モニターで最高の表示を得る


画面の解像度、リフレッシュ レート、色などのディスプレイの設定は、Windows によって、お使いのモニターに最適な値が自動的に選択されます。これらの設定は、LCD モニターを使用しているか CRT モニターを使用しているかによって異なります。ディスプレイの設定を調整したり、変更したこれらの設定を既定の設定に戻す場合は、次の推奨事項に従ってください。

LCD モニターは、フラットパネル ディスプレイとも呼ばれ、ほとんどの CRT モニターに取って代わりました。CRT モニターは重いガラス管が入っていて場所を取りますが、LCD モニターは CRT に比べてはるかに軽量で薄型です。また、LCD モニターにはワイドスクリーン画面や標準幅画面など、さまざまな形とサイズがあります。幅と高さの比率は、ワイドスクリーン モデルで 16:9 または 16:10、標準幅モデルで 4:3 です。ノート PC では、フラットパネル ディスプレイも使用されます。

LCD モニターと CRT モニターの画像
LCD モニターは、旧式の CRT モニターに比べてかなり薄型で、軽量です。

LCD モニターと CRT モニターではいずれも、一般的に画面の表示設定の DPI (1 インチあたりのドット数) が高いほど、フォントがきれいに見えます。DPI を高くすると、画面の解像度は高くなります。使用する解像度は、モニターがサポートする解像度によって異なります。1900 x 1200 ピクセルといった高い解像度では、画面上の要素がより鮮明に表示されます。また、それぞれの要素が小さく表示されるため、画面上に収まる要素の数が増えます。800 x 600 ピクセルといった低い解像度では、画面上に収まる要素の数が少なくなりますが、それぞれの要素が大きく表示されます。

Windows では、モニターを最適な解像度に設定したまま画面上のテキストやその他の要素のサイズを大きくしたり、小さくしたりできます。詳細については、「画面上のテキストを大きくまたは小さくする」を参照してください。

最適な LCD モニターの表示設定

LCD モニターを使用している場合は、画面の解像度を確認することで、画面上の画像の鮮明さを判断できます。LCD モニターは、ネイティブの解像度 (モニターのサイズに基づく最適な表示を実現するための解像度) に設定することをお勧めします。モニターのネイティブの解像度を確認するには、[コントロール パネル] でディスプレイの設定を確認します。

  1. [画面の解像度] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックし、[デスクトップのカスタマイズ] の [画面の解像度の調整] をクリックします。

  2. [解像度] の横にあるドロップダウン リストをクリックします。"(推奨)" と記されている解像度を確認します。この解像度が LCD モニターのネイティブの解像度で、通常、モニターがサポートできる最高の解像度です。

また、モニターの製造元または再販業者に問い合わせて、LCD モニターのネイティブの解像度を確認することもできます。なお、CRT モニターではネイティブの解像度というものがありません。

[画面の解像度] の解像度オプションの画像
コントロール パネルの [画面の解像度] には、使用しているモニターの推奨解像度が表示されます。

ネイティブの解像度に設定されている LCD モニターでは、通常、CRT モニターよりもテキストが鮮明に表示されます。LCD モニターは、技術的にはネイティブの解像度よりも低い解像度をサポートすることもできます。ただしそのような設定にすると、テキストの表示が鮮明でなくなったり、画像が小さく画面の中央に表示され。周囲が真っ暗になったり、引き伸ばされて表示されることがあります。詳細については、「画面の解像度を変更する」を参照してください。

ほとんどの場合、スタンドアロンのモニターはノート PC の画面に比べてサイズが大きいので、一般的にノート PC よりも高い解像度をサポートします。

LCD モニター サイズに基づく解像度

モニター サイズ 推奨される解像度 (ピクセル単位)
モニター サイズ

19 インチ標準比 LCD モニター

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1280 × 1024

モニター サイズ

20 インチ標準比 LCD モニター

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1600 × 1200

モニター サイズ

20 インチおよび 22 インチ ワイドスクリーン LCD モニター

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1680 × 1050

モニター サイズ

24 インチ ワイドスクリーン LCD モニター

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1920 × 1200

ノート PC の画面サイズ 推奨される解像度 (ピクセル単位)
ノート PC の画面サイズ

13 ~ 15 インチ標準比ノート PC 画面

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1400 × 1050

ノート PC の画面サイズ

13 ~ 15 インチ ワイドスクリーン ラノート PC 画面

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1280 × 800

ノート PC の画面サイズ

17 インチ ワイドスクリーン ノート PC 画面

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1680 × 1050

LCD モニターの色を設定する

LCD モニターで最適な色合いになるようにするには、必ず 32 ビット カラーに設定します。これは色の深度を表す値で、画像の 1 ピクセルあたりに割り当てることができる色の値の数を示します。色の深度の範囲は 1 ビット (白黒) ~ 32 ビット (1,670 万色以上) です。詳細については、「色の管理設定を変更する」を参照してください。

  1. [画面の解像度] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックし、[デスクトップのカスタマイズ] の [画面の解像度の調整] をクリックします。

  2. [詳細設定]、[モニター] タブの順にクリックします。

  3. [画面の色] で、[True Color (32 ビット)] を選択し、[OK] をクリックします。

最適な CRT モニターの表示設定

CRT モニターの場合は、画面の解像度を、32 ビット カラーを表示できる最高の解像度に変更し、リフレッシュ レートを 72 Hz 以上に変更することが重要です。詳細については、「画面の解像度を変更する」を参照してください。

画面がちらつく場合や、画面を見ることが不快に感じられる場合は、見やすくなるまでリフレッシュ レートを上げます。リフレッシュ レートが高いほど、ちらつきが起こりにくくなります。LCD モニターではちらつきは起こらないため、リフレッシュ レートを高く設定する必要はありません。詳細については、「モニターのちらつき (リフレッシュ レート) を調整する」を参照してください。

CRT モニターのサイズに基づいた解像度

モニター サイズ 推奨される解像度 (ピクセル単位)
モニター サイズ

15 インチの CRT モニター

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1024 × 768

モニター サイズ

17 ~ 19 インチの CRT モニター

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1280 × 1024

モニター サイズ

20 インチ以上の CRT モニター

推奨される解像度 (ピクセル単位)

1600 × 1200

  • LCD モニターとは異なり、一般的に CRT モニターにはワイドスクリーン サイズがありません。ほぼすべての CRT モニターの画面比は標準の 4:3 であり、解像度は幅と高さの比率と同じ 4:3 です。

CRT モニターの色を設定する

Windows の色とテーマは、32 ビット カラーに設定されたモニターで最適に表示されます。モニターを 24 ビット カラーに設定できますが、一部の視覚効果は表示されません。モニターを 16 ビット カラーに設定すると、滑らかに表示される必要がある画像が正しく表示されない場合があります。

  1. [画面の解像度] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックし、[デスクトップのカスタマイズ] の [画面の解像度の調整] をクリックします。

  2. [詳細設定]、[モニター] タブの順にクリックします。

  3. [画面の色] で、[True Color (32 ビット)] を選択し、[OK] をクリックします。32 ビットを選択できない場合は、解像度が最大になっていることを確認してからもう一度やり直してください。

すべて表示

色の管理

Windows では、高度な色の管理も行うことができます。色の管理システムによって、出力先を問わず (モニターやプリンターなどのデバイスでは特に)、カラー コンテンツをできる限り正確に再現できるようにします。詳細については、「色の管理設定を変更する」を参照してください。

ディスプレイを調整する

ディスプレイ調整ソフトウェアを使用すると、色が画面上で正確に再現されているかどうかを確認できます。コンピューターに別のソフトウェア プロバイダーのディスプレイ調整ソフトウェアが既にインストールされている場合は、そのソフトウェアを使用してディスプレイを調整できます。ディスプレイ調整デバイスには通常、調整ソフトウェアが付属しており、これを使って画面の色を最適な状態に調整することができます。

また、Windows にもディスプレイを調整するための機能が含まれています。詳細については、「ディスプレイを調整する」を参照してください。

明るさとコントラストを設定する

外付けディスプレイの明るさとコントラストは、Windows からではなく、モニターのコントロールで設定します。ほとんどの CRT モニターと LCD モニターでは正面にボタンやその他のコントロールがあり、これらを使って明るさとコントラストを制御できます。一部のモニターでは画面上に設定メニューを開き、このメニューで明るさとコントラストを調整できます。これらのコントロールの調整方法が不明な場合は、モニターのマニュアルまたは製造元の Web サイトを参照してください。詳細については、「モニターの明るさとコントラストを調整する」を参照してください。

ノート PC の画面の明るさの調整はほとんどの場合、Windows で行うことができます。ノート PC を使用している場合は、[電源オプション] で明るさを調整できます。詳細については、「電源プラン (設定) を作成、変更、または削除する」を参照してください。

テキストの外観を向上させる

Windows には ClearType というテクノロジが含まれており、既定で有効になっています。ClearType を使用すると、モニターでコンピューター フォントが可能な限り鮮明かつ滑らかに表示され、目の負担が軽減されて長時間読みやすいテキストになります。フラットパネル ディスプレイ、ノート PC、小型携帯デバイスなどの LCD デバイスを使用している場合は特に有効です。

モニターのテキストがぼやけて表示される場合は、特に、なんらかの原因によって ClearType が無効になっていないか確認してください。特定のモニターを使って最適に表示されるよう、ClearType をセットアップすることもできます。両方のタスクを実行する手順については、「ClearType を使用してテキストを読みやすくする」を参照してください。