Windows の歴史


1975 ~ 1981

1975 ~ 1981 年: Microsoft の創設

コンピューターに囲まれている、Microsoft の共同創立者であるポール アレン (左) とビル ゲイツ
Microsoft の共同創立者であるポール アレン (左) とビル ゲイツ

1970 年代、職場では、タイプライターに依存していました。文書をコピーする必要がある場合は、謄写版やカーボン紙を使っていました。マイクロコンピューターについて聞いたことがある人はほとんどいませんでしたが、2 人の若いコンピューターが好きな青年、ビル ゲイツとポール アレンは、パーソナル コンピューターこそ将来への道筋だと思っていました。

1975 年に、ゲイツとアレンは Microsoft というパートナーシップを設立しました。ほとんどの創業会社と同様に、Microsoft は、最初は小さかったのですが、すべての人の机の上や家庭にはコンピューターがある時代がくるという、大きなビジョンを持っていました。それから数年後、Microsoft は私たちの仕事に変革をもたらし始めました。

MS‑DOS の夜明け

1980 年 6 月、ゲイツとアレンはゲイツの以前からのハーバードのクラスメイトである、スティーブ ボールマーに会社の経営を支援するように要請しました。翌月、IBM が Microsoft に、コードネーム "Chess" というプロジェクトについて話をもちかけてきました。それに対応して、Microsoft は、コンピューターのハードウェアを管理し実行する、またコンピューターのハードウェアとプログラム (ワープロなど) の間のギャップを橋渡しする、新しいオペレーティング システムに焦点を当てていきます。これが、コンピューター プログラムが実行できる基礎となります。その新しいオペレーティング システムに "MS‑DOS" という名前を付けました。

MS-DOS を実行する IBM PC が出荷されたのは 1981 年です。これは、一般に対してまったく新しい言語を紹介しました。「C:」の後にさまざまな暗号めいたコマンドを入力することは、しだいに毎日の仕事の一部となっていきました。人々は、初めてバックスラッシュ (\) キーを発見しました。

MS‑DOS は効果的ですが、多くの人にとっては理解するのに難しいものでもありました。オペレーティング システムを構築するためのもっと良い方法があるはずです。

トリビア: MS‑DOS は、Microsoft Disk Operating System を表します。

最終更新日: 2015 年 10 月