コマンド プロンプトからシステムの復元を起動する


システムの復元では、ソフトウェアの更新やドライバーのインストールなどの変更操作を行った結果、コンピューターが低速化したり適切に動作しなくなったりした場合に、その変更操作を元に戻すことができます。"セーフ モードとコマンド プロンプト" 以外のどのモードでもコンピューターを起動できない場合は、コマンド プロンプト ウィンドウからシステムの復元を起動できます。

次の手順を実行するには、管理者アカウントが必要です。

  1. コンピューターを "セーフ モードとコマンド プロンプト" で起動します。これを実行する方法については、「コンピューターをセーフ モードで起動する」を参照してください。

  2. コンピューターにログオンします。

  3. コマンド プロンプトで「rstrui.exe」と入力し、Enter キーを押します。

  • コンピューターがセーフ モードのときにシステムの復元を使用した場合は、復元操作を元に戻せません。ただし、システムの復元を再度実行し、別の復元ポイントがある場合はそのポイントを選択できます。



もっと詳しく