電子メールは、他のユーザーと通信する便利ですばやい方法です。電子メールは次の場合に使用できます。

  • テキスト メッセージを送受信する。電子メール アドレスを使用すると、だれにでも電子メール メッセージを送信できます。メッセージは、受信者が隣に住んでいるか地球の裏側に住んでいるかに応じて、数秒または数分内に受信者の電子メールの受信トレイに届きます。

    電子メールは双方向です。電子メール アドレスを知っている人物からメッセージを受け取ってそれを読み、それらのメッセージに返信することができます。

  • ファイルを送受信する。テキストだけでなく、ドキュメント、画像、音楽など、ほとんどすべての種類のファイルを電子メール メッセージで送信できます。電子メール メッセージで送信するファイルは添付ファイルと呼ばれます。

  • 複数の人にメッセージを送信する。電子メール メッセージは、多数の人物に同時に送信できます。受信者はグループ全体に返信できるため、グループで会議ができます。

  • メッセージを転送する。電子メール メッセージを受け取った場合、入力し直すことなく他者に転送できます。

電話や通常の郵便に優る電子メールの利点は、その便利さにあります。メッセージは昼夜を問わずいつでも送信できます。受信者がコンピュータの前にいなかったり、オンライン (インターネットへの接続中) でなくても、メッセージを送信すると、メッセージは受信者が電子メールを次にチェックするまで待機します。オンラインの場合は、数分以内に返信を受け取る場合もあります。

さらに、電子メールは無料です。通常の手紙と違い、受信者がどこに住んでいても切手や料金は必要ありません。唯一の料金は、インターネット接続のための料金だけです。

電子メールを使用するための準備

電子メールを使用するためには、3 つのものが必要です。

  • インターネット接続。コンピュータをインターネットに接続するには、まず、インターネット サービス プロバイダ (ISP) と契約する必要があります。ISP によって、通常は月極の料金でインターネットへのアクセスが可能になります。モデムも必要です。「インターネットへの接続方法」を参照してください。

  • 電子メール プログラムまたは Web ベース サービス。 Windows に含まれている電子メール プログラムである Windows メールを使用できます。コンピュータにインストールすれば、その他の電子メール プログラムも使用できます。

    必要に応じて、代わりに Gmail、MSN Hotmail、または Yahoo! Mail などの無料の Web ベースの電子メール サービスにサインアップすることもできます。これらのサービスでは、インターネットに接続した任意のコンピュータから Web ブラウザを使用して電子メールをチェックできます。

  • 電子メール アドレス。サインアップ時に ISP または Web ベースの電子メール サービスから電子メールを取得します。電子メール アドレスは、ユーザー名 (選択したニックネーム、必ずしも本名でなくても構いません)、@ 記号、ISP または Web ベースの電子メール プロバイダの名前で構成されています。たとえば、someone@example.com などです。

Windows メールのセットアップ

電子メール アドレスとインターネット接続があれば、電子メールを送受信する準備ができています。Windows メールで電子メールを使用するには、まず、電子メール アカウントをセットアップする必要があります。アカウントを追加する前に、ISP からいくつかの情報を取得する必要があります。電子メール アドレス、パスワード、受信および送信電子メール サーバーの名前、その他の詳細などです。「どこで電子メールのアカウント情報を取得するか」を参照してください。

Windows メールで電子メール アカウントを追加するには

  1. [Windows メール] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[すべてのプログラム]、[Windows メール] の順にクリックします。

  2. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。

  3. [追加]、[電子メール アカウント]、[次へ] の順にクリックして、画面の指示に従います。

セットアップ中に、表示名を指定するよう求められます。これは、電子メールを受け取った場合に受信者に表示される名前です。

電子メール メッセージの受信

Windows メールは、プログラムの起動時とその後 30 分ごとに電子メールを受信していないかどうかをチェックします(この間隔を変更する方法については、「新しい電子メールをチェックする」を参照してください)。受信した電子メールは受信トレイに表示されます。受信トレイは電子メールを格納している複数のフォルダの 1 つです。

受信した電子メールの一覧を表示するには、[フォルダ] 一覧の [受信トレイ] をクリックします。メッセージ一覧に電子メール メッセージが表示されます。一覧には、電子メールの差出人、件名、受信日時が表示されます。

メッセージを読むには、メッセージ一覧で目的のメッセージをクリックします。メッセージの内容が、メッセージ一覧の下のプレビュー ウィンドウに表示されます。新しくウィンドウを開いてメッセージの内容を表示するには、メッセージの一覧で目的のメッセージをダブルクリックします。

フォルダ一覧、メッセージ一覧、およびプレビュー ウィンドウが表示された Windows Mail の画像
電子メール メッセージを表示するために [受信トレイ] をクリック

メッセージに返信するには、[返信] ボタンをクリックします。返信の記述と送信方法については、この記事の「電子メール メッセージの作成および送信」を参照してください。

Windows メールで電子メール メッセージを表示する」も参照してください。

電子メール メッセージの作成および送信

Windows メールで新しい電子メール メッセージを作成するには、[メールの作成] ボタンをクリックします。新しいメッセージ ウィンドウが開きます。

サンプルの電子メール メッセージの画像
電子メール メッセージの例

Windows メールとその他のほとんどの電子メール プログラムでメッセージ ウィンドウに入力する方法は以下のとおりです。

  1. [宛先] ボックスに、少なくとも 1 人の受信者の電子メール アドレスを入力します。複数の受信者にメッセージを送信する場合は、電子メール アドレスの間にセミコロン (;) を入力します。

    [Cc] ボックスに、二次的な受信者 (メッセージについて知っておく必要があるが、対応は必要ない人物) の電子メール アドレスを入力できます。これらの人物は、[宛先] ボックスの人物と同じメッセージを受信します。二次的な受信者がいない場合は、このボックスを空のままにします。

  2. [件名] ボックスにメッセージの件名を入力します。

  3. 広い空白領域に、メッセージを入力します。

    メッセージにファイルを添付するには、(メニュー バーのすぐ下にある) ツール バーの [メッセージにファイルを添付] ボタン [メッセージにファイルを添付] ボタンの画像 をクリックします。ファイルを探し、選択して、[開く] をクリックします。メッセージ ヘッダーの [添付] ボックスにファイル名が表示されます。
電子メール メッセージに添付されたファイルの画像
電子メール メッセージに添付されたファイル

これで完了です。メッセージを送信するには、[送信] ボタンをクリックします。インターネット経由で受信者に送信されます。

  • テキストのスタイル、フォント、サイズ、または色を変更するには、テキストを選択してから (メッセージ領域のすぐ上にある) 書式設定バーのボタンの 1 つをクリックします。

電子メール メッセージを作成する」も参照してください。

電子メールのエチケット

電話での会話や直接の対話のように、電子メール通信にも動作に関する特定の不文律があります。これらのルールは、電子メールのエチケットまたはネチケット ("インターネット" と "エチケット" の複合語) と呼ばれます。効果的な通信のために、次のガイドラインに従ってください。

  • ユーモアや感情に気を付ける。電子メールでは感情がうまく伝わりません。そのため受信者が差出人の意図を理解できない場合があります。皮肉なユーモアは、受信者がそれをそのまま受け取り、感情を害する場合があるため、特に危険です。感情を伝えるために、顔文字を使用することを検討してください (この記事の「顔文字の使用」を参照してください)。

  • 送信前に考える。 電子メール メッセージはすばやく入力して簡単に送ることができますが、安易になりすぎる場合もあります。メッセージの内容をよく考え、腹が立っているときに書くことは避けてください。メッセージを送信してしまうと、取り戻すことはできません。

  • 明確で簡潔な件名を使用する。 メッセージの内容を簡単にまとめます。大量の電子メールを受け取る受信者は、件名によってメッセージに優先順位をつける場合があります。

  • メッセージを短くする。 電子メール メッセージはどんな長さにもできますが、電子メール本来の目的は迅速な通信です。多くの受信者は、数段落以上の文章を読む時間と忍耐力を備えていません。

  • 大文字ばかり使用するのは避ける。 多くのユーザーは、すべて大文字で書かれた文章を "わめき声" のように感じ、不快感や攻撃性を読み取ります。

  • 繊細な情報や機密情報に気を付ける。 受信者は意図的にまたは誤って他者にメッセージを転送する可能性があります。

また、公的またはビジネスでの通信で、スペルや文法のミスは避けてください。ずさんな電子メールは、プロらしくない印象を与えます。送信する前にメッセージを校正し、電子メール プログラムにスペル チェッカーがある場合はそれを利用します。「Windows メール メッセージのスペルをチェックする」を参照してください。

顔文字の使用

テキストだけでは感情、意図、トーンを伝えることが難しいため、初期のインターネット ユーザーは顔文字を発明しました。これは、顔の表情を表す一連のキーボード文字です。たとえば、:) は、横向きにすると笑った顔に見えます。次に、顔文字の例をいくつか示します。

顔文字 意味
顔文字

:) または :-)

意味

笑顔、幸せ、冗談

顔文字

:( または :-(

意味

しかめっ面、悲しい

顔文字

;-)

意味

ウインク

顔文字

:-|

意味

無関心またはどっちつかず

顔文字

:-o

意味

驚きまたは心配

顔文字

:-x

意味

何も言わない

顔文字

:-p

意味

舌を出す (通常はふざけて)

顔文字

:-D

意味

笑っている

迷惑メールへの対処

通常の郵便で一方的な広告、チラシ、カタログを受け取るのと同じように、受信トレイに迷惑電子メール (スパムとも呼ばれます) が配信される場合もあります。迷惑メールには、広告、詐欺計画、ポルノ、または違法ではない迷惑サービスがあります。販売業者にとって迷惑メールを送信することはほとんどコストがかからないため、迷惑メールを大量に受け取ることは珍しいことではありません。

Windows メールには、受信したメッセージの内容を分析し、疑わしいメッセージを特別な迷惑メール フォルダに移動させる迷惑メール フィルタがあります。迷惑メール フォルダではいつでもメールを確認したり削除できます。迷惑メール メッセージがフィルタをすり抜けて受信トレイに入った場合は、その差出人からの今後のメッセージをすべて自動的に迷惑メール フォルダに移動するよう指定できます。「スパムおよびその他の不要な電子メールをブロックする」を参照してください。

迷惑メールを阻止するには

  • 電子メール アドレスが公にならないように注意します。ニュースグループや Web サイト、またはその他のインターネット上の公的な領域で実際の電子メール アドレスを公開するのは避けます。

  • Web サイトで電子メール アドレスを入力する前に、サイトのプライバシーに関する声明をチェックして、電子メール アドレスを他の会社に開示しないことを確認します。

  • 迷惑メール メッセージには返信しないでください。差出人が、この電子メール アドレスが有効であることを知り、他の会社に売る場合があります。そうなると、より多くの迷惑メールを受け取ることになります。