ワークグループに参加する、またはワークグループを作成する


ネットワークをセットアップすると、Windows によって自動的にワークグループが作成され、名前が付けられます。ネットワーク上の既存のワークグループに参加することもできれば、新しいワークグループを作成することもできます。

  • ワークグループはファイルとプリンターの共有の基礎になりますが、ワークグループによって実際に共有が設定されるわけではありません。これに対して、このバージョンの Windows では、ホームグループを作成するか、ホームグループに参加すると、自動的にホーム ネットワークでのファイルとプリンターの共有が有効になります。ホーム ネットワークがある場合、ホームグループの作成、またはホームグループへの参加をお勧めします。詳細については、ヘルプとサポートで「ホームグループ」を検索してください。

  1. [システム] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[コンピューター] を右クリックしてから、[プロパティー] をクリックします。

  2. [コンピューター名、ドメインおよびワークグループの設定] で [設定の変更] をクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  3. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[コンピューター名] タブ、[変更] の順にクリックします。

  4. [コンピューター名/ドメイン名の変更] ダイアログ ボックスの [所属するグループ] で、[ワークグループ] をクリックし、次のいずれかを実行します。

    • 既存のワークグループに参加するには、参加するワークグループの名前を入力し、[OK] をクリックします。

    • 新しいワークグループを作成するには、作成するワークグループの名前を入力し、[OK] をクリックします。

    [コンピューター名/ドメイン名の変更] ダイアログ ボックスの画像
    [コンピューター名/ドメイン名の変更] ダイアログ ボックス

    ドメインに属していたコンピューターがワークグループに参加した場合、そのコンピューターは属していたドメインから削除され、そのドメイン上のそのコンピューターのアカウントは無効化されます。

  • ネットワーク上に Windows XP を実行するコンピューターがある場合、ネットワーク上のすべてのコンピューターを表示し、それらに接続できるようにするためには、それらのコンピューターのワークグループ名を変更して、このバージョンの Windows または Windows Vista を実行するコンピューターのワークグループ名と一致させる必要があります。



もっと詳しく