重要な更新プログラムが利用可能になったとき、Windows によってそれらがインストールされるようにするには、自動更新を有効にします。重要な更新プログラムでは、セキュリティおよび信頼性の向上など、大きな利点が提供されます。 また、推奨される更新プログラムを自動的にインストールするよう、Windows を設定することもできます。これにより、重大でない問題に対処でき、コンピューティング環境の向上に役立ちます。 オプションの更新プログラムと Microsoft 更新プログラムは、自動的にはダウンロードもインストールもされません。

Windows Update の自動更新とインストールに関しては、「Windows Update: よく寄せられる質問」を参照してください。

Microsoft が公開する更新プログラムの種類の詳細については、Microsoft のヘルプとサポート Web サイトで、Microsoft のアップデート用語情報を参照してください。

  1. [Windows Update] を開くには、画面の右端からスワイプして (マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、マウス ポインターを上へ移動して)、[設定][PC 設定の変更][保守と管理] の順にタップまたはクリックします。

  2. [更新プログラムのインストール方法を選択する] をタップまたはクリックします。

  3. [重要な更新プログラム] で、必要に応じたオプションを選びます。

  4. [推奨される更新プログラム] で、[推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する] チェック ボックスをオンにします。

  5. 次に、[Microsoft Update] で、[Windows の更新時に Microsoft 製品の更新プログラムを入手し、新しいオプションの Microsoft ソフトウェアについて確認する] チェック ボックスをオンにして、[適用] をクリックします。




もっと詳しく