ユーザー アカウント制御とは


ユーザー アカウント制御 (UAC) は Windows の機能の 1 つで、管理者レベルのアクセス許可を必要とする変更をプログラムが行ったときに、ユーザーに通知することにより、ユーザーがコンピューターを制御し続けられるようにします。UAC は、ユーザーのユーザー アカウントのアクセス許可レベルを調整することにより機能します。電子メールを読む、音楽を聴く、ドキュメントを作成するといった標準ユーザーが実行できるタスクを行っている場合、ユーザーは、管理者としてログオンしている場合でも、標準ユーザーのアクセス許可を持ちます。

管理者レベルのアクセス許可を必要とする変更がコンピューターに対して行われそうになると、UAC からユーザーに通知が送られます。ユーザーが管理者である場合は [はい] をクリックして続行できます。管理者ではない場合に続行するには、このコンピューターで管理者アカウントを持つユーザーにパスワードを入力してもらう必要があります。アクセス許可を与えた場合、ユーザーにはタスク実行用に管理者の権限が一時的に与えられますが、タスクが完了すると、アクセス許可は標準ユーザーの権限に戻されます。この結果、ユーザーが管理者アカウントを使用している場合でも、ユーザーが知らないうちにコンピューターが変更されることはなくなります。これにより、悪意のあるソフトウェア (マルウェア)およびスパイウェアのインストールや、コンピューターへの変更を阻止することができます。

タスクを完了するためにはユーザーの許可やパスワードが必要である場合には、UAC により、次の 4 種類のダイアログ ボックスのいずれかを使って通知されます。次の表に、ユーザーへの通知に使用されるダイアログ ボックスの種類と、これらへの応答方法を示します。

アイコン 種類 説明
アイコン
Windows 操作用のユーザー アカウント制御シールドの画像
種類

Windows の一部である設定または機能が、開始する許可を求めています。

説明

このアイテムは、マイクロソフトが発行元であることを確認するための有効なデジタル署名を持っています。この種類のダイアログ ボックスが表示された場合、通常、続行しても安全です。確信がない場合、プログラムまたは機能の名前をチェックして、自分が実行したいものかどうかを判断してください。

アイコン
デジタル署名付きプログラム用のユーザー アカウント制御シールドの画像
種類

Windows の一部ではないプログラムが、開始する許可を求めています。

説明

このプログラムは有効なデジタル署名を持っています。これは、このプログラムが本物であること、およびプログラムの発行元の身元の確認に役立ちます。この種類のダイアログ ボックスが表示された場合は、このプログラムが実行したいものであること、および発行元を信頼していることを確認します。

アイコン
デジタル署名がないプログラム用のユーザー アカウント制御シールドの画像
種類

発行元が不明のプログラムが、開始する許可を求めています。

説明

このプログラムにはその発行元が発行した有効なデジタル署名がありません。これは危険を意味しているとは限りません。従来からある正規のプログラムには、署名されていないものが多数あります。ただし、いっそうの注意が必要であり、オリジナルの CD や発行者の Web サイトなど、信頼された提供元から入手した場合のみ、プログラムの実行を許可すべきです。確信がない場合、既知のプログラムまたは悪意のあるソフトウェアかどうか判断するため、インターネットでプログラムの名前を調べてください。

アイコン
管理者がブロックしたプログラム用のユーザー アカウント制御シールドの画像
種類

システム管理者により、このプログラムを実行できないようにブロックされています。

説明

このプログラムは信頼できないことが既にわかっているためブロックされています。このプログラムの実行については、システム管理者に問い合わせてください。

通常、コンピューターへのログオン時には標準ユーザー アカウントを使用することをお勧めします。インターネットの参照、電子メールの送信、ワード プロセッサの利用などは、いずれも管理者アカウントを使用しないで行うことができます。新しいプログラムのインストールや他のユーザーに影響する設定変更などの管理タスクを行うとき、管理者アカウントに切り替える必要はありません。そのようなタスクが実行されようとすると、ユーザーに許可または管理者パスワードの入力を求める Windows のメッセージが表示されます。また、同じコンピューターを使用するすべてのユーザーに対して標準ユーザー アカウントを作成することをお勧めします。

このバージョンの Windows では、コンピューターに変更が加えられようとしたときに UAC から通知を受ける頻度をユーザーが設定できます。コンピューターが変更されたときには必ず通知されるようにするには、常に通知を受信するためのオプションを選択します。詳細については、「ユーザー アカウント制御の設定とは」を参照してください。