インターネット一時ファイルを表示する


Web ページは、Web ブラウザーで最初に表示したときに Temporary Internet Files フォルダーに格納されます。インターネットからダウンロードするのではなくハード ディスクのファイルを開くので、表示したことのあるページや頻繁に表示するページの表示速度が向上します。

インターネット一時ファイルを表示するには

  1. Internet Explorer を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、検索ボックスに「Internet Explorer」と入力して、結果の一覧の [Internet Explorer] をクリックします。

  2. [ツール] ボタンをクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。

  3. [全般] タブをクリックし、[閲覧の履歴] の [設定] をクリックします。

  4. [インターネット一時ファイルと履歴の設定] ダイアログ ボックスで [ファイルの表示] をクリックします。

インターネット一時ファイルを削除するには

ハード ディスクの領域を解放するために、インターネット一時ファイルを定期的に削除することをお勧めします。

  1. Internet Explorer を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、検索ボックスに「Internet Explorer」と入力して、結果の一覧の [Internet Explorer] をクリックします。

  2. [ツール] ボタンをクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。

  3. [全般] タブをクリックし、[閲覧の履歴] の [削除] をクリックします。

  4. [閲覧の履歴の削除] ダイアログ ボックスで、削除する情報の種類のチェック ボックスをオンにし、[削除]、[OK] の順にクリックします。

ヒント

  • インターネット一時ファイル フォルダーにあるファイルのコピーを恒久的に保存する場合は、別のフォルダーにそれをコピーします。一時ファイルを表示しているときにファイルをコピーするには、ファイルを右クリックし、[コピー] をクリックしてから別のフォルダーにそのファイルを貼り付けます。



もっと詳しく