Windows Media Player の概要


Windows Media Player は、直感的で使いやすいインターフェイスを提供し、デジタル メディア ファイルの再生、デジタル メディア コレクションの整理、お気に入りの音楽の CD の書き込み、CD からの音楽の取り込み、ポータブル デバイスへのデジタル メディア ファイルの同期、およびオンライン ストアからのデジタル メディア コンテンツの購入を行うことができます。

Windows Media Player の開始

Windows Media Player を開始するには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックして、[Windows Media Player ] をクリックします。

メディアを楽しむ 2 つの方法: Player ライブラリとプレイ ビュー モード

Windows Media Player では、Player ライブラリとプレイ ビュー モードの 2 つのモードを切り替えることができます。Player ライブラリでは、Windows Media Player の数多くの機能を総合的に制御できます。プレイ ビュー モードでは、再生に最も適したシンプルな画面でメディアを再生できます。

Player ライブラリからプレイ ビュー モードに移るには、Windows Media Player の右下隅にある [プレイ ビューに切り替え] ボタン [プレイ ビューに切り替え] ボタンの画像 をクリックします。Player ライブラリに戻るには、Windows Media Player の右上隅にある [ライブラリに切り替え] ボタン [ライブラリに切り替え] ボタンの画像 をクリックします。
Player ライブラリの画像
Player ライブラリ

Player ライブラリでは、デジタル メディア コレクションにアクセスして整理できます。ナビゲーション ウィンドウの中では、音楽、画像、ビデオなどのカテゴリを選択して、詳細ウィンドウに表示できます。たとえば、すべての音楽をジャンル別に整理して表示するには、[音楽] をダブルクリックし、[ジャンル] をクリックします。その後、詳細ウィンドウからリスト ウィンドウ領域に項目をドラッグして、再生リストの作成、CD や DVD への書き込み、ポータブル ミュージック プレーヤーなどのデバイスへの同期を行うことができます。

Player ライブラリ内のさまざまなビューを切り替えている途中に、Windows Media Player の左上隅にある [戻る] ボタンと [進む] ボタンを使用すると、切り替えた手順をたどることができます。

[戻る] ボタンと [進む] ボタンの画像
[戻る] ボタンと [進む] ボタン

プレイ ビュー モードでは、DVD またはビデオの視聴や、現在再生中の音楽の確認を行うことができます。現在再生中の項目だけを表示することも、Windows Media Player を右クリックし、[リストの表示] をクリックして、選択した使用可能な項目を表示することもできます。

プレイ ビュー モードの画像
プレイ ビュー モード

Player ライブラリとプレイ ビュー モードで実行できる操作の詳細については、以下の各セクションのリンクをクリックしてください。

タスク バーから再生する

Windows Media Player は最小化されているときにも操作できます。縮小表示プレビュー内のコントロールを使用して、現在の項目を再生または一時停止したり、次の項目に進んだり、前の項目に戻ったりできます。縮小表示プレビューは、タスク バーで Windows Media Player のアイコンをポイントしたときに表示されます。

メディア ライブラリを作成する

Windows Media Player は、コンピューター上の特定の Windows ライブラリ内でファイルを検索し、Player ライブラリ (音楽、ビデオ、画像、録画一覧) に追加します。

コンピューター上またはポータブル ハード ドライブなどの外部デバイス上の他の場所から、ライブラリにフォルダーを追加することによって、メディア ライブラリを作成できます。Player ライブラリへのファイルの追加の詳細については、「Windows Media Player ライブラリに項目を追加する」を参照してください。

CD を取り込んでデジタル音楽ファイルを作成する

コンピューターの CD ドライブを使用して CD をコピーし、コンピューターにデジタル ファイルとして保存することによって、音楽を Player ライブラリに追加できます。この操作のことを、取り込みと呼びます。

進行中の取り込みの画像
音楽 CD の取り込み

CD の取り込みの詳細については、「CD から音楽を取り込む」を参照してください。

主な操作の実行にタブを使用する

Windows Media Player の右上にあるタブをクリックすると、特定の操作を集中して実行できるリスト ウィンドウ領域が Player ライブラリ内に表示されます。たとえば、お気に入りの曲の再生リストを作成したり、独自の曲リストを書き込み可能 CD に書き込んだり、メディア ライブラリ内の再生リストをポータブル メディア プレーヤーに同期させたりできます。

[再生]、[書き込み]、および [同期] タブの画像
[再生]、[書き込み]、および [同期] タブ

始めに、Player ライブラリ内で、目的の操作に対応するタブをクリックします。リスト ウィンドウ領域を非表示にするには、現在開いているタブをクリックします。

各タブで実行できる操作の詳細については、以下の各セクションのリンクをクリックしてください。

再生

[再生] タブの下にある一覧には、現在再生中の項目と、Player ライブラリ内で再生のために選択した項目が反映されます。たとえば、特定のアルバムを再生のために選択した場合は、アルバム全体が [再生] タブに表示されます。

また、[再生] タブを使用して、独自の再生リストを作成し保存することもできます。再生リストの作成の詳細については、「Windows Media Player での標準再生リストの作成または変更」を参照してください。

書き込み

コンピューター以外の場所でさまざまな音楽の組み合わせを聴きたい場合に、音楽を任意の組み合わせで CD に書き込むことができます。たとえば、Windows Media Player を使用してオーディオ CD に書き込み、通常の CD プレーヤーで再生できます。以下の各操作を行うには、[書き込み] タブを使用します。

進行中の CD への書き込みの画像
CD への書き込み

同期

Windows Media Player を使用して、音楽、ビデオ、および画像を、ポータブル メディア プレーヤー、メモリ カード、携帯電話 (対応しているもの) などのさまざまなポータブル デバイスに同期させることができます。サポートされているデバイスをコンピューターに接続するだけで、デバイスに最適な同期方法 (自動または手動) が Windows Media Player によって選択されます。これによってユーザーは、Player ライブラリ内のファイルや再生リストをデバイスに同期させることができます。以下の各操作を行うには、このタブを使用します。

Windows Media Player の使用中に問題が発生した場合は、Windows Media Player の設定のトラブルシューティング ツールを使用し、一般的な問題を自動的に検出して解決を試みることができます。

Windows Media Player の設定のトラブルシューティング ツールを開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「トラブルシューティング ツール」と入力し、[トラブルシューティング] をクリックします。[すべて表示] をクリックし、[Windows Media Player の設定] をクリックします。



もっと詳しく