システムの復元は、コンピューターのシステム ファイルを以前の時点の状態に戻すときに役立ちます。電子メール、ドキュメント、写真などの個人用ファイルは現状のまま維持しながら、コンピューターのシステムに対する変更操作を元に戻すことができます。

場合によっては、プログラムやドライバーをインストールした結果、コンピューターに想定外の変更が加えられたり、Windows が異常な動作をしたりするようになることがあります。通常は、プログラムやドライバーをアンインストールすれば問題が解決します。アンインストールしても問題が解決しない場合は、コンピューターのシステムを、すべて正常に機能していた日時の状態に復元してみることができます。

システムの復元では、システムの保護と呼ばれる機能を使用して、コンピューター上に復元ポイントが定期的に作成されて保存されます。これらの復元ポイントには、 レジストリの設定に関する情報、および Windows で使用されるその他のシステム情報が含まれています。復元ポイントを手動で作成することもできます。復元ポイントの作成の詳細については、「復元ポイントを作成する」を参照してください。

システムの保護によって作成された復元ポイントと同様に、ハード ディスクに格納されているシステム イメージのバックアップもシステムの復元に使用できます。システム イメージのバックアップにシステム ファイルと個人用のデータの両方が含まれている場合でも、ユーザーのデータ ファイルはシステムの復元の影響を受けません。システム イメージの詳細については、「システム イメージとは」を参照してください。

システムの復元は個人用ファイルのバックアップを目的としていないため、削除または破損した個人用ファイルを復元することはできません。個人的なファイルや重要データは、 バックアップ プログラムを使用して定期的にバックアップする必要があります。個人用ファイルのバックアップの詳細については、「ファイルをバックアップする」を参照してください。

  • [システムの復元] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックします。検索ボックスに「システムの復元」と入力し、結果の一覧の [システムの復元] をクリックします。 管理者のアクセス許可が必要です 管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

システムの保護の詳細については、「システムの保護とは」を参照してください。