システム情報 (msinfo32.exe とも呼ばれる) には、コンピューターのハードウェア構成、コンピューターのコンポーネント、およびドライバーを含むソフトウェアについての詳細が表示されます。

[システム情報] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックします。検索ボックスに「システム情報」と入力し、結果の一覧の [システム情報] をクリックします。

システム情報では、左のウィンドウにカテゴリ、右のウィンドウに各カテゴリについての詳細が一覧表示されます。カテゴリには、次のものがあります。

  • システムの概要。 コンピューターとオペレーティング システムに関する一般的な情報が表示されます。たとえば、コンピューター名および製造元、コンピューターが使用する基本入出力システム (BIOS) の種類、および実装されているメモリの容量などです。

  • ハードウェア リソース。 コンピューターのハードウェアについての詳細情報が表示されます。IT 担当者向けです。

  • コンポーネント。 コンピューターに実装されているディスク ドライブ、サウンド デバイス、モデム、およびその他のコンポーネントについての情報が表示されます。

  • ソフトウェア環境。 ドライバー、ネットワーク接続、およびその他のプログラム関連の詳細についての情報が表示されます。

システム情報で特定の詳細情報を検索するには、ウィンドウ下部の [検索する文字列] ボックスに探している情報を入力します。たとえば、コンピューターのインターネット プロトコル (IP) アドレスを検索するには、[検索する文字列] ボックスに「IP アドレス」と入力し、[検索] をクリックします。

  • システム情報を保存するには、[ファイル]、[保存] をクリックして、ファイルの名前を入力し、もう一度 [保存] をクリックします。Windows では、この情報を NFO ファイル形式で保存します。このファイルを開くことができない場合は、[ファイル]、[エクスポート] をクリックして、ファイルの名前を入力し、もう一度 [保存] をクリックすることによって TXT ファイル形式でシステム情報を保存することができます。

システム情報の使用方法に関する管理者および IT 担当者向けの技術情報については、IT 担当者向けの Microsoft Web サイトを参照してください。



もっと詳しく