ワイヤレス ネットワークのセキュリティ キーをセットアップする


ワイヤレス ネットワーク上の個人情報とファイルは、ネットワーク信号を入手した第三者に参照されることがあります。その結果、ID の盗難やその他の悪意のある行為につながる場合があります。ネットワーク セキュリティ キーまたはパスフレーズは、このような承認のないアクセスからワイヤレス ネットワークを保護するために役立ちます。

ネットワークのセットアップ ウィザードの指示に従って、セキュリティ キーをセットアップしてください。

  • [ネットワークのセットアップ] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「ネットワーク」と入力し、[ネットワークと共有センター]、[新しい接続またはネットワークのセットアップ]、[新しいネットワークのセットアップ] の順にクリックします。

  • ワイヤレス セキュリティ メソッドとして、Wired Equivalent Privacy (WEP) を使用しないことをお勧めします。Wi-Fi Protected Access (WPA または WPA2) の方がより安全です。WPA または WPA2 を試しても動作しない場合は、WPA または WPA2 が動作するネットワーク アダプターにアップグレードすることをお勧めします。また、ネットワーク デバイス、コンピューター、ルーター、およびアクセス ポイントのすべてにおいて、WPA または WPA2 をサポートしている必要があります。

ワイヤレス ネットワークの暗号化方法

現在、ワイヤレス ネットワークの暗号化には、Wi-Fi Protected Access (WPA および WPA2)、Wired Equivalent Privacy (WEP)、802.1X の 3 種類があります。最初の 2 つの種類について、次のセクションで詳しく説明します。802.1X は通常、エンタープライズ ネットワークで使用されるので、ここでは説明しません。

Wi-Fi Protected Access (WPA および WPA2)

WPA および WPA2 では、セキュリティ キーを入力して接続することをユーザーに要求します。キーが検証されると、コンピューターやデバイスとアクセス ポイントの間で送信されるデータがすべて暗号化されます。

WPA 認証には、WPA および WPA2 の 2 種類があります。WPA2 は最も安全性が高いので、可能であれば、WPA2 を使用してください。ほとんどすべての新しいワイヤレス アダプターでは、WPA および WPA2 がサポートされていますが、一部の古いネットワーク アダプターではサポートされていない場合があります。WPA-パーソナルおよび WPA2-パーソナルでは、各ユーザーに同じパスフレーズが与えられます。ホーム ネットワークでは、このモードをお勧めします。WPA-エンタープライズおよび WPA2-エンタープライズは、ユーザーごとに異なるキーを配布する 802.1X 認証サーバーで使用されるように設計されています。社内ネットワークでは、このモードが主に使用されます。

WEP (Wired Equivalent Privacy)

WEP は、旧式のネットワーク セキュリティの方法であり、旧式のデバイスをサポートするために今も利用できますが、今後はお勧めしません。WEP を有効にする場合は、ネットワーク セキュリティ キーをセットアップします。このキーは、ネットワークを介してコンピューター間で送信される情報を暗号化します。ただし、WEP セキュリティは比較的簡単に破られます。

WEP には、オープン システム認証共有キー認証の 2 種類があります。どちらも安全性が非常に低く、共有キー認証はこの 2 つの中で最も安全性が低くなります。ほとんどのワイヤレス コンピューターおよびワイヤレス アクセス ポイントの場合、共有キー認証キーは静的な WEP 暗号化キー (ネットワークをセキュリティで保護するために使用するキー) と同じです。共有キー認証に成功するためにメッセージを読み取る悪意のあるユーザーは、解析ツールを使用して共有キー認証キー、静的な WEP 暗号化キーの順に見破ることができます。悪意のあるユーザーは WEP 暗号化キーを見破ると、ネットワークのすべてにアクセスできます。このため、このバージョンの Windows では、WEP 共有キー認証を使用したネットワークの自動セットアップをサポートしていません。

この警告を無視して、WEP 共有キー認証を使用する必要がある場合は、次の手順を実行して使用することができます。

WEP 共有キー認証を使用して、ネットワーク プロファイルを手動で作成するには

  1. [ネットワークと共有センター] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「ネットワーク」と入力し、[ネットワークと共有センター] をクリックします。

  2. [新しい接続またはネットワークのセットアップ] をクリックします。

  3. [ワイヤレス ネットワークに手動で接続します]、[次へ] の順にクリックします。

  4. [追加するワイヤレス ネットワークの情報を入力します] ページの [セキュリティの種類] で、[WEP] を選択します。

  5. ページの残りの部分を設定し、[次へ] をクリックします。

  6. [接続の設定を変更します] をクリックします。

  7. [セキュリティ] タブをクリックし、[セキュリティの種類] で、[共有] をクリックします。

  8. [OK]、[閉じる] の順にクリックします。

ネットワークのセットアップのプロセス全体に関して学習するためには、「Windows 7 でホーム ネットワークのセットアップを開始する」を参照してください。