隠しファイルは通常表示されませんが、それ以外は通常のファイルと同じです。ファイルを隠すか表示するかは、プロパティを変更する方法で選択できます。手順は次のとおりです。

  1. ファイル アイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [属性] の横にある [隠しファイル] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

隠しファイルを表示する場合は、すべての隠しファイルを表示する必要があります。詳細については、「隠しファイルを表示する」を参照してください。

[隠しファイル] チェック ボックスの画像
[隠しファイル] チェック ボックスがオンになっているファイル

  • 機密ファイルを隠して他のユーザーに表示されないようにすることができますが、セキュリティやプライバシーの唯一の保護手段として隠しファイルに頼ることは避けてください。ファイルやフォルダーに対するアクセス許可の設定については、「アクセス許可とは」を参照してください。

  • ほとんど使用しないファイルを非表示にして整理することができますが、ファイルを隠してもハード ディスクの領域を依然として占有している点に注意してください。