Internet Explorer のセキュリティ設定を変更する


Internet Explorer の [セキュリティ] タブでは、コンピューターを有害なまたは悪意のあるオンライン コンテンツから保護するのに役立つオプションを設定したり変更したりできます。

すべて表示

Internet Explorer のセキュリティ設定を表示するにはどうしたらよいですか?

Internet Explorer のセキュリティ設定を初めて行う場合、次の手順に従って設定を表示します。

Internet Explorer のセキュリティ設定を表示するには

  1. Internet Explorer を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、検索ボックスに「Internet Explorer」と入力して、結果の一覧の [Internet Explorer] をクリックします。

  2. [ツール] ボタン、[インターネット オプション] の順にクリックします。

  3. [セキュリティ] タブをクリックします。

セキュリティ ゾーンとは何ですか。

Internet Explorer は、すべての Web サイトを、インターネット、ローカル イントラネット、信頼済みサイト、または制限付きサイトのいずれかのセキュリティ ゾーンに割り当てます。Web サイトが割り当てられるゾーンにより、そのサイトに適用されるセキュリティ設定が決まります。

次の表では、これらの 4 つの Internet Explorer セキュリティ ゾーンについて説明しています。

ゾーン
説明

インターネット

インターネット ゾーンに設定されたセキュリティ レベルは、すべての Web サイトに既定で適用されます。このゾーンのセキュリティ レベルは [中-高] に設定されています ([中] や [高] に変更可能)。このセキュリティ設定が適用されない Web サイトは、ローカル イントラネット ゾーンのサイトや、ユーザーが信頼済みサイト ゾーンまたは制限付きサイト ゾーンに個別に登録したサイトです。

ローカル イントラネット

ローカル イントラネット ゾーンに設定されたセキュリティ レベルは、企業ネットワークまたはビジネス ネットワーク上に格納された Web サイトやコンテンツに適用されます。ローカル イントラネット ゾーンのセキュリティ レベルは [中] に設定されています (任意のレベルに変更可能)。

信頼済みサイト

信頼済みサイトに設定されたセキュリティ レベルは、ユーザーのコンピューターや情報に害を与えないことを信頼できるものとして、個別に指定したサイトに適用されます。信頼済みサイトのセキュリティ レベルは [中] に設定されています (任意のレベルに変更可能)。

制限付きサイト

制限付きサイトに設定されたセキュリティ レベルは、ユーザーのコンピューターや情報に害を与える可能性のあるサイトに適用されます。制限付きゾーンに追加されたサイトはブロックはされませんが、これらのサイトではスクリプトやアクティブ コンテンツを使用できません。制限付きサイトのセキュリティ レベルは [高] に設定されており、変更できません。

  • 既定のセキュリティ レベルに加えて、[レベルのカスタマイズ] ボタンをクリックして個別のセキュリティ設定をカスタマイズすることもできます。

  • セキュリティの詳細については、「Internet Explorer のセキュリティとプライバシーの機能」を参照してください。

Web サイトをセキュリティ ゾーンに追加するにはどうすればいいですか。

Web サイトのセキュリティ ゾーンへの追加またはセキュリティ ゾーンからの削除については、「セキュリティ ゾーン : Web サイトを追加または削除する」を参照してください。

このタブでプライバシー設定を変更できますか。

いいえ。プライバシーと Cookie の設定は [プライバシー] タブで変更できます。



もっと詳しく