メニュー、ボタン、バー、ボックスを使う


メニュー、ボタン、スクロール バー、チェック ボックスは、マウスやキーボードで操作するコントロールの例です。コントロールを使用して、コマンドの選択、設定変更、ウィンドウの操作を行うことができます。ここでは、Windows の使用中に頻繁に必要となるコントロールを見つけ、使用する方法を説明します。

メニューの使用

ほとんどのプログラムには、プログラムを操作するための多数のコマンド (操作) があります。これらのコマンドの多くがメニューによって構成されています。レストランのメニューのように、プログラム メニューは選択肢の一覧を示しています。画面をすっきりとさせるため、タイトル バーのすぐ下にあるメニュー バーのタイトルをクリックするまで、メニューは非表示になっています。

メニューのコマンドの 1 つを選択するには、それをクリックします。選択したコマンドによっては、ダイアログ ボックスが表示され、さらに別のオプションを選択できるようになります。選択できないコマンドは灰色で表示され、クリックできません。

一部のメニュー項目はコマンドではありません。その代わりに、他のメニューが開きます。次の図では、[新規作成] をポイントするとサブメニューが表示されます。

メニューとサブメニューの画像
一部のメニュー コマンドはサブメニューを表示する

目的のコマンドが表示されない場合は、別のメニューを開いてみてください。メニュー バーに沿ってマウス ポインターを移動すると、メニューが自動的に開きます。メニュー バーを再度クリックする必要はありません。コマンドを選択せずにメニューを閉じるには、メニュー バーまたはウィンドウの別の場所をクリックします。

メニュー コントロールがすべて同じように表示されるとは限らず、メニュー バー上に表示されない場合もあるため、メニューを見つけることは簡単であるとは限りません。それではどうすれば見つけることができるのでしょう。項目名または画像の横に矢印が表示されている場合は、それがメニュー コントロールです。いくつかの例を示します。

Windows のメニュー コントロールの画像
メニュー コントロールの例

ヒント

  • ショートカット キーを使用できる場合は、コマンドの横にショートカット キーが表示されます。

  • マウスの代わりにキーボードを使用してメニューを操作できます。「キーボードの使い方」を参照してください。

スクロール バーの使用

ドキュメント、Web ページまたは画像がウィンドウのサイズより大きい場合、現在表示されていない情報を表示できるようにスクロール バーが表示されます。次の図は、スクロール バーの一部を示しています。

水平および垂直のスクロール バーの画像
垂直および水平スクロール バー

スクロール バーを使用するには

  • ウィンドウのコンテンツを少しずつ上または下にスクロールするには、上または下のスクロール矢印をクリックします。連続的にスクロールするには、マウス ボタンを押し続けます。

  • スクロール ボックスの上または下のスクロール バーの空白の領域をクリックすると、1 ページずつ上または下にスクロールできます。

  • スクロール ボックスを上、下、左、または右にドラッグすると、その方向にウィンドウをスクロールできます。

ヒント

  • マウスにスクロール ホイールがある場合は、それを使用してドキュメントや Web ページをスクロールできます。下にスクロールするには、ホイールを後ろに (手前に) 回します。上にスクロールするには、ホイールを前に (向こうに) 回します。

コマンド ボタンの使用

コマンド ボタンをクリックすると、コマンド (処理) が実行されます。通常、これらはダイアログ ボックスに表示されます。ダイアログ ボックスはタスクを完了するためのオプションが含まれた小さなウィンドウです。たとえば、ペイント画像を保存せずに閉じると、次のようなダイアログ ボックスが表示されます。

[ペイント] ダイアログ ボックスの画像
3 つのボタンのあるダイアログ ボックス

画像を閉じるには、[保存する] または [保存しない] のどちらかをクリックする必要があります。[保存する] をクリックすると、画像と、画像に加えた変更が保存されます。[保存しない] をクリックすると、画像が削除され、変更も破棄されます。[キャンセル] をクリックするとダイアログ ボックスが閉じ、プログラムに戻ります。

ヒント

  • Enter キーを押すと、選択されている (枠で囲まれた) コマンド ボタンをクリックした場合と同じ動作が実行されます。

ダイアログ ボックス外では、コマンド ボタンの外観が変わるため、どれがボタンでどれがボタンでないかを判断するのが難しい場合があります。たとえば、コマンド ボタンはテキストや四角いフレームなしに小さなアイコン (画像) として表示される場合があります。

コマンド ボタンかどうか判断する最も信頼できる方法は、ポインターをその上に置いてみる方法です。明るくなって四角い枠で囲まれたら、ボタンです。ポイントすると、ほとんどのボタンには、ボタンの機能を示す文字列が表示されます。

ポイントするとボタンが 2 つの部分に変化した場合は、分割ボタンです。ボタンの主要部分をクリックするとコマンドが実行され、矢印をクリックするとオプションを含むメニューが開きます。

分割ボタンの画像
分割ボタンをポイントすると 2 つの部分に変化する

オプション ボタンの使用

オプション ボタンでは、複数のオプションから 1 つを選択できます。これらはダイアログ ボックスに頻繁に表示されます。次の図は、2 つのオプション ボタンを示しています。[カラー] オプションが選択されています。

オプション ボタンの画像
ボタンをクリックしてそのオプションを選択する

オプションを選択するには、ボタンの 1 つをクリックします。選択できるオプションは 1 つだけです。

チェック ボックスの使用

チェック ボックスでは、1 つまたは複数の個別のオプションを選択できます。1 つしか選択できないオプション ボタンとは異なり、チェック ボックスでは同時に複数のオプションを選択できます。

複数のチェック ボックスの中で、空白のチェック ボックスにマウス ポインターが置かれている画像
空白のチェック ボックスをクリックしてオプションを選択する

チェック ボックスを使用するには

  • オプションを選択 (オンにする) には、空白の四角をクリックします。四角にチェック マークが表示され、そのオプションがオンであることを示します。

  • オプションをオフにするには、クリックしてそのチェック マークをクリア (削除) します。

  • 現在選択できない、またはクリアされているオプションは灰色で表示されます。

スライダーの使用

スライダーでは、値の範囲に沿って設定を調整できます。スライダーとは、次のようなものです。

スライダーの画像
スライダーを移動して、ポインター速度を変更する

バーに沿ったスライダーは、現在選択されている値を示します。上の例では、[遅い] と [速い] の中間にスライダーがあります。これは、中程度のポインター速度を示しています。

スライダーを使用するには、目的の値の位置までスライダーをドラッグします。

テキスト ボックスの使用

テキスト ボックスには、検索条件やパスワードなどの情報を入力できます。次の図は、テキスト ボックスのあるダイアログ ボックスを示しています。テキスト ボックスに「bear」と入力しています。

テキスト ボックスの画像
ダイアログ ボックス内のテキスト ボックスの例

カーソルと呼ばれる点滅している垂直の線は、入力するテキストが表示される場所を示しています。この例では、"bear" の "r" の後ろにカーソルが表示されています。新しい場所をクリックするだけで、カーソルは簡単に移動できます。たとえば、"bear" の前に単語を追加するには、まず "b" の左側をクリックしてカーソルを移動します。

テキスト ボックスにカーソルが表示されていない場合は、テキスト ボックスへの入力の準備ができていないことを意味します。まずボックスをクリックしてから入力を始めます。

パスワードを入力するためのテキスト ボックスでは、他の人に画面を見られた場合に備え、入力したパスワードは通常表示されません。

テキスト ボックスに入力されたパスワードの画像
パスワードのテキスト ボックスには通常パスワードが表示されない

ドロップダウン リストの使用

ドロップダウン リストはメニューによく似ています。コマンドをクリックする代わりに、オプションを選択します。閉じている場合、ドロップダウン リストには現在選択されているオプションしか表示されません。下図のように、ドロップダウン リストをクリックするまでは、他のオプションは隠れています。

ドロップダウン リストの画像
閉じているドロップダウン リスト (左) と開いているドロップダウン リスト (右)

ドロップダウン リストを開くには、クリックします。リストからオプションを選択するには、オプションをクリックします。

リスト ボックスの使用

リスト ボックスには、選択できるオプションの一覧が表示されます。ドロップダウン リストとは異なり、一覧を開かなくても一部またはすべてのオプションが表示されます。

リスト ボックスの画像
リスト ボックス

一覧からオプションを選択するには、目的のオプションをクリックします。目的のオプションが表示されていない場合は、スクロール バーを使用して一覧を上または下にスクロールします。リスト ボックスの上にテキスト ボックスがある場合は、代わりにオプションの名前や値を入力できます。

タブの使用

一部のダイアログ ボックスでは、オプションが複数のタブに分割されています。一度に表示できるタブ、つまりオプションのセットは 1 つだけです。

タブの画像
タブ

現在選択されているタブは、他のタブの手前に表示されます。別のタブに切り替えるには、目的のタブをクリックします。