証明書のエラーについて


ここでは、証明書のエラーに関してよく寄せられる質問に対する回答を示します。

すべて表示

なぜ証明書のエラーが発生するのですか。

証明書のエラーは、証明書またはサーバーの証明書の使用に問題がある場合に発生します。Internet Explorer では、証明書のエラーについて警告することによって、情報をより安全に維持することができます。

証明書のエラーがあるかどうかはどのようにして判断できますか。

通常は、証明書の問題について警告するブロック ページが表示されます。エラーを無視して続行を選択すると、アドレス バーが赤に変わり、アドレス バーの横のセキュリティ ステータス バーにメッセージ [証明書のエラー] が表示されます。

証明書の警告が表示された Web サイトはアクセスできますか。

望ましい方法ではありませんが、証明書のエラーでブロックされたページで [このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)。] をクリックすれば、目的の Web サイトにアクセスできます。警告ページを無視して、エラーがある証明書を提示した Web サイトにアクセスすると、ブラウザーを開いている間、Internet Explorer はその証明書を記憶しています。そのサイトに戻れるだけでなく、Internet Explorer を再起動するまでは、その証明書に対して新たな警告が表示されることはありません。ただし、アドレス バーは赤いままであり、メッセージ [証明書のエラー] がセキュリティ ステータス バーに表示されています。

証明書のチェック機能はオフにできますか。

Internet Explorer の証明書チェック機能はオフにできません。引き続き証明書のエラーが表示される場合、訪問しているその Web サイトに証明書の問題があるためであって、Internet Explorer に問題があるわけではありません。

いつもアクセスする Web サイトでエラーが発生しました。どうすればよいですか。

以前にアクセスしたときはエラーが発生しなかった Web サイトで証明書エラーが発生した場合は、その Web サイトが正しく構成されていない可能性があります。使用しているアドレスを再入力してみてください。たとえば、https://example.com とアドレスを入力する場合は、https://www.example.com に変えて入力してみてください。

あるいは、Web サイトの証明書の有効期限が切れており、引き続きその証明書を使用するには、所有者またはオペレーターが証明書機関に確認の上、証明書を更新しなければならない可能性もあります。これは Web サイトに関する問題であり、Internet Explorer では修正できません。以前アクセスしたときに問題がなかった Web サイトでエラーが発生した場合は、その Web サイトか Web マスターに連絡して問題を報告してください。

証明書の警告を無視して、Web サイトを使用し続けても安全ですか。

Web サイトの証明書は Web サーバーの ID を提供します。証明書にエラーがある場合、接続が傍受されているか、Web サーバーが ID を間違って表示していることを示していることがあります。

証明書の有効期限が過ぎるとどうなりますか。期限切れの証明書で Web サイトにアクセスしても問題はありませんか。

証明書が期限切れだということは、証明書機関がその証明書の整合性に関する報告を行っていないことを意味します。期限切れの証明書は、盗まれて悪意がある Web サイトに利用されるおそれがあります。

さまざまな証明書のエラーには、どのような意味がありますか。

次の表は、一般的な証明書のエラーとその意味についてまとめています。

エラー メッセージ
説明

この Web サイトのセキュリティ証明書は失効しています。

この Web サイトを信頼しないでください。このエラー メッセージは、セキュリティ証明書が Web サイトによって不正に取得されるか、使用されたことを示している場合があります。 証明書で指定された暗号化キーの情報が漏洩しているか、証明書に一覧表示されているユーザーがそれを使用する権限を持っていない可能性があります (たとえば、企業が売却されたなど)。証明書を発行した証明機関は、失効した証明書の一覧を維持しており、その一覧が Internet Explorer によって確認されます。

この Web サイトのアドレスは、セキュリティ証明書のアドレスと一致しません。

このエラーは、Web サイトが別の Web アドレスに対して発行されたデジタル証明書を使用していることを示しています。このエラーは、企業が複数の Web サイトを所有し、別のサイト (たとえば、別の部門や部署) の Web アドレスの 1 つに対して発行された証明書を使用している場合にも発生する可能性があります。このエラーは、そのサイトが実際に証明書の Web サイトと関係があると確信できる場合にのみ無視できます。

この Web サイトのセキュリティ証明書は有効期限が切れています。

このエラーは、現在の日付が証明書が有効な期間の前または後である場合に発生します。現時点で有効にするには、Web サイトが証明機関によって証明書を更新する必要があります。古くなった証明書には、セキュリティ上のリスクがある可能性があります。証明書を発行した証明機関は、証明書の有効期限が切れた後は、証明書が不正に使用されないことを保証していません。

この Web サイトのセキュリティ証明書は信頼できる提供元から発行されていません。

このエラーは、証明書が Internet Explorer で認識されない証明機関によって発行されている場合に発生します。合法的なビジネスまたはバンキングのサイトでこのエラーが発生することはあまりありません。偽造の証明書を使用しようとしているフィッシング サイトでこのエラーが発生する場合があります。

Internet Explorer がこの Web サイトのセキュリティ証明書で問題を検出しました。

このエラーは、Internet Explorer がその他のエラー状態に匹敵しないセキュリティ証明書の問題を検出した場合に発生します。このエラーは、証明書が壊れている、改ざんされている、不明な形式で記述されている、解読できないなどの場合に発生する可能性があります。証明書にこのエラーが発生した場合は、サイトの ID を信用しないでください。