イベント ログに表示される情報(イベント ビューアー)


下記の手順を実行するには、管理者としてログオンしている必要があります。管理者としてログオンしていない場合は、自分のユーザー アカウントに適用する設定のみを変更でき、一部のイベント ログにはアクセスできないことがあります。

イベント ログはコンピューターの重要なイベントを記録する特別なファイルで、ユーザーによるコンピューターへのログオンやプログラムで発生したエラーなどが 記録されます。これらの種類のイベントが発生すると、Windows はイベントをイベント ログに記録します。これらのイベントは、イベント ビューアーを使って読むことができます。上級ユーザーが Windows および他のプログラムの問題をトラブルシューティングするときに、イベント ログの詳細情報が役立ちます。

イベント ビューアーは、さまざまな異なるログの情報を追跡します。Windows ログには、次が含まれます。

  • アプリケーション (プログラム) イベント。 イベントの重要度によって、イベントはエラー警告、または情報に分類されます。エラーは重大な問題で、データ損失などがあります。警告は、必ずしも重大なイベントではありませんが、将来発生すると考えられる問題を示していることがあります。情報イベントには、プログラム、ドライバー、またはサービスが正常に動作していることを示す情報が記録されます。

  • セキュリティ関連イベント。 これらのイベントは監査と呼ばれ、ユーザーによる Windows へのログオンが成功したかどうかなどを示します。イベントの内容によって、成功として記録される場合と失敗として記録される場合があります。

  • セットアップ イベント。 ドメイン コントローラーとして構成されているコンピューターでは、ここに追加のログが表示されます。

  • システム イベント。 システム イベントは、Windows および Windows システム サービスによってログが記録され、エラー、警告、または情報として分類されます。

  • 転送されたイベント。 これらのイベントは、他のコンピューターによってこのログに転送されます。

アプリケーションおよびサービスのログにはさまざまなものがあります。これらは、コンピューター上で実行されるプログラムについての個別のログ、および特定の Windows サービスに関係するさらに詳細なログを含みます。

  1. [イベント ビューアー] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[管理ツール] の順にクリックし、[イベント ビューアー] をダブルクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

  2. 左のウィンドウでイベント ログをクリックします。

  3. イベントをダブルクリックしてイベントの詳細を表示します。

  • イベント ログの詳細については、[ヘルプ] メニューをクリックし、[トピックの検索] をクリックしてください。



もっと詳しく