パーティションをアクティブとしてマークする


下記の手順を実行するには、管理者としてログオンしている必要があります。

パーティションをアクティブとしてマークすることは高度な作業です。上級ユーザーのみが行うようにしてください。ベーシック ディスクでパーティションをアクティブとしてマークすることは、コンピューターがそのパーティションのローダー (オペレーティング システム ツール) を使用してオペレーティング システムを起動することを意味します。

警告

  • パーティションにオペレーティング システム用のローダーが含まれていない場合は、そのパーティションをアクティブとしてマークしないでください。マークすると、コンピューターの機能が停止します。

  1. [コンピューターの管理] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[管理ツール] の順にクリックし、[コンピューターの管理] をダブルクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  2. 左側で、[記憶域] の [ディスクの管理] をクリックします。

  3. アクティブにするプライマリ パーティションを右クリックし、[パーティションをアクティブとしてマーク] をクリックしてから、[はい] をクリックします。

  • 論理ドライブまたは拡張パーティションをアクティブにすることはできません。アクティブにできるのは、プライマリ パーティションのみです。

  • 物理ハード ディスクには 1 つのアクティブなパーティションのみが存在できます。

  • コンピューターに複数のハード ディスクをインストールしている場合は、各ハード ディスクごとに 1 つのパーティションをアクティブに設定できます。ただし、実際にコンピューターの起動用として使われるのは、そのコンピューターの BIOS によって検出される最初のハード ディスクのアクティブなパーティションです。



もっと詳しく