Windows Defender Offline とは

ルートキットなど、悪意のあるソフトウェアや潜在的に望ましくないソフトウェアのインストールが試みられることがあります。 これらの脅威は、インターネットに接続しているときや、CD、DVD、その他のメディアからプログラムをインストールするときに発生します。このようなソフトウェアは、PC にインストールされると同時に実行されたり、予期しないときに実行されたりします。 Windows Defender Offline は、脅威を認識する定義を使用して、このように検出困難な、悪意のあるプログラムや潜在的に望ましくないプログラムを除去します。定義ファイルは、潜在的なソフトウェアの脅威を網羅するものです。日々新たな脅威が現れるため、常に最新の定義を Windows Defender Offline にインストールする必要があります。定義ファイルを備えた Windows Defender Offline は、悪意のあるソフトウェアや潜在的に望ましくないソフトウェアを検出して、その危険をユーザーに知らせます。

Windows Defender Offline を使用するには、次の基本的な手順を実行する必要があります。

  1. Windows Defender Offline をダウンロードし、CD、DVD、または USB フラッシュ ドライブを作成します。

  2. Windows Defender Offline のメディアを使って PC を再起動します。

  3. コンピューター上にある、悪意のあるソフトウェアや潜在的に望ましくないソフトウェアをスキャンします。

  4. コンピューターで検出したすべてのマルウェアを除去します。

Windows Defender Offline を使用する際は、この 4 つの手順が詳しく説明されます。Microsoft Security Essentials または Windows Defender で、Windows Defender Offline をダウンロードして実行するように求めるメッセージが表示された場合は、そのとおりに実行して、PC とデータが危険にさらされていないことを確認してください。

始めに、空の CD、DVD、または USB フラッシュ ドライブ (空き容量が 250 MB 以上) を準備してから、ツールをダウンロードして実行します。これにより、リムーバブル メディアを作成します。

メモ

  • Windows Defender Offline のダウンロードや、CD、DVD、または USB フラッシュ ドライブの作成は、マルウェアに感染していない PC で実行することをお勧めします。マルウェアによってメディアの作成が中断されることがあるためです。

32 ビット バージョンのダウンロード 64 ビット バージョンのダウンロード

どちらのバージョンをダウンロードするかわからない場合は、「PC で Windows の 32 ビット版または 64 ビット版のいずれを実行しているのかを調べる」を参照してください。

Windows Defender Offline のプライバシーに関する声明をお読みください。

もっと詳しく