コンピューターをセーフ モードで起動する


セーフ モードは、ファイルとドライバーを制限したセットを使用して、Windows を起動します。スタートアップ プログラムは、セーフ モードでは実行されません。また、Windows の起動に必要な基本ドライバーのみがインストールされます。詳細については、「セーフ モードとは」を参照してください。

セーフ モードは、正しく起動しないプログラムやドライバー、あるいは Windows の正しい起動を妨げたりする場合があるプログラムやドライバーの問題をトラブルシューティングする際に役立ちます。セーフ モードで起動して、問題が再現しなければ、既定の設定と基本的なデバイス ドライバーを、可能性のある原因から除外できます。最近インストールしたプログラム、デバイス、またはドライバーによって Windows が正しく動作しない場合は、セーフ モードでコンピューターを起動して、問題の原因となるプログラムを削除できます。セーフ モードで問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、「セーフ モードで使用する診断ツール」を参照してください。

  1. コンピューターからフロッピー ディスク、CD、および DVD をすべて取り出し、コンピューターを再起動します。

    [スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[シャットダウン] ボタン [シャットダウン] ボタンの画像 の横にある矢印をクリックして、[再起動] をクリックします。
  2. 下記のいずれかの操作を行います。

    • コンピューターにインストールされているオペレーティング システムが 1 つだけである場合は、コンピューターの再起動時に F8 キーを押したままにします。Windows ロゴが表示される前に、F8 キーを押す必要があります。F8 キーを押す前に Windows ロゴが表示された場合は、Windows ログオン プロンプトが表示されるまで待ってから、コンピューターをシャットダウンして再起動し、もう一度やり直す必要があります。

    • コンピューターに複数のオペレーティング システムが存在する場合、方向キーを使用して、セーフ モードで起動するオペレーティング システムを強調表示し、F8 キーを押します。

  3. [詳細ブート オプション] 画面で、方向キーを使用して、任意のセーフ モード オプションを強調表示し、Enter キーを押します。オプションの詳細については、「拡張起動オプション (セーフ モードなど)」を参照してください。

  4. 管理者権限のあるユーザー アカウントを使用して、コンピューターにログオンします。

コンピューターがセーフ モードの場合、モニターの隅に「セーフ モード」と表示されます。セーフ モードを終了するには、コンピューターを再起動して、Windows を通常に起動します。



もっと詳しく