保護者による制限を設定する


このコンピューターがドメインに接続している場合、保護者による制限機能は利用できません。

保護者による制限を子供のコンピューター使用の管理に役立てることができます。たとえば、コンピューターを使用できる時間帯、遊ぶことができるゲーム、実行できるプログラムに対して制限を設けることができます。

ビデオを視聴するには、次を参照してください。[再生] ボタンの画像ビデオ:保護者による制限

保護者による制限でゲームやプログラムの実行が禁止されている場合、そのプログラムが禁止されていることを示す通知が表示されます。通知のリンクをクリックすると、そのゲームやプログラムへのアクセス許可を求めることができます。保護者はアカウント情報を入力することで、アクセスを許可できます。

子供に対して保護者による制限を設定するには、保護者自身の管理者ユーザー アカウントが必要です。最初に、保護者による制限の対象となるそれぞれの子供が、標準ユーザー アカウントを持っていることを確認します。保護者による制限を適用できるのは標準ユーザー アカウントに対してのみです。ユーザー アカウントとそのセットアップ方法の詳細については、「ユーザー アカウントとは」を参照してください。

Windows で提供される制限に加えて、別のサービス プロバイダーの Web フィルターや活動記録レポートなどの追加の制限をインストールできます。詳細については、「保護者による制限を追加する方法」を参照してください。

標準ユーザー アカウントに対して保護者による制限を有効にするには

  1. [保護者による制限] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックし、[ユーザー アカウントと家族のための安全設定] で [保護者による制限の設定] をクリックします。‌ ‌ 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  2. 保護者による制限の対象となる標準ユーザー アカウントをクリックします。標準のユーザー アカウントがまだ設定されていない場合は、[新しいユーザー アカウントを作成します] をクリックして新しいアカウントを設定します。

  3. [保護者による制限] で、[有効、現在の設定を強制します] をクリックします。

  4. 子供の標準ユーザー アカウントに対して保護者による制限を有効にした後で、制限する以下の設定を個別に調整できます。

    • 時間制限。子供がコンピューターにログオンできる時間帯を制限することができます。時間制限を設定すると、指定の時間帯以外に子供がログオンすることはできません。曜日ごとに異なる時間帯を設定することができます。子供がログオンしている間に、割り当てた時間が終了すると、自動的にログオフされます。詳細については、「子供がコンピューターを使ってよい時間帯を制限する」を参照してください。

    • ゲーム。ゲームへのアクセスを制限したり、年齢規制レベルを選択したり、禁止する内容の種類を選択したり、規制から外れているゲームや特定のゲームを許可または禁止することを決定したりできます。詳細については、「子供が遊んでよいゲームを指定する」を参照してください。

    • 特定のプログラムを許可または禁止。子供に実行させたくないプログラムを、子供が実行できないようにすることができます。詳細については、「子供が特定のプログラムを使用できないようにする」を参照してください。