いったん閉じたタブを開く


閲覧セッションで 1 つ以上のタブを閉じたり、誤ってあるいは意図的に閲覧セッション全体を閉じた場合でも、これからは、Internet Explorer を使用すれば、閉じたタブや閲覧セッションを再び開くことができます。

このビデオは、いったん閉じたタブを開く方法について説明しています

現在の閲覧セッションで閉じたタブを再度開くには

Internet Explorer は開いたタブそれぞれに関連づけられた Web ページを保存します。それには、フォームに入力したテキスト、その Web ページに辿り着いた履歴などの情報が含まれます。その結果、複数のタブを開いていて、1 つ以上を閉じた場合、そのいずれかまたはすべてを容易に再び開くことができます。その方法は次のとおりです。

  1. Internet Explorer で [新しいタブ] ボタンをクリックします。

    [新しいタブ] ボタンの画像
    [新しいタブ] ボタン
  2. 新しいタブ ページの [閉じたタブを再度開く] の下で、開く Web ページのアドレスを探してクリックします。

  • 新しいタブ ページをホーム ページにした場合、アドレス バーに「about:tabs」と入力すると新しいタブ ページが表示されます。[新しいタブ] ボタンによって開かれる対象を変更する方法の詳細については、「Internet Explorer の新しいタブでホーム ページを開く」を参照してください。

  • Internet Explorer が保存しているのは、現在の閲覧セッションの間に閉じたタブの履歴とフォーム データだけです。タブを閉じてから、ブラウザーを閉じて閲覧セッションを終了すると、タブを再び開くことはできません。閲覧セッションは再び開くことができますが、そこに表示されるタブは、ブラウザーを閉じたときに開いていたタブだけです。

閉じた最終閲覧セッションを再度開くには

Internet Explorer を閉じて、閲覧セッションを終了すると、Internet Explorer はその時点で開いていた Web ページの情報を残します。その結果、新しい閲覧セッションを開くと、前回の閲覧セッションで開いていた Web ページを再び開くことができるわけです。最終閲覧セッションを再度開くには、以下の手順を実行します。

  1. Internet Explorer を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、検索ボックスに「Internet Explorer」と入力して、結果の一覧の [Internet Explorer] をクリックします。

  2. [ツール] ボタン、[最終閲覧セッションを再度開く] の順にクリックします。Internet Explorer が前回閉じたときに開いていたすべての Web ページが新しいタブで開きます。



もっと詳しく