ICS (インターネット接続の共有) を使う


複数のコンピューター間で 1 つのインターネット接続を共有する場合は、次の 2 つの選択肢があります。

  • インターネット接続の共有 (ICS) を使用します。

  • ルーターを使用します。

ICS の機能

まず、インターネットに接続し、ネットワーク上の他のコンピューターにも別途接続するコンピューターが 1 台必要です。このコンピューターをホスト コンピューターと呼びます。インターネット接続において ICS を有効にします。その後、ネットワーク上の他のコンピューターはそのホスト コンピューターに接続し、ホスト コンピューターの共有インターネット接続を通してインターネットに接続します。

インターネット接続の共有 (ICS) を使用したネットワークの図
インターネット接続の共有 (ICS) を使用したネットワーク

ICS の有効化

ICS を有効にするには、ホスト コンピューター上で次の操作を実行します。

  1. [ネットワーク接続] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「アダプター」と入力し、[ネットワークと共有センター] の [ネットワーク接続の表示] をクリックします。

  2. 共有する接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  3. [共有] タブをクリックし、[ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する] チェック ボックスをオンにします。

  • ネットワーク接続が 1 つしかない場合は [共有] タブは使用できません。

  • 必要に応じて、[ネットワークのほかのユーザーに、共有インターネット接続の制御や無効化を許可する] チェック ボックスをオンにします。

  • 他のネットワーク ユーザーにネットワーク上で実行されているサービスの使用を許可するには、[設定] をクリックし、許可するサービスを選択します。

ICS を有効にすると、ローカル エリア ネットワーク (LAN) 接続の静的 IP アドレスと構成が新しくなります。そのため、ホスト コンピューターとその他のネットワーク コンピューター間のすべての TCP/IP 接続を再確立する必要があります。

ネットワークとインターネット接続をテストするには、コンピューター間でファイルが共有できるかどうか、および各コンピューターが Web サイトにアクセスできるかどうかを確認します。

TCP/IP を構成する

ICS を使用するには、各ネットワーク コンピューターのローカル エリア ネットワーク (LAN) 接続が自動的に IP アドレスを取得するように構成されていることを確認します。次のようにします。

  1. [ネットワーク接続] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「アダプター」と入力し、[ネットワークと共有センター] の [ネットワーク接続の表示] をクリックします。

  2. LAN 接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  3. [インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)] または [インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。

  4. [IP アドレスを自動的に取得する] または [IPv6 アドレスを自動的に取得する] をクリックして、[OK] をクリックします。

ネットワーク コンピューターのインターネット オプションも ICS 用に構成する必要があります。詳細については、「ICS (インターネット接続の共有) のインターネットの設定を変更する」を参照してください。

ドメイン コントローラー、DNS サーバー、ゲートウェイ、または DHCP サーバーがあるネットワークでは ICS は使用しないでください。また、静的 IP アドレス用に構成されたシステムでは ICS を使用しないでください。

ICS および VPN 接続

ホスト コンピューター上で企業ネットワークへの仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を作成し、その接続で ICS を有効にする場合は、すべてのインターネット トラフィックが企業ネットワークにルーティングされ、ホーム ネットワークのすべてのコンピューターが企業ネットワークにアクセスできるようになります。VPN 接続でインターネット接続の共有が無効になっていると、ホスト コンピューターでは VPN 接続が有効であっても、他のコンピューターはインターネットや企業ネットワークにアクセスできません。

ICS およびアドホック ネットワーク

アドホック ネットワーク上でインターネット接続を共有している場合、次の場合には、ICS は無効になります。

  • アドホック ネットワークから接続解除する。

  • ICS を有効にしたアドホック ネットワークから接続解除せずに、新しいアドホック ネットワークを作成する。

  • アドホック ネットワークから接続解除せずに、ログオフし、再びログオンする。



もっと詳しく