2 段階認証について

2 段階認証を使うことで、使用している Microsoft アカウントに他のユーザーがサインインしにくくなり、セキュリティを強化できます。2 段階認証では、パスワードと任意の連絡先情報の 2 種類の認証方法が使用されます。第三者にパスワードが漏れた場合でも、第三者がお客様の他のデバイスやアカウントにアクセスできない場合、お客様の情報を侵害することはできません。(これは、アカウントごとに異なるパスワードを使用することが重要な理由でもあります。)

2 段階認証は、メール アドレス、電話番号、または認証アプリを使って設定します。新しいデバイスや、これまで使用したことのない場所からサインインすると、セキュリティ コードが送信されます。このコードをサインイン ページで入力する必要があります。

2 段階認証を有効にすると、信頼されていないデバイスからサインインするたびに、ご登録のメール、電話、または認証アプリにセキュリティ コードが送信されます。無効にされている場合は、アカウントのセキュリティ リスクが検出された場合にのみ、セキュリティ コードを使用して本人確認を実行していただく必要があります。

2 段階認証を有効または無効にするには

  1. セキュリティ設定ページに移動し、Microsoft アカウントを使ってサインインします。

  2. [2 段階認証] の下にある [2 段階認証をセットアップして有効化] を選択するか、[2 段階認証の無効化] を選択します。

  3. 指示に従います。

すべて表示

セキュリティ コードを使うことができない場合は、アプリ パスワードを使う

一部のアプリ (スマートフォン用メール アプリなど) やデバイス (Xbox 360 など) では、通常のセキュリティ コードを使うことはできません。2 段階認証を有効にした後に、パスワードが正しいにもかかわらず、アプリやデバイスで "無効なパスワード" のエラーが表示される場合は、そのアプリまたはデバイスのアプリ パスワードが必要です。

アプリ パスワードを取得するには

  1. セキュリティ設定ページに移動し、Microsoft アカウントを使ってサインインします。

  2. [アプリ パスワード][新しいアプリ パスワードの作成] をクリックします。新しい一意のアプリ パスワードが、画面に表示されます。

  3. 使用するアプリまたはデバイスに、通常のパスワードではなく、新しいアプリ パスワードを入力します。

アプリのパスワードが必要になるのは、2 段階認証を使用している場合のみです。セキュリティ設定ページに [アプリ パスワード] のセクションが表示されない場合は、2 段階認証が有効にされていない可能性があります。

もっと詳しく