プログラム互換性アシスタント: よく寄せられる質問


プログラム互換性アシスタントは、古いプログラムの互換性に関する既知の問題を自動的に検出します。

Windows 8.1 で古いプログラムを実行すると、問題がある場合はプログラム互換性アシスタントによって通知メッセージが表示されます。さらに、そのプログラムを次に実行したときに修正プログラムが提供されます。問題が深刻な場合は、プログラム互換性アシスタントによって警告が表示されるか、そのプログラムを実行できなくなります。その場合は、問題の解決方法をオンラインで確認してください。

ここでは、プログラム互換性アシスタントに関してよく寄せられる質問に対する回答を示します。

すべて表示

プログラム互換性アシスタントによってどのような変更が行われますか。

問題によって異なりますが、プログラム自体は一切変更されません。たとえば、プログラム互換性アシスタントによって、Windows の機能との競合を自動的に解決できます。また、以前のバージョンの Windows に似たモードでプログラムを実行することもできます。

プログラムのインストールが成功した場合に、プログラム互換性アシスタントが表示されるのはなぜですか。

プログラム互換性アシスタントは、プログラムまたはドライバーが正しく登録されなかった場合に表示されることがあります。 この現象は、デバイスのインストール時に生じる可能性があります。プログラムが正しくインストールされ、動作している場合は、[このプログラムは正しくインストールされました] をタップまたはクリックして、プログラム互換性アシスタントを閉じます。

プログラム互換性アシスタントを有効または無効にするにはどうすればよいですか。

プログラム互換性アシスタントを有効または無効にするには、グループ ポリシーを使用します。グループ ポリシーの使い方について詳しくは、Microsoft TechNet Web サイトにアクセスし、「グループ ポリシー」を検索してください。

プログラム互換性アシスタントで問題を修正できませんでした。 次に何をすればよいですか。

プログラム互換性アシスタントで、互換性の問題の検出や解決ができない場合があります。このような場合は、プログラム互換性のトラブルシューティング ツールを試してみてください。詳しくは、「古いプログラムをこのバージョンの Windows で使用できるようにする」をご覧ください。