の音楽しか収録できません。数時間分の音楽を収録できるディスクを作成する場合は、データ CD またはデータ DVD を選択します。 画像ファイルやビデオ ファイルをデータ ディスクに追加することもできます。

オーディオ CD への書き込みとは異なり、Windows Media Player によるデータ ディスクへの書き込みでは、ディスクに保存される前にファイルが別の形式に変換されることはありません。ファイルは圧縮された状態で保存されるので、より多くの項目をディスクに収録できます。また、形式の変換による品質の低下はなく、ファイルのメディア情報もすべて保持されます。

ただし、データ CD またはデータ DVD への書き込みには、オーディオ CD への書き込みと比べて不便な点が 1 つあります。 それは、データ CD またはデータ DVD の再生に使用する CD プレーヤーまたは DVD プレーヤーは、ディスクに書き込まれたファイル形式を再生できる必要がある、ということです。たとえば、曲がすべて WMA 形式で、車載用の CD プレーヤーが MP3 ファイルしかサポートしていないとします。その場合は、別のプログラムを使って曲を MP3 形式に変換し、変換したファイルを Player ライブラリに追加します。その後、Windows Media Player を使用してそれらのファイルをデータ CD に書き込む必要があります。

  1. [スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[すべてのプログラム]、[Windows Media Player] の順にクリックします。
    Windows Media Player を現在プレイ ビュー モードで開いている場合は、右上隅にある [ライブラリに切り替え] ボタン [ライブラリに切り替え] ボタンの画像 をクリックします。
  2. Player ライブラリで、[書き込み] タブをクリックし、[書き込みオプション] ボタン [オプション] ボタンの画像 をクリックして、[データ CD または DVD] をクリックします。
  3. 空のディスクを CD または DVD 書き込み用ドライブに挿入します。

    [自動再生] ダイアログ ボックスが表示された場合は、ダイアログを閉じます。

    コンピューターに CD または DVD ドライブが複数ある場合は、使用するドライブをナビゲーション ウィンドウでクリックします。

  4. 必要に応じて、[リストの消去] ボタンをクリックし、前の書き込みリストから項目をすべて削除します。

  5. Player ライブラリで、ディスクにコピーする項目を検索します。

    たとえば、特定のアルバムを検索したり、さまざまなアルバムから個々の曲を参照したり、以前に作成した再生リストを探したりできます。

  6. 書き込みリストを作成するには、詳細ウィンドウ (Player ライブラリの中央のウィンドウ) からリスト ウィンドウ領域 (Player ライブラリの右側のウィンドウ) に、項目をドラッグします。

  7. 書き込みリスト内の項目の位置を変更する場合は、リスト内で項目を上または下にドラッグします。

  8. 書き込みリストから項目を削除する場合は、項目を右クリックし、[リストから削除] をクリックします。

    ヒント

    • 書き込みリストから項目を削除しても、Player ライブラリやコンピューターからは削除されないのでご安心ください。

  9. リストの作成を終えたら、[書き込みの開始] をクリックします。

    ディスクの書き込みは、完了するまで数分かかる場合があります。

    書き込みリストの項目が多く、1 枚分のディスク容量に収まりきらない場合は、残りの項目を 2 枚目のディスクに書き込むこともできます。

  • データ DVD は、DVD-Video ディスク (映画のレンタル用の DVD など) とは異なります。

  • 著作権物の承認されていない使用または複製は、米国およびその他の国々/地域で著作権法に違反する可能性があります。 著作権物には、サウンドと音楽 (MP3 でエンコードした場合も含む) の他に、ソフトウェア、ドキュメント、グラフィックス、歌詞、写真、クリップアート、アニメーション、映画およびビデオのクリップなどが含まれます。 米国の著作権法および万国著作権法に対する違反には、重い民事罰あるいは刑事罰が科せられる可能性があります。



もっと詳しく